2008年09月28日

またしても四国(その1)

毎週、四国に行っているHEIZOです(^^;;
さて、今回は異色のトリオで行って参りました。
異色の3台はこれです。
IMG_7659.jpg

ま、私のKTMは皆さんご存じとして、DUCATI Monster696にHAELEY-DAVIDSON FXDL(ダイナ・ローライダー)という似てもにつかない3台。それぞれ、走る目的が違う3台で、先週行ったコースをトレースしてみました。

まだ日が昇る前の5時15分に神戸港に集合。いつも利用させていただいているジャンボフェリーに乗り込み一路高松へ。

0時45分神戸発の便にはほとんどいないバイク駐車場に15台くらいのバイクが、、、。ちょっとびっくり。朝の4時45分から走り始める気合いが入ったライダーは少ないってことですね(^^;;

さて、前日の雨もすっかり上がって土曜日は快晴。フェリーの中で仮眠を取り、早速、陸路、石鎚山へ向かってStart。

朝の4時に走ると割と早く着く尾根道入口の寒川トンネルも、に中走るとなかなか進まない。尾根上の景色を見ながら昼食にするため、途中のスーパーでお弁当を買い、ガソリンを給油しひたすら走り続ける。

ふう、ようやく着いた。

ベンチに腰掛けて食べようとも思ったが、野郎3人が密着して食べるのも気持ち悪い。

アスファルトの上に座り込み、そこで食べることに。

IMG_7661.jpg

あ、怪しい。

途中、何台かのライダーが通り過ぎたが、みんな見て見ぬふり。中でも女性ソロライダーは、会釈しているのに見て見ぬふり。そのまま通り過ぎて50m先で停車。

な、なぜだ!!!(ってあたりまえか)

Ducatiのお兄さんは、疲労と満腹で小休止。
IMG_7664.jpg

こんな画像ばかりじゃなんなんで、綺麗な写真も。

IMG_7663.jpg

ここの尾根道をひたすら行き、石鎚山に出る予定が、、、、。

お、おいらのナビが変なルートを示し、尾根道を下りくねくねの細山道を案内し出した。

何の疑いもなく着いてくる二人。

私は途中で

(あれ、おかしいぞ)

と思ったものの行けるところまで行くのが私の性格(^^;;
道は細く曲がりくねり、路面に砂はでてるわ、湿ってるわ、落ち葉が落ちてるわで、Adv意外の2人はしばらくするとミラーの視界から脱落していきました、、、。(ごめんなさい)

道幅が広くなったところで後続を待つことしばし。

(きたきた)

二人ともぐったりした様子。確かに、スポーツネイキッドとアメリカンには無茶な道路設定だった(反省)

これから四国カルストを巡ろうというのに時間は16:30。残りの距離はナビによると到着時刻18:30、あと90km。

これを話したら二人とも口を合わせて

「宿に直行しましょう」

とのこと。もう、飛ばしましたよ(あまり公言できない速度で)。土曜日のうちにガソリン入れて置かないと、宿の周囲70〜80kmはガソリンスタンドやっていない、、、かもしれないから。なんとしても、スタンドのやっている19時くらいまで行かないとね。

3人の努力の結果、18時過ぎに宿(ライダーズイン雲の上)につき、無事、ガソリン満タン、夜の買い出しも済ませて、「道の駅 ゆすはら」の温泉にゆったりつかり、ライダーズイン雲の上の部屋に戻り爆睡。

コオロギの鳴き声を聞きながら、あっという間に夢の世界へ、、、。
posted by HEIZO at 23:39| Comment(7) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月23日

会社の同僚と四国ツーリング

急遽、会社の同僚からメールが来て、

「今週空いてるの?」

とお誘いがあった。先週のADVMに引き続いてなので、どうしようかと0.5秒迷ったが、すぐに決断。

「海を渡ろう」

という彼の要望に応えて四国へ渡ってきた。

折からの台風13号もなんのその。20日(土)の0:45分発、神戸−高松行きフェリーに乗り込み、04:15分くらいに高松港到着。しかし、このジャンボフェリー、いつ乗っても思うのだが、安い。しかも空いている。バイクは予約しないでもOKなんじゃないか、と思うくらいガラガラ。

同僚は大阪のレンタルバイク屋で借りてきたスズキGSR。彼は、こいつがお気に入りだそうだ。

さて、2台連れだって、まずは四国一の名峰「石鎚山」を目指す。

途中のコンビニで軽く朝食を済ませ、心地良い9月の朝の風を受けながらひたすら走る。

国道から山道のワインディングになっても直線とスピードを変えず走り続ける。木々の隙間からの木漏れ日をメットのシールドで受けながら、思いっきり息を吸い込む。

(これだ、これだよ)

朝の澄んだ山の空気を肺一杯に吸い込みながら風を切るこの感覚が忘れられなくて、何度も走りに来てしまうのかもしれないな、なんて思いながらサイドミラーを見ると、ちゃんとGSRがついてきている。

私は、2〜3時間乗りっぱなしでも大丈夫な方だが、同僚は1時間過ぎたあたりから段々とスピードが鈍り、ふと気づいたらミラーからいなくなってしまった(^^;;

5分ほど道の横に990Advを停めて待ってたが追いついてこない。

(もしや、、)

バイクのトラブルでもあったかと思い、戻ると反対方向からやってきた。外見にはなんの異常も見受けられない。

ほっとして合流する。

「どうした、何かあったのか?」

「いや、途中、猛烈な睡魔に襲われて、何回かパッシングして知らせたんだけど、気づかないみたいで、しょうがなくコンビニでガム買ってきた」

「そっか、無事で何より。もうちょっと休みいれるわ」

といった具合で、乗っているバイクにもよるのかもしれないが、GSRは1時間くらいで疲れるそうだ。ツーリングするときは、そのあたりも聞いておかないとはぐれてしまう。

なんとかかんとか、140kmくらい下道を走り、ようやく寒風山トンネルへ(愛媛県)。このトンネルに、尾根へ抜ける山道がある。

うねうねと湿った道を適度なスピードで登っていくと、、、、GSRがミラーから消えた(^^;;

彼、安全運転だからコケの生えているような道は慎重に走っているのだな、ま、一本道だから適当なペースで走り続けよう。

30分ほど走ると、尾根道入口へ到着。

Image120.jpg

ここは、登山道というか、ハイキング道になっていて、この駐車場に車を停めてみんな歩き出すのだ。

四国で天気が良い秋に、ここほど清々しくて絶景なポイントはないんじゃないかってくらい素晴らしい眺めが延々とつづく道。

尾根づたいの道なので、車が来ると2台ようやくすれ違える程度。バイクならなんの問題もなくすれ違える。

伊予富士、東黒森、自念子の頭、西黒森、瓶ヶ森、子持権現山、息吹山、岩黒山と複数の山の尾根を通過して、石鎚山スカイラインに合流する。

その途中のなんて尾根だか分からないところから撮った写真がコレ。

Image122.jpg

Image123.jpg

うーん、美しい、、、、。

そして、石鎚山を抜けて四国カルストまで行き、そこで、少々遅い昼食。

姫鶴荘に駆け込んで、席に着き、座って待っていても一向に店員は来ない。

???

なんだろ、入口のレジで先払いかな、、、と思い二人して行くと、
店員のおばさんが

「ダメ、だめなんです昼食は」

「は?」

「今日はダメです作れません」

「え?団体客とか貸し切りとかですか?」

「そうじゃなくて、材料が足りないんです。ここから10分ほどいったところに天狗荘がありますから、そちらで食べてください」

(なんじゃ、その案内の仕方は、、、、、)

お腹が空いていたのと疲労とで深くは考えなかったけど、もうちょっと案内の仕様があるんじゃないの、おばさーん。

んでとりあえず天狗荘でようやくご飯にありついたのでした。

Image126.jpg

唐揚げ定食をお腹にいれて、ほっと一安心。

ここから30分ほど下って、ライダーズイン雲の上に宿泊。

隣にある温泉にゆっくりつかって疲れを癒し、今日の反省をしながら明日の予定を、、、、、、と思っているうちに睡魔が、、、、。

(長くなったので初日はこの辺で、、、)
posted by HEIZO at 09:56| Comment(6) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月20日

いま、ジャンボフェリー乗り場

Image119.jpg

これから、四国へフェリーで旅立ちます。
990を神戸→高松間往復7590円は、どう考えても安い。

やっぱり四国へはこのルートですな。

さて、オンを楽しんできます。
posted by HEIZO at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月19日

ということで、いきなり四国?

えーと、先日、ADVMを四国で、四国で、と言っていたら、会社の同僚が

「四国行こうぜ、週末!」

と言ってきたので、早速、四国行くことにしました。

今回はAll Onですが、ちょっと早いADVMの下見を兼ねてこれから行ってきます。

向こうからBlog更新するかもしれません(^^;;

まだ、ADVMのレポート書いてないのにぃ、、、、。

ほな、行ってきます。
posted by HEIZO at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月16日

1124kmの旅

昨日の夕方5時半に自宅に到着しました。

全国のKTM Adventureにのる変態野郎方々が集まる年に1度のお祭りです。

こういった同じバイクで集まる大会は、結構、日本各地であるみたいで、メーカーや販売店主催のものから、同士だけで集まるものまで様々です。

長野県松本市の「風穴の里」に集合し、飛騨高山、白川郷抜けて日本海へ。

最後は、能登のなぎさハイウェイの終着点で夕日をみながら解散。

いやー、楽しかった。

みなさん強者で、移動するペースが速い速い。35台以上の大型バイクがもの凄いスピードで山間部のコーナーに突っ込んでいく様は圧巻です。

また、9時スタートなのに林道込みで下道300km移動するツーリングはなかなかです。

今回は、本当に幹事の航さんのりおさんに感謝です。

何回かに分けてレポートします。

“GOAL地点 なぎさハイウェイで夕日をみながら”
なぎさハイウェイ.jpg
(クリックすると写真が拡大します)
posted by HEIZO at 04:49| Comment(6) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月13日

小休止

Image1071.jpgようやく恵那峡SA。
さすがに0時に家を出て走り続けると、しんどい。
神戸を出て、草津PAで休み、養老SAで寝て、ようやく恵那峡へ到着!

これから、駒ケ根で降りて、ゼロ磁場の分杭峠で水を汲み、林道を通って目的地へ行くのだけ。

ああ、眠い(ノ_・。)
posted by HEIZO at 05:37| Comment(2) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月12日

今夜、出発!

台風が近づいたり、空模様が怪しかったりする甲信越の三連休。

私はKTM990ADVを駆り、一路、ADVM4の前日泊地、塩尻高原へ向かいます。

今日やるべき仕事をテキパキこなし、整形外科へ行き、今夜旅立ちます(^-^;

今夜旅立つ理由は2つ。

1.高速道路の深夜割引を利用するため

2.9月13日に起こるかもしれない「東海大震災」を回避するため(笑)

みなさんも聞いたことあるかもしれませんが、ブラジル人のジュセリーノさんが予言した内容です。

名古屋か海南島のどちらかに大地震が起こるとのことです。

高速走行中に大震災も困るので、サクッとかわして信州入りし、朝方、ゼロ磁場の分杭峠で水をくみ、林道を抜けて塩尻へ。

早く着きすぎてもなんなんで、ゆっくり向かう予定。

さ、頑張って仕事するぞ!
posted by HEIZO at 12:52| Comment(4) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月10日

なんと言っていいやら、、、

さて、びっくりするかもしれませんが、肋と手首骨折、事故の過失割合100:0(私0)のこの状態で、相手(加害者)は事故を起こしてから一度も私に連絡をくれていません(^^;;

先日、相手の事故担当(保険会社)の方に、

「差し出がましいことだとは思うのですが、加害者もその親からも一度も連絡がないというのは、ちょっと社会通念上の礼儀と反しているような気がします。別に、今さら謝りに来て欲しい訳ではなく、彼(加害者の学生さん)が将来、同様の事故を起こしたときに、今と同じ対応だと、かなりもめると思いますよ。もし、加害者とコンタクトとる機会があったら、それとなく伝えておいてください」

と私の方から言いました。

私も損害保険の仕事に携わっている関係上、

(相手にケガさせたら、人として謝りに行く)

ということを当然のこととして考えていましたので、ちょっとカルチャーショックでした(^^;;

そして、昨日、

「HEIZOさん、あれから相手から連絡ありました?」

とTelがありましたので、

「いいえ、まったく音信不通ですけど」

と答えると、

「ああ、そうですか。実はですね、契約者は加害者の父親だったので、父親宛にその旨の手紙を書いたところ、

(今の人身担当者の対応が悪い。お前のところの保険は解約する)

と営業クレームになってしまいました」

とのことでした。

私はびっくりしました。世の中にはこんな人もいるんだな、、、って。

あ〜あ、こんなことだったら、警察から

「事故を起こした加害者に対しての意見をお聞かせください。
 (1)軽くして欲しい
 (2)普通に罰して欲しい
 (3)厳重に罰して欲しい
 のどれにしますか?」

と言われたときに、今だったら(2)か(3)にするなぁ、、、。

その時は(1)って答えちゃったけど、、、。

でも、不思議なもので、保険担当者はびっくりするくらい良い方です。

みなさんもお気をつけを(って、事故起こさないでねって意味です)


posted by HEIZO at 07:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月07日

タイトル変更と来週について

さてさて、愛車XTZ125 が全損になってしまったので、とりあえずタイトルを変更しました。

いいバイクだったなぁ、XTZ125、、、。

サラリーマンライダーとしては、

(1日で長距離を移動したい)

という希望があるため、どうしても高速に乗れるバイクでないと、ダメらしいのです。

いつでも気軽にすきなところへ行けるはずのバイクなのに、高速に乗れないと

(行く場所が制限される)

形になってしまいます。実際、このバイクで遠出するときは、連休とか土日を使わないとならず、遠くの林道へ繰り出すにも日が限られてしまいます。

購入する日がいつ来るか分かりませんが、次なる後継車は、やはり250ccとなるでしょう。

さて、今週末の土日を使い、リハビリキャンプツーリング&林道へ行ってきました。

(やれる!という自信のついた)

ツーリングでした。久々のテント泊もOKでしたし、林道も左手首を気にせず普通に走れました。

とりあえず、早めに帰って洗車を終え、いまこうしてブログを書いております。

さて、来週のADVM4に向けて足りないもの、装備等を見直さねば。

来週末が楽しみ、楽しみ。
posted by HEIZO at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure