2008年09月10日

なんと言っていいやら、、、

さて、びっくりするかもしれませんが、肋と手首骨折、事故の過失割合100:0(私0)のこの状態で、相手(加害者)は事故を起こしてから一度も私に連絡をくれていません(^^;;

先日、相手の事故担当(保険会社)の方に、

「差し出がましいことだとは思うのですが、加害者もその親からも一度も連絡がないというのは、ちょっと社会通念上の礼儀と反しているような気がします。別に、今さら謝りに来て欲しい訳ではなく、彼(加害者の学生さん)が将来、同様の事故を起こしたときに、今と同じ対応だと、かなりもめると思いますよ。もし、加害者とコンタクトとる機会があったら、それとなく伝えておいてください」

と私の方から言いました。

私も損害保険の仕事に携わっている関係上、

(相手にケガさせたら、人として謝りに行く)

ということを当然のこととして考えていましたので、ちょっとカルチャーショックでした(^^;;

そして、昨日、

「HEIZOさん、あれから相手から連絡ありました?」

とTelがありましたので、

「いいえ、まったく音信不通ですけど」

と答えると、

「ああ、そうですか。実はですね、契約者は加害者の父親だったので、父親宛にその旨の手紙を書いたところ、

(今の人身担当者の対応が悪い。お前のところの保険は解約する)

と営業クレームになってしまいました」

とのことでした。

私はびっくりしました。世の中にはこんな人もいるんだな、、、って。

あ〜あ、こんなことだったら、警察から

「事故を起こした加害者に対しての意見をお聞かせください。
 (1)軽くして欲しい
 (2)普通に罰して欲しい
 (3)厳重に罰して欲しい
 のどれにしますか?」

と言われたときに、今だったら(2)か(3)にするなぁ、、、。

その時は(1)って答えちゃったけど、、、。

でも、不思議なもので、保険担当者はびっくりするくらい良い方です。

みなさんもお気をつけを(って、事故起こさないでねって意味です)


posted by HEIZO at 07:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記