2008年09月28日

またしても四国(その1)

毎週、四国に行っているHEIZOです(^^;;
さて、今回は異色のトリオで行って参りました。
異色の3台はこれです。
IMG_7659.jpg

ま、私のKTMは皆さんご存じとして、DUCATI Monster696にHAELEY-DAVIDSON FXDL(ダイナ・ローライダー)という似てもにつかない3台。それぞれ、走る目的が違う3台で、先週行ったコースをトレースしてみました。

まだ日が昇る前の5時15分に神戸港に集合。いつも利用させていただいているジャンボフェリーに乗り込み一路高松へ。

0時45分神戸発の便にはほとんどいないバイク駐車場に15台くらいのバイクが、、、。ちょっとびっくり。朝の4時45分から走り始める気合いが入ったライダーは少ないってことですね(^^;;

さて、前日の雨もすっかり上がって土曜日は快晴。フェリーの中で仮眠を取り、早速、陸路、石鎚山へ向かってStart。

朝の4時に走ると割と早く着く尾根道入口の寒川トンネルも、に中走るとなかなか進まない。尾根上の景色を見ながら昼食にするため、途中のスーパーでお弁当を買い、ガソリンを給油しひたすら走り続ける。

ふう、ようやく着いた。

ベンチに腰掛けて食べようとも思ったが、野郎3人が密着して食べるのも気持ち悪い。

アスファルトの上に座り込み、そこで食べることに。

IMG_7661.jpg

あ、怪しい。

途中、何台かのライダーが通り過ぎたが、みんな見て見ぬふり。中でも女性ソロライダーは、会釈しているのに見て見ぬふり。そのまま通り過ぎて50m先で停車。

な、なぜだ!!!(ってあたりまえか)

Ducatiのお兄さんは、疲労と満腹で小休止。
IMG_7664.jpg

こんな画像ばかりじゃなんなんで、綺麗な写真も。

IMG_7663.jpg

ここの尾根道をひたすら行き、石鎚山に出る予定が、、、、。

お、おいらのナビが変なルートを示し、尾根道を下りくねくねの細山道を案内し出した。

何の疑いもなく着いてくる二人。

私は途中で

(あれ、おかしいぞ)

と思ったものの行けるところまで行くのが私の性格(^^;;
道は細く曲がりくねり、路面に砂はでてるわ、湿ってるわ、落ち葉が落ちてるわで、Adv意外の2人はしばらくするとミラーの視界から脱落していきました、、、。(ごめんなさい)

道幅が広くなったところで後続を待つことしばし。

(きたきた)

二人ともぐったりした様子。確かに、スポーツネイキッドとアメリカンには無茶な道路設定だった(反省)

これから四国カルストを巡ろうというのに時間は16:30。残りの距離はナビによると到着時刻18:30、あと90km。

これを話したら二人とも口を合わせて

「宿に直行しましょう」

とのこと。もう、飛ばしましたよ(あまり公言できない速度で)。土曜日のうちにガソリン入れて置かないと、宿の周囲70〜80kmはガソリンスタンドやっていない、、、かもしれないから。なんとしても、スタンドのやっている19時くらいまで行かないとね。

3人の努力の結果、18時過ぎに宿(ライダーズイン雲の上)につき、無事、ガソリン満タン、夜の買い出しも済ませて、「道の駅 ゆすはら」の温泉にゆったりつかり、ライダーズイン雲の上の部屋に戻り爆睡。

コオロギの鳴き声を聞きながら、あっという間に夢の世界へ、、、。
posted by HEIZO at 23:39| Comment(7) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure