2008年11月15日

スコットオイラー取付け(その2)

みなさん、お騒がせいたしました。
結論から言いますと、無事、取り付け完了いたしました(^^;;

今回の教訓としては、

「慣れない作業は昼、明るいうちにやろう」


でした(苦笑)

ガソリンが漏れた時も、ホースの位置も目に見えれば対処も早く、被害が甚大になる前に気づくことができます。けれど、真っ暗だと、全体を把握するのに昼よりも時間が掛かってしまうということに、、。

さて、前回、ガソリンを被った買ったばかりのRICOH 10(デジカメ)ですが、ガソリンが揮発した後、無事、可動しました(^^)/

今回はbike&gpsさんのアドバイスに従い、無事作業が完了してほっと一安心です。ありがとう、bike&gpsさん!!

取り付けは、
RIMG0252.JPG

この○の負圧ネジを外し、
RIMG0256.JPG

空いたねじ穴にスコットオイラー付属の真鍮製ネジを取り付けます。外したネジ径は6mm。

が、暗闇で作業し、5mmと6mmのどちらかをバイクの座席付近で紛失し、残りのネジを付けたので、どちらが付いているか分からないと言う怖さ。もしかしたら、バイクの中に落ちたかもしれない(^^;;;

まぁ、きっちりはまったのでOKとしときましょう。

そして、ここの穴の空いているネジにチューブをつなぎバイクのフレームにそって固定していきます。

次にタンクを左タンデムステップ近くのフレームに固定。この手の固定用器具はすべて同梱されているので本当に楽ちん。

RIMG0260.JPG

こんな感じにとりつけて、あとはオイルがポタポタと垂れるさきっちょをどこにするかが問題。なるべくさりげなくかつ大胆にオイルが垂れるように。

そして、ここを選びました。
RIMG0261.JPG

もっと拡大すると
RIMG0262.JPG

こんな感じ。スイングアームにチューブを取り付ける際に使用したタイラップバンドがちょっと目立ちますが、それ以外はさりげなく取り付けられていると思います。

RIMG0259.JPG

遠目から見たらこんな感じ。

そして、前から写すと、RIMG0258.JPG

地図が現れています(^^;;;;;

さて、明日はエンデューロごっこなので、ゼッケンテープ買ってきながら、軽くツーリングしてきますね。

さて、今から出発しよう!
posted by HEIZO at 11:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 整備記録