2009年03月31日

せきゅりてぃー対策

みなさん、バイクの保管は大丈夫ですか?

というのも、神戸から水戸へ引っ越して何が変わったかって、バイクが

「マンションの駐車場」

に変わったことが、自分的には何よりの変更点。

治安がよさそうな場所で、なおかつ表通りからは見えないところに置いてあるので、目立たないといえば目立たないのですが、神戸の時のように立体駐車場の地下に隠せる訳ではないので、それなりのセキュリティー対策を講じないと不安です。

そこで、早速、インターネットで検索すると、家から5kmほどのところに“南海部品水戸支店”があるじゃないですか。

これはラッキーとばかり、早速、GARMIN OREGON300
lf-lg.jpg

に、茨城県バイクショップ一覧を取込み、買い物に行きました。

(う〜ん、どれが一番いいんだろ、、、)

ひとしきりカギのコーナーで悩んだあげく、店員さんに相談しました。すると、この組み合わせが一番でしょうとのこと。

まずは、じゃ〜ん!
RIMG0788.JPG

そして、こいつ。RIMG0789.JPG

さらに、こいつで締め!
RIMG0790.JPG

これを合体させるとこうなります。
RIMG0791.JPG

極太チェーンロックに、金属ロック2つ。そのうち1つにアラーム機能。

これを駐車場の支柱にぐるぐる巻にすれば、まず安心?

そして、仕上げは上からバイクカバーを掛けてできあがり。

これでヤラれたら諦められるかな、、、って、そりゃムリだわ。
posted by HEIZO at 22:46| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月30日

690kmの旅(というか高速旅行)

3月28日(土)。とうとう3年間お世話になった神戸の土地を離れる日。朝、5時台に起きて最後の電気関係の配線を梱包。

岡本駅近くの「春秋カフェ」へ、妻と二人でモーニング。

引越が14時に終わるので、それから管理会社の人との立ち会い、そして出発という予定だった。妻は新幹線&スーパー日立、私はKTM990Adventure(笑)

と言うのも、会社の規定では車かバイクどちらか1台は会社負担、その他は自費で、ということになっているからだ。ちなみに、KTMを会社負担、KLX250を自費負担にするといくらになるか聞いてみた。

47,000円

だそうだ。これは、自走するしかないという結論に達した。

「でも、立ち会い終わってからここを出発すると何時になるか分からないわよ。先にでたらどう?」

という妻の鶴の一声で、9時には立ち去ることにしたのであった(^^;;

地図ソフト上は650km、時間にして7時間半(ノンストップで)という長距離。早く出るにこしたことはない。

結局、15時に出る予定を早め、9時11分に神戸を出ることに。ちょうどETCが割引になる初めの土日ということで、多少の混雑は予想されたが、いざ走ってみるとたいしたことはない。

とりあえず、初めの走りはノンストップ240km、上郷SAで給油&休憩。なんとなく自画像を撮ってみたりした。
RIMG0778.JPG

次は浜松SAで「鰻」を食べながら鋭気を養おうと思っていたら、もの凄い混みよう。高速からSAに入る入口から渋滞。

(こりゃだめだ)

とばかりスルー。その次の富士川SAまで180kmを走破。このSAは道の駅富士川楽座も併設されている大きな所。給油しながらお兄ちゃんに名物を聞くと、

「いやぁ、特に名物というものはないですねぇ。あ、楽座の中に鰻屋が入ったみたいですよ。食べたこと無いので美味いかどうか分かりませんが、、、」

とのこと。「鰻」といえば、前回のツーリングでも食べ損ねた食材。これは、食べるしかないと言うことで、オレンジ色のパワーウェアー姿でズンズン奥へ入っていく。

いつも思うのだが、ライダーって何でレストランで食事しないのかな。大衆食堂や出店で団子やたこ焼き買って食べてる人多いな、なんて考えながら、一人、窓際の席に座って

“ダブル鰻重”

を注文。ダブルってことは鰻が倍載っているということだ。楽しみ。待つことしばし。

お、来た!!

RIMG0782.JPG

美味い、美味すぎる!!疲れてお腹も空いていたせいもあるが、美味しかったぁ。そして、窓の外の景色もまた綺麗。

RIMG0781.JPG

しばし、本を読みながら休憩し外へ出て写真を撮る。
RIMG0784.JPG

なかなか混んでいて、繁盛しているようだ。

さて、残りをかっ飛ばして行くぞ、と気合いを入れる。

ここからは、ノンストップで首都高へ突入し、渋滞に巻き込まれる。都会のライダーって可哀想と思っていると、早速、後ろからやって来た。

首都高は道が狭く走行車線と追い越し車線の両側とも路肩が無い。

そんななか渋滞に捕まると、とてもしんどい。が、首都圏ライダーは車と車の間を普通にすり抜けしていくのだった。

(す、凄い、、、)

みんな普通に抜けていく。メガスポーツの人達も抜けていく。

メガスポーツが抜けられて、990Adventureが抜けられないはずがない、とばかり私も抜けていく(^^;;
横幅があるので、SSの人達みたいには行かないがジグザグに進みながら要領よく抜けていく。

というのも、Adventureですり抜けを始めたのは、ストップ&ゴーを繰り返すことによりクラッチを握る左手が攣ってきたからなのだ。(><)

なんとか渋滞の首都高をすり抜け作戦で抜けると、やっと常磐道。最後に茨城県に入ってすぐの守屋SAで休憩。
RIMG0787.JPG

(ふぅ、あと80kmか、、、)

給油を済ませ、一路、水戸市内ホテルへ。18時半にようやく到着。

(ふう、嫁に勝った!まだ、着いてないみたいだ)

とちょっとうれしくなった。トリップメーターを見て見ると694kmの表示。

(あれ、642kmと地図にあったのに、、、)

後で見返してみたら、新名神を通らず関ヶ原の方を回ったので52kmも遠回りになってました(TT)。

私のナビX-ROADは地図が古く、新名神が掲載されておらず遠回りになったというのが理由。長距離走る際は、よくナビの行路もチェックしておかなくちゃ、というのが今回の教訓。

いやぁ、さすがに1日で約700km走るとそれなりに疲れる。けれど、ずっと直線なので面白くないことこの上なし(^^;;

走行Logもこれだけ長距離になると単なる線に見える(^^;;
090328Log.jpg
posted by HEIZO at 23:36| Comment(8) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2009年03月21日

送別酷道(!?)ツーリング

おはようございます。
本当は昨日3/20(金)に書くつもりが、不覚にも疲労で撃沈してしまいました。最近、早寝早起きの習慣がついていて、一昨日は夜10時に寝て、朝3時に起きていたので、まぁ、10時超えると眠くなるわけです(^^;;

さて、昨日はDUCATIの友人、友蔵さん発案の「HEIZO神戸さよならツーリング」に参加してきました。

結局、色々な人の意見を聞きながら私がプランニングしたのですが、最終日には総勢7名というそこそこの人数。

(これはきついかな、、、)

と思っていたら思った通りになりました(笑)

前日の天気予報では、午前中雨、午後から曇り後晴れという厳しい状況。前日の連絡では、

「雨だったら行くの止める」

という方々が多数。朝7時のアメダスでも、集合地点の東大阪付近は小雨。それ以外の今日ツーリングに行くコースは見事に雨が上がっている、それ以外は降っているのに(^^)

(自称)晴れ男のHEIZO君パワーが勝った!

神戸は晴れ、宝塚と天王寺は曇り。大丈夫でしょうということでしたが、大事をとって集合時間を1時間半ずらすことにしました。

すぐみなさんにメールをし、とりあえずOKと思って今日、出動予定のKLXの手入れをしていると、マンション裏にバイクのエンジン音が。

もしやと思い、行ってみると、DUCATIのMさんが来ている(^^;;

天候の関係で1時間半予定をずらしたことを伝えたところ、適当に時間をつぶしてくるとのこと。

そうして、予定の時間近くなって、彼からメールが、、、。

「朝マックしようとしたら看板にミラーをぶつけポッキリ折れてしまったので、ディーラー寄って修理してから行きます」

とのこと。あらら、、、。

一人でKLXにGARMIN OREGON300をセットし、西宮の神社前でハーレ乗りのTさんと合流。一路、東大阪へ向かう。

GARMIN OREGON300は至って快調。正確に次の方向を示してくれる。やはり、ナビになれちゃうと、ナビ無し走向は不安になりますね。

無事、10時25分にローソン到着。む、誰もいない(^^;;

場所が難しかったか、はたまたトラブルか、、、。誰も来ないので、ガソリンを入れてくることにし、ガソリンを入れて戻ると、友蔵さん、まんまるさん、まんまるさんのお友達のYさんが到着。

しばらくして、チャン・ドイ氏から30分ほどで到着する旨の連絡と、Mさんから断念の報告がありました。

あれ、一人だけ連絡がない!VFR乗りの元気な女の子、浜ちゃんから連絡が無い。すぐに友蔵さんに連絡を取ってもらうことに。

「あっ、2件も着信あった。すぐ連絡しなきゃ」

だって(笑)連絡すると、彼女は解散地点の道の駅に集合していたのでした(^^;;;;;

これにはみんなもびっくり。

その後、チャン・ドイ氏がレンタルバイクのハーレで到着。本日のルートを確認。

(1)国道308号線 暗がり峠越えルートと迂回路の組に分かれる
(2)宇治でまっちゃスイーツをいただく
(3)近江今津の「西友」で「ひつまむし」を食べる
(4)時間をみながら琵琶湖を一周して解散

(1)の国道308号線は、別名こくどう308号線と言われ、狭くて急坂なのが名物。まんまるさんが、ZZR1400の友人が「死ぬ思いで通った」と聞き、俄然行きたくなったという名所。

ハーレはともかく、DUCATIの友蔵さんも、

「私がナビつきなので、私が誘導しないとみんな迷うから」
(んなことナイナイ!)

と適当な理由を付けて迂回組へ。結局、私とまんまるさんで峠へ、他のみんなは宇治へ直行。

308号線をとことこ走って、ようやく入口へ到着。
RIMG0748.JPG

これって、民家への入口ちゃうんかい?ってくらい普通の狭い通り。しかも、一方通行。

ここはGARMIN OREGON300の出番とばかり、地図を見ると、迂回して行ける道が、、、。細い道を通りながら本線にでると、そこはびっくりするくらいの急坂。しかも狭い。

RIMG0752.JPG

振り返ると、、
RIMG0750.JPG

こうして写真だと、急坂に見えないのだけれど、実際の目で見ると結構な坂。なおかつ、この坂の両側に人が住んでいるのも驚き。これからもっともっと急な坂を登坂していくのですが、上の方に普通に人が住んでいるんですよ(^^;;

RIMG0753.JPG
ここはタイトな急坂の一つ。わざわざ、上にバイクを置いて写真撮りにもどりましたよ。

RIMG0758.JPG
ここが峠。お土産物屋まであります。

ここを超えると下りになり、奈良県へ抜けます。大阪側は妙にキツイのですが、反対側はそうでもなく、ちょっと急な坂道って程度。

何人ものハイカーとすれ違いました。ここはハイキングコースとしても有名みたい。

さてと時計を見ると、もう12時半。当初の予定は宇治着10:30だったのに、2時間ずれても、宇治到着時刻(汗)

ちょっと急ぎ気味に走るも、宇治で合流できたのは14:00すぎ。
ようやく、ここで浜ちゃんと合流。

結局、近江今津駅の絶品「ひつまむし」は時間的に食べるのを断念し、宇治見学に変更(笑)

こんなのや
RIMG0761.JPG

こんなの
RIMG0765.JPG
を食べて談笑して帰りました。

帰りは、Tさんがスイーツを食べる前に帰り、チャン・ドイ氏がレンタルバイクを返すのに急いで帰り、友蔵さんは高速乗って帰ると帰り、残りの4人で下道で帰途につきました。

ところが、途中で浜ちゃんが脱落。

私、まんまるさん、Yさんの3人でしばらく待つも姿が見えず。

結局、3人でしばらく走り、三々五々散るように別れて帰りました。

結局、浜ちゃんはツーリングしたのだろうか、、、、疑問が残る1日でした(笑)

追伸:友蔵さんから、木曜日に彼の会社で重い荷物を「送別の品ですが、これは明日、そのまま持ってきてみんなの前で開けて下さい」との事でしたので、重いなぁと思いながらも持って行き、昼食の場で開けたら、KTCの工具セットでした。ワーイ\(^○^)/
スペシャルプレゼントありがとうございます!
大事に使いますよ。

あ、本日の走行ログです。
0320Rooting1.jpg
posted by HEIZO at 09:13| Comment(8) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2009年03月16日

GARRRR主催 オフロードスクール(初級者コース)

今日は楽しみなスクール。朝6時に目覚ましを掛け、6時半に目覚める。寝室のカーテンを開けると、朝日が眩しい。

スクールは9時半、集合10時開始。場所はMiki Anex Parkという山の中。前に一度、KTMで参戦したことのあるコースなので、ナビ無しで余裕を持って行ける。

HPの写真を見ていると、みんな本格的な格好をしているので、私もご多分に漏れず、正装で行くことに。

上下ともにOnealというUSメーカーのモンスターエナジーMXジャージ&パンツ。
0030-902o-2.jpg

0142-928o-2.jpg

これが、なかなかKLXに似合うのだ。

さらに、オフロードブーツとオフヘルメットにゴーグルという出で立ち。どこから見ても、

オフ野郎

お昼の暖かい飲物のためだけに、ガソリンバーナーとヤカンのセットをデイパックに詰め込みスタート。

昨日取り付けたZETAのハンドガードが、朝の柔らかい日差しに輝いてかっこいい(オーナーの自己満足)。セルなので、すぐにエンジンは始動するが、しばし暖気の時間を取る。

走り出して気づいたのだが、ネックウォーマー装着を忘れてしまった。3月半ばとはいえ、朝の8時にバイクで走るとさすがに寒い。冬の風がヘルメット内に侵入し、頭にキーンと痛みが走る。

ガマンしてしばらく走ると、頭のキーンも取れ、単に「寒いだけ」になった。とはいえ、寒い(^^;;

20分ほど高速を走るが、回転数を7,000回転まで上げて走っているが大丈夫かなという考えが一瞬脳裏をよぎる。(Kawasakiユーザーマニュアルには1,600kmまでは80km走向でとあるので)まぁ、日本車だし大丈夫とすぐにその事を忘れ、今日のSchoolの事を考えながらひた走り、山陽道三木東ICで降りる。

私の知っているMXコースは、みな人里離れた場所にあるので、お昼は購入していく方が吉。ICを降りて右に行くところを左に行き、コンビニに立ち寄ることに。

コンビニではおにぎり4つと缶コーヒーを購入。戻る途中のガソリンスタンドで満タンにしていると、YAMAHAのレーサーを堺ナンバーの軽トラックに車載した人が隣で給油している。

(あ、この人もMiki Anex Park行くのかな)

と思い反対側の給油機でレギュラーを入れていると、こちら側にまわってきて

「おはようございます!」

と、笑顔であいさつをされてしまった。こちらも、おはようございますと応じたものの、

(OFFライダーって気さくな人多いよな)

と、その時は気にも留めなかった。

会場に向かう途中、さっきの顔とあいさつのことを考えながら走っていて、「あっ!」と気づいた。

そう、彼はHPの写真で見た今日の講師岸下淳さんにそっくりなのだ。私が今日、KLXで参加することを連絡してあったので、それで分かったのかな。

会場に着くと、まだ、全員は来ておらず、一般走行の方とSchoolの方の双方が入り交じってマシンをいじっていた。

9時半に受付に集合すると、色々な格好、色々なバイクの方々が。

MXパンツにMXジャージという出で立ちの人が半数、上はロードのジャケット、下はジーンズという人が半分。

「これ、普段着ちゃう?」

って人が数名(^^;;

(あれっ、HPではみんな気合いの入った格好していたのにな、、)

前にこのコースに来たたときは小雨が降っておりドロドロのぬたぬたマディ。そして、今日も結構な雨の後なので、コースコンディションが容易に想像できる。

(雨の後なので、絶対、ドロドロになるわ)

と思った上でのMX上下だったのだが、受付あたりは乾いている。今日はジーンズでも行けるかもしれない(ニーシンガードないと転けたとき危ないけど)。

でも、遠くに目をこらしてみると、、
RIMG0743.JPG

やはり、ヌタってる。光り輝いているところが、深い泥(^^;;

(School終わったら、走ってみようっと)

コース使用とスクールでケガしても責任持ちませんという誓約書にサインし、お金を払って10時ジャストからブリーフィング。男性11名、女性1名の計12名。女性は、ブロンコにオンオフタイヤを装着しての参加。後から分かったのだが、夫婦での参加らしい。ウチの家内はまったくバイクに興味が無いため、それはそれで羨ましい(^^;;

友達と来る人、一人で来る人様々。

あれ、岡山から来た二人組がブリーフィングに来ない、、、。

と思ったら、MXコースを肩慣らしに走りに行き、深い泥にはまっていたたようだ。ウェアもブーツもぬたぬた(笑)

(やはりオフはこうでなきゃ!)

全員そろったところで、林道コースに移り、そこでオフ車フォームの練習。講師の岸下さんは、元トライアル国際A級ライダーだけあってバランス感覚は抜群。

狭い場所でのアクセルターンやブレーキターンをバリバリ決めて見せてくれました。

(かっこえぇ〜っ)

左回りを一列になって練習、次に右回り、そして左回りでブレーキターンの練習。

今日一番の収穫はオフ車の乗車位置。つまり座るポイントである。

私がいつも座っているポジションは、オフ車では後ろすぎるポジションだったようだ。どうりで二人乗り用のバンドがお尻に当たると思っていた。あれに当たるようでは後ろ過ぎるのだ。

岸下講師に、「前、もっと前に座って」と注意される。

その通り、前に座ると、

(ピタッ)

と定位置についた感じで、マシンのコントロールが自在になる自分に気づく。左右に傾けても安定しているため、ギリギリまで倒し込める。また、倒し込んだところで、アクセルを開けると自然にパワースライドが始まる。

(お、面白い、、、、!)

あまりに楽しくてガンガン倒していたら、前方に座るのを忘れてしまい本日初ゴケ。

(あらら、装着したハンドガードが1日でキズものに、、、)

ま、ハンドガードは手を守るためにあるものだから、キズついて当たり前。それに安いから割れたときのスペアも買っておこうくらいなものである。

12時にお昼休憩になり、13時から午後の部がスタート。

みんなで受け付け辺りに集まり、買ってきたサンドイッチやおにぎりを食べながらオフ談義。やはり、初心者コースということで、オフを始めた方々ばかりのようだ。

我流とは言え、オフを1年以上走っている私が経験者みたいな感じになっているのも変なものだ。

川西市から来たいうDJEBEL200の彼は、手書きの自作名刺を用意し、みんなに配っている。私ももらったが、

(4月には居ない)

とは、その場の雰囲気から言えず、だまっていただくことにした。(^^;;

DJEBELの彼は、知り合ったWR250Rの人にデジカメを渡し、自分のマシンの前でポーズを撮り1Shot。今度は動画モードにしてもう一回撮って欲しいと頼み、普通に走っているところ(まだ、アクセルターンは決められない)とスタンディングで走っているところをとってもらってご満悦。

他の人が、

「ウィリー!」

とか、

「アクセルターン!」

とか叫ぶが耳に入っていない模様(^^;;

ついつい、その純真な彼を見てほくそ笑む私。

オフやっている人って、みんな楽しそう。

ガソリンバーナーでお湯を沸かしていると、その面々がちょっと奇異な目で私を見ているのに気づくが無視(^^;;

一人暖かいレギュラー珈琲をすすり、

(オフはこの一時がいいなー)

と私もご満悦(笑)

午後は、初めにみんなで集合写真。これって顔入りでGARRRRに載ってしまうのだろうか。その時は、Blogでも報告しましょう。

後半は、軽いジャンプ台を超えてからWヒルクライム&崖降りしてブレーキターンの練習。

段々とみなさん様になって来る。

私も始めはこわごわ、慣れてきてからは、体重移動(荷重、抜重)とアクセルワークで驚くほどマシンがコントロールできている自分に気づく。ついつい楽しくてちょっと難しい、ステアケース的な崖にチャレンジしたり(^^)

結構、行けるものですな、KLX君。

体重移動しながら、リアブレーキを踏み込むと、普通にテールスライドしてなんかオフ車っぽい走りに。

あっという間の4時間だった。

スクール最後、フロントアップの方法を岸下講師に教わり、ちょっと練習。彼の手に掛かると私のKLXが簡単にウィリーしたりポンポンフロントアップしたり別物に変身。

(本当に、俺のKLXかなぁ)

とついつい見とれてしまう。俺を言ってその場を立ち去り、K TM990Adventureで撃沈したあのコースに再チャレンジ。

勢いよくコースに進入。

(お、乾いていて走り易い、、、)

と思いきや、裏の日陰にまわったとたんゲロゲロ。何人も通過して深い轍が出来ている(^^;;

日陰のヌタヌタの直線を過ぎると、左カーブ、そしてまたゲロゲロの登り坂。2ndに落とし頑張って登ると、先ほどのスクールのお仲間が3人おり、DJEBELの彼とKLX250(黒)の二人が泥でスタック。

(ま、3人いるから大丈夫でしょう)

と、会釈して隣を走り抜ける。急坂を下って左カーブ、また泥沼かい!泥沼を超えると段々があり左にカーブして登坂。また段々があり急な下り坂と上り坂のMix。

1周回ってブーツもマシンもドロドロ。

さて、もう一周行ってみよう!

もう2周目には、さきほどの3人はもう脱出した後みたい。誰も走っていない貸し切りコースを一人巡って帰還。

同じ08'KLX250で参加の方(彼は黒)が上下ともにドロドロで苦笑い。私のライムグリーンもドロドロ。

お互いドロドロになって笑い合っている。

RIMG0744.JPG

RIMG0745.JPG
しかし、凄いなぁ。ここの泥は粘土質なので、奥の奥まで入り込み固まってこびりついている。

洗車をしてから帰ろうと、高圧洗浄機に向かうとかなりの順番待ち。

待つのが苦手な私は、泥のまま帰ることに。

一緒に学んだ人達にお別れのあいさつをし、早々にそこを立ち去る。

本日、学んだ通り、帰りのカーブで荷重抜重の練習をしながら高速へ。

お腹が空いたので途中、淡河PAに入るがバイクは私一台。

トイレから出てきた兄ちゃんが、私のKLXをまじまじと見つめている。

(へへーん、こんなドロドロのバイクみたことないんだろ。いいだろーっ!)

彼が「このバイクイケてる!」と思うことは100%無いと知りつつ、トイレへ。

ドロドロのかっこで、PAのレストランに入るのは気が引けたので、外の屋台でたこ焼きと缶コーヒーを買い、一人寂しく隅っこのベンチで今日習ったことを思い出しながら軽く腹ごしらえ。

家内と友人二人にメールを打ち返答を待つも、誰からも返答がない。

さらに孤独感を募らせ、帰途へ(TT)。

帰りも同じコースの予定だったので、行きだけの走向Log。
ForJunSchool-1.jpg


【番外篇】
あまりにドロドロだったので、家に帰らず、カーピカランドになる屋外洗車場へ直行。高圧洗浄機のノズルを向けるも、この粘土のやつ、KLXをよほど気に入ったのか、なかなか離れようとしない。6分間の洗浄でも頑固に残った奴らが多数。

しょうがないので手でどけると、

(これ、岩じゃん)

泥にくるまれていた岩がゴロゴロ(^^;;

コインを追加し、もう6分間の洗浄を行い、ようやく見られる程度に。

それでもフェンダーの内側にしっかりと粘土がこびりついていたので、それは手で除去してようやく洗車終了。

ふと、後ろを振り返ると、岩やどろがゴロゴロした洗車スペースが、、、、(^^;;;(滝汗)

そそくさとその場を立ち去ったのは言うまでもない。

今度、このカーピカランドに

「オフ車の洗浄を禁止します」

と張り紙がしてあったら、きっとそれは私のせいかもしれない。

ごめんなさい m(_ _)m



posted by HEIZO at 01:58| Comment(10) | TrackBack(0) | KLX250

2009年03月14日

KLX250 ドレスアップ!!

今日は、会社の送別コンペが加古川でありましたが、あいにくの雨。朝はザーザー降っていて、

(これじゃぁ風邪ひくなぁ、、、)

と思っていたら、プレイする時には完全に雨が上がり、寒いと思っていたら日が照ってきて暖かくなりました。

やはり、これは行いが良いお陰かも知れません(私か、それ以外の誰かのかも、、、)

さて、そんなことより、気に掛かっているのが、KLX君です。何が気に掛かっているかというと、先の木曜日に

「HEIZOさん、長らくお待たせした、ZETAのハンドルとショートブレーキレバーが届きましたよ。あと、ショートクラッチが金曜日には届く予定です」

と赤男爵から連絡があったので、木曜日中にKLXを預けて来ていたのでした。そして、プレイしている最中に電話があり、作業が完了したとの留守電。

もう、ゴルフのスコアなんてどうでもいいんです。早く帰りたくて帰りたくて(^^;;なぜかというと、明日は、GARRRR主催のオフロードスクールに申し込んであり、是非とも、KLX君で行きたいと思っていたところだからです。

かつて雨の日にノーマルタイヤで撃沈したAdv990を、あの三木アネックスパークに再投入したくはなかったので、、、(^^;;

しかし、今日のスタートは朝10時半。お昼を食べたのが14:20という超遅いプレイ。赤男爵は20時までに行かないとならないので、気が気でない、、、。

幸いにして、同乗者の面々も終わったのが18:00だったので風呂も入らず帰ることになったので私的にはラッキー。

家に帰りついたのが18:30。電車に乗っているヒマはないと、タクシーを捕まえ、赤男爵に乗りつける。到着時刻18:40。間に合ったーっ。

ZETAのアーマーガードとショートレバーがついたKLXは見違えるほど攻撃的。

なんか、ちょっぴりうれしくて感動してしまいました(^^)V

家の駐車場に入れる前に、写真を撮りましたのでアップしておきますね。

(フラッシュ焚かないで、長時間露光で撮りました)

RIMG0738.JPG

インパネ周り
RIMG0740.JPG

では、明日、こいつでコースデビューしてきまーす!
posted by HEIZO at 22:45| Comment(7) | TrackBack(0) | KLX250

2009年03月12日

携帯で見ないで、PCで見て下さい!

文左衛門さんが発見した面白いサムライを連れてきました。

クリックしてあまり、怒らせないでね。

何度もクリックして怒らせると、とんでもないことが、、、。

posted by HEIZO at 20:38| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月10日

フェリー業界に激震

北海道に行くとき、九州に行くとき、そして四国に行くときに大変お世話になったカーフェリー。

このカーフェリー業界が、今回の高速道路料金大幅引下げにより大打撃を受けることが予想されているといわれてます。

実は、今度の20日(金)に、いつもコメントを下さる友蔵さん主催

「神戸さよならツーリング」

を企画してくださっているのですが、未だ、どこに行くかを悩み中。

「酷道308号線 暗がり峠」 案

「四国うどんツーアー」 案

「岡山方面とにかく暖かい所」 案

3人にお伺いしたところ、何と三者三様のお答え(^^;;

私的には、「林道へ」ということでしたが、ロードバイクのみの方が多く、即時却下。

そして、「うどんが無難かなぁ」と思ってフェリーを調べようとしたらこの記事でした。

政府はフェリー会社に助成金を出して、エコ輸送なフェリー会社を助ける方針とのこと。

私的には、ぜひ、このフェリー会社をつぶさないで助けて欲しいと思います。やはり、バイク乗りにとってはフェリーの甲板からすでにツーリングなんです。

1日近く乗船している長距離航路便には風呂もついているし、同じ二等客船のライダーやチャリダーとすぐにお友達になれる独特の雰囲気があります。

でも、それに反して、ETCの割引も凄く魅力。

日本無線が販売を始めたアンテナ一体型の新モデル「JRM-12シリーズ」は、KLXのようなオフロード車にも装着可能で、価格もなんと1万9950円と格安。

これから、伊豆スカイラインや四国林道ツーリング等を控えている私としては、KLXに是非装着させたい。けれど、一方で、ETCを付けてエンデューロ草レースやハードな林道行くのもいかがなものかという思いもある。

うーん、どうしようかなぁ。下道で650km走るってどんだけ時間かかるんだろ、、、というか、KLXで一度に650kmも走りたくないわ(^^;;





posted by HEIZO at 23:12| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

新居決定!

2009/03/08 水戸巡り

昨日、1時に寝たにもかかわらず、起きましたよ、朝4時に(^^;;
470km極寒耐久ツーリングだったのに疲労も残さないこのすばらしさ。さすがは990Adventureと独り悦に入るHEIZOでした。

やはり、バイク好きのまんまるさんが色々と褒めてくれるのが何よりうれしかったです。我が子を褒められているようで(^^;;

「KTMってかっこいーですね」

とか

「すごい加速ですね。BMWみたい」

とか。

(林道走っているのみたらもっとびっくりしますよ−っ)

って心の中で叫びつつ(笑)楽しい1日を過ごしました。バイク乗りって、おそらく自分の愛車を褒められるのが何よりもうれしいのかもしれません(^^)

さて、今日は転勤先の水戸市に「良い物件」を探しにいくことにしました。ここ、神戸の住居を探すときは、神戸まで行く気が起きず不動産屋任せで適当に決めてしまい、夫婦ともども後悔しました(^^;;

今のマンションは、おしゃれな駅の近くと言うことで、座標的にはBestなんですが、住環境がイマイチ。

6階建マンションの2階ですが、ベランダの前は電線だらけ。下は中国製の野菜を売っているかのようなしょぼーーーいスパー。店員もノーメイクおばさん軍団(^^;;で、しかもタバコを吸いにエントランス付近へやってくる。

非常階段には年1回人糞が産み落とされ(誰だ、こんなところでするヤツ!!)、隣のおばさんは部屋で有機肥料を作っているかのような異臭を発する割に、冬でも玄関全開で中見えるし、上の階は子供がさ3人バタバタと暴れ回る。椅子か机から飛び降りているようで、そのたびに部屋が

(ぐわーーーん)

と振動する始末。私も妻も休日はたまらず外へ逃げ出すことに、、、。余計な金かかるじゃないか!!

さらに、管理人がこれまたおかしな人で、人の話をまったく聞かない変なオヤジ。

といった具合なので、今回は失敗しないように下見に(^^;;。

寝る前に、明日の持ち物としてNotePCとGPSをセット。今回は、昨日のツーリングにももって行った秘密兵器、HOLUXのGPSデータロガー“m-241”とGARMINの最新機種“Oregon”をデイパックに忍ばせる(^^)

41OaUvQAppL._SL500_AA280_.jpg

このm-241、ただのGPSロガーではありません。これをPCやPDA端末につなげるとGPS受信機にもなります。単三電池1本で12時間作動し、LCDには日時・座標・速度・走行距離などを表示します。130,000ポイントまで記録可能とスペックにあります。今回、神戸−水戸間でも10,000ポイントも使わなかったので、ロングツーリングにも対応できそうです(^^;;

朝05:16の普通電車で新大阪まで行き、新幹線のぞみで東京駅まで。すばらしいことに、東京駅に08:30に着いてましたよorz

そこから上野へ行き、常磐線の水戸行特急「スーパーひたち」に乗り込む。
RIMG0676.JPG

がたがたと揺られて水戸へ10:15分くらいに到着。

この時期だけ、特急が偕楽園駅に停車するみたい。駅員総出でお客さんを出迎えてました。(^^;;

次の駅が水戸駅。水戸駅は県庁所在地の駅だけあって、まーまー大きい。

【1stインプレッション】
●とても綺麗な町並み
●思ったより開けている
●若い女の子の服装はちょっとイケてない。私のKTMウェアの方が数段かっこいい(水戸の方ごめんなさい)
●若い人たちは、あまり「だっぺ」を連発していない

駅前はこんな感じです。
RIMG0678.JPG

北口ロータリーで仲介業者の人と待ち合わせて、車で案内してもらいました。

今回、業者の方に提示した条件は5つ

●バイクが2台置けること
●駅へのアクセスが容易なこと
●綺麗なマンションであること
●できれば最上階がBest
●会社の規定予算内であること


なかなか4つを満たすことは難しかったのですが、よさ気な物件を見つけることができました。

築1年で、新築の香りがする物件です。
RIMG0696.JPG

RIMG0690.JPG

RIMG0692.JPG

バイク置き場(駐輪場?)もあり、ここは無料。水戸駅まで直線600mくらい。家の前は市役所の通りなので、整然としてとても綺麗。
RIMG0697.JPG

そして裏手は公園になっており、その向こうは川です。

水戸で有名な千波湖まで400m、偕楽園までだって1,800mくらいですよ。歩いても行けます。

いやー、楽しみ、楽しみ。

意外に駐輪場+駐車場のあたりが広々としていたので、タイヤ交換やオイル交換くらいなら許しくれる、、、、かな?(^^;;

お決まりのGPS Log
mitolog.jpg
(新幹線は時速264kmまで出してましたねGPSによると)

最後に、いつもコメントをくれるF氏こと友蔵さんと、愛すべきDUCATI乗りまんまるさんのBlogをリンクに加えました。皆さんも立ち寄ってみて下さい。(私のBlogのような土臭さと違って、オシャレな匂いがしますよ)


posted by HEIZO at 06:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月08日

早春ロングツーリング in 伊勢志摩

2009/03/07 伊勢志摩ツーリング

今日はDucatista友蔵さん主催のツーリング。知っている人+初めての人2名という構成で、先日KLXで地獄をみたあのコースにチャレンジ。

朝9時に香芝SA集合だったので、きっちり7時に起き、ガレゲロで泥んこまみれになったKLX君を洗車。コイン洗車場について財布を見ると、お札しかない。それも5,000円札と10,000円札。お得意の缶コーヒー両替も使えないや。

しょうがないので、バケツに水を汲んで洗いを繰り返すも、泥、泥、泥で奥から奥から出てくる出てくる(^^;;

とりあえず公道を走っても驚かれないくらい洗車してガソリンスタンドで給油がてら両替に。国道42号線に行く手前の踏切で停止していると、サイドミラーに見たことある赤いDucatiが、、、。後ろを振り向くと、なんと今日のメンバーMさんじゃないですか。

Mさんは友蔵さんがDucatiツーリングで知り合った方。偶然にも私の家のすぐ近くに住んでいるそうな(会ったことないけど)。

こんな早く出るんですかと尋ねると、寄るところがあるからとのこと。すぐに別れ、給油後に両替したコインで高圧洗浄し、ようやく新車っぽくなりました(^^)v

急いで自宅に戻り、友蔵さんの要請通りKTMパワーウェアのジャケットとパンツ、そしてKTMグローブを装着し、早速、LC8のエンジン始動!!


(あ、あれ?)

バッテリーが上がってました(TT) しかし、つい二ヶ月前にバッテリーを新品にしたばかりなのに、これはおかしい。オルタネーター(発電機)よりも、どこかで電源を消費しているとしか考えられない。

工場出荷状態から変更したといえば、ETC、グリップヒーター、そしてナビ。ナビは常に外しているので、これが原因とは考えにくい。そして、ETCもグリップヒーターもエンジン切ったと同時に電源落ちるし。なんだ、原因は、、、。ディーラーに要相談かな。

これじゃ、バッテリーがいくらあっても足りないし、かつこのAdventureのバッテリー高いし、、。

そうそう、原因を探求している場合じゃないよ、遅刻だよ。一瞬、「行かない(行けない)」という選択肢も頭をよぎりましたが、友蔵さんの落胆した顔も同時に浮かんだので、なんとかする方向で考えることに。

(あ、そうだ。前に交換したバッテリーフル充電した状態で捨てずに置いてあるはず)

すぐに自室に戻り、バッテリーを取り出しAdventureに装着。恐る恐るセルを回してみる。

(ブォオオオーン)

ほっ、回って一安心。これで回らなかったら、恐怖のKLXで同じコースをたどることになる。それだけは避けたかった(^^;;

ちょっと弱い感じがしたけど、セルはなんとか回った。すぐに友蔵さんに「バッテリー交換したので、10分ほど遅れるよー」とメールを打ち、ETCランプが付いているか確認。う、こんどはETCカードが入っていない。また、自室に戻り探して、免許証入れに入れてあることを思い出す。すぐに装着して出るも、8時50分。

追加のメールを打とうと思ったけれど、そんなことしているより早く着いた方がいいと判断し、すぐに出発。

急ぎましたよ〜。

KLXで50分近く掛かった同じ道を30分で到着(^^;;

やはり、みなさん集まってました。もう平謝りで、その後、早速、ミーティング開始。

本日は5名+1名。Ducati Monster696+の友蔵さん、Mさん、まんまるさん(女性)。そして、VFR(これも女性)の桃ソフトさん。最後になぜか車で参加、友蔵さんの会社の同僚Yさん(通称:車の彼)。

へへーん。今日は女性が2名もいるツーリングだ。神戸来て女性ライダーとのツーリングは今回が初めて。友蔵さんに感謝ですね。

この中で、全員を認知しているのは友蔵さんだけなのに、自己紹介なしでのスタート。きっと私と友蔵さん以外は未だに誰が誰だか分かってない。

女性から見たら、「某製薬会社の研究員M」、「車の彼」。脳内ではこんな呼び名になっていると思われます(^^;;

さて、香芝を9時半にスタートして、まず目指すは焼き鳥で有名な前島食堂。私と友蔵さんだけがナビ持ちなので、先導と殿(しんがり)に。ナビに言われるがまま名阪国道をひた走る。

とりあえず、伊賀上野のサービスエリアで休息とのことだったので、そこまで走る。隊列は私、まんまるさん、Mさん、桃ソフトさん、友蔵さん、Yさんの順。

今回はKLXと違いトルクフルなLC8エンジン+グリップヒーター+カウル付き。KLXと比較してぜーんぜん疲労度が違います。ガンガン進める、どんどん進める。たまに飛ばしても、まんまるさん、Mさんはきっちり付いてくる。VFRの桃ソフトさんがちょっとゆっくり目。車線変更したり飛ばしたりして、各人のペースを見てみたところ、桃ソフトさんに会わせるのが良いみたい。

巡航スピードを変化させて、どこまで付いてくるか見たりなんかして、だいたいのペース間を把握。

では、このまま伊賀上野までGo!。

名阪国道、3月とはいえまだまだ寒い。外気温6度くらい。

(この寒さだけど、みんな大丈夫かなぁ。女性は寒さに弱いと聞いているけど、それ以上に弱いのは友蔵さんだな)

と考えながら走ると、左に伊賀上野ドライブインが見えてきた。

(たしか、伊賀上野サービスエリアって話していたよな。このちょっと先だし、そこまで走るか)

この伊賀上野ドライブイン、見るからに寂れていて汚らしい。まんまるさんの話によると、よく旧車会の方々が集まっているそうな。旧社というのは、一昔前に暴走族なんかがバイクをハンドルをチョッパーにしたりへんてこなカウル付けたり、マフラーちょん切って爆音にしたりするアレです。

伊賀上野ドライブインを過ぎたあたりで、一番か弱い友蔵さんが案の定、後ろから迫ってきた。

サイドミラーで確認した私は左手を挙げ、次で止まるよのサインを送ると、なっとくしてもとの最後尾へ戻っていきました(^^;;

ようやく伊賀上野サービスエリアに着くと、友蔵さん、開口一番、

「う〜っ、さむーっ!!この人、やっぱり止まらないよ。人が呼びに行くまでずっと走り続けるつもりだよ〜」

といつもの調子(苦笑)

今回は伊賀上野サービスエリアって話したと聞いていたので、ちょっと大丈夫かなと思いながら走っていたのになぁ。

ライダーのみんなで休憩所の一角を占拠してバイク談義。みんなのがんばりもあって、前島食堂まであと一歩のところまで来ているので、ちょっとゆっくり目の休息。

みなさんの体が暖まったところで再スタート。

松坂ICを降りてすぐのところに前島食堂発見!おお、旧車会の方々がこんなところに。
ものすごい辺鄙なところにあるにもかかわらず大盛況。まんまるさん曰く、日曜日のお昼時はならんで座れないこともあるそうな。

ドアをくぐると、昔懐かしいもうもうと煙が立ちこめる焼き肉やの風景が。ただ、ここの焼き肉、「鶏肉のみ」なのが売り。鶏肉を特性の味噌だれで味付けてあり、たれをつけずに食べる。
RIMG0661.JPG

普段肉食をしない私も、久しぶりに鶏肉を食べた。

(う、うまい!!)

しかし店内は煙もくもく。
RIMG0663.jpg

ライスの中に野菜スープをつけてたらふく食べ、お代は一人1,500円と格安。なんかお腹いっぱいで、もう帰るかなぁムードになりかけたところを、さすが友蔵さん、敏感に察知して今日のメインディッシュ「伊勢志摩スカイライン」へ誘導(笑)

途中、私のナビがSDカードエラーとか言う変なエラーを出して道をミスリード。ちょっと戻って無事スカイラインへ。

820円という結構、高い通行料を払って走るも、「有料道路のくせに道が悪い」と不評。そうか、KLXやAdventureにとっては「アスファルト」ってだけで道がいい部類にはいるのだけれど、ロードバイクは違うんだなぁと再認識。まんまるさんも、桃ソフトさんもこういう道は好きじゃないとのこと。

途中の展望台にて。
RIMG0664.JPG

とりあえず朝熊山展望台まで行き、小休止。

みんなで記念写真を撮りましたよ。観光客みたいですね(^^;;
RIMG0669.jpg

私とMさんは100円払って足湯につかり、ちょっと後悔。だって、この足湯、ぬるま湯だし水道水なんだもの。浸かれば浸かるほど足が寒くなり、さらにぬるま湯から足を抜いた時に、冷風が足をさらに冷やす(TT)

お土産を買おうと、展望台の土産物屋に入ったけど、ちょっとしょぼくて誰も買う気にならないまま立ち去り、神社そばの「おかげ横町」に行くことに。

途中、ナビがおかしくなり、変な道を示したので、細い横道を曲がると、、、誰も付いてこないやんけ!

しょうがないのでショートターンをし戻ると、もう誰も待ってない。ひどいなぁ。まんまるさんが走り去る後ろ姿が見えたため、それを追って無事合流。

横にずらっとバイクを並べると、私のAdventureとみんなのバイクの間にスーパーカブが1台。これをYさんのバイクと言うことにして、人ではなくバイクの記念撮影。

RIMG0673.JPG

あきらかにライダーの集団といった風体で思いっきり観光客とは一線を画した我々ですが、友蔵さんだけは、いつの間にかちゃっかりマフラーをして一般人に溶け込もうとしてる(^^;;

ノーランのヘルメットを手に持っている時点で、思いっきりライダーだって!!

「赤福本店」へ向かうと、なんと、元首相 阿部晋三さんが奥さんと遊びに来ているじゃないですか。目ざとく友蔵さんがそれを発見し、私に。私がお店の中に居た女性陣に伝えると、

「きゃぁ〜っ」

とか言って出てしまった。おーい、番号札もらっていて座る場所キープしてないよ〜。

しょうがなく、私が場所をキープ。ちゃっかり阿部元首相とツーショットを撮って戻ってきた女性陣。福山雅治が来たならまだしも、阿部元首相で芸能人みたいな、、、(^^;;

赤福喫茶店で赤福ぜんざいを食べ満喫し、気が重い帰路へ向かうことに。

さむ〜い、さむ〜い帰り道、ライダーで賑わう道の駅「針テラス」を目指して走る。ちょうど中間地点にある安濃SAで小休止し、凍える体を暖めることに。

「あれ、Yさんがいない?」

暗い道だったので、Yさんはぐれた模様。友蔵さんが電話をかけると、もう先の料金所を出たあたりで停車中とのこと。ちょっと体を休める旨連絡し、SAの休憩所へ直進。

すると友蔵さん、

「HEIZOさん、ソフトクリームありますよ。今日は食べないんですか?」

と冗談半分に誘いをかけてくる。私はグリップヒーター&カウルのおかげでそれほど寒くなかったので、食べてみることに。

(う、うまい!!)

これ、結構、うまいよと言うと、体が冷えるとか凍えそうだとか言っている全員ソフトを食べてるし、、、、。食い意地には勝てないようだ(笑)

これだけでは寒すぎるので、無料のお茶を取りに行き、私と友蔵さんでみんなに配る。

あれ、一人分多いや。じゃ、これYさんの分っていうことで、と空いている席に置く(^^;;
話の流れは自然とYさんのバイクに。

いつバイクの免許とるかとか、何のバイクが似合うかとか勝手放題。

みんなYさんのことを話す時に、必ずぽつんと置かれた「Yさんの分のお茶」に向かって話す。ちゃんとYさんがいるかのような臨場感がその場に形成され、いつしかYさんが独り車の中で待っていることを忘れてしまいましたorz。

ちゃっかり30〜40分以上待たせて、Yさんと合流(ごめんなさい)。

これから今日のコース中最も寒い名阪国道を通り、針テラスへ。今度は行く先が分かっているので、後ろを気にせずガンガン走る。

びっくりするのは、女性ライダーのまんまるさん、きっちり私に着いてくる。

(お主、なかなかやるな!)

とエールを送りつつ、針テラスに到着。みんな着いて開口一番

「寒〜い!!」

ここで、22時過ぎまで夕食を取りながらバイク談義をして解散。

ああ、楽しかった。こんなツーリングならまた参加したいけど、神戸にいるのもあと一月。残念ですなぁ。

ただ、明日4時起きで水戸へ住まいを探しにいかなきゃならんということを除けば充実した一日でありました。

ハイ、お決まりの走向Log。私の家からだと470kmありましたとさ(苦笑)
uO.jpg
posted by HEIZO at 23:49| Comment(3) | TrackBack(0) | ツーリング

2009年03月02日

KLX林道デビュー!!

今日はKTM仲間のUさんに、猪名川町の某林道ツアーのガイドをしてもらうことに。

そうです、とうとうKLX君の林道デビューです。まずは、KLX君がどれだけ林道に向いているかをじっくり観察してみることに。

「服が汚れると思うので、お昼は自炊にしましょうか」

というUさんの今日のコースを予測させるようなお言葉でしたが、久々にガソリンバーナー+コッヘルという自炊セットをデイパックに忍ばせ、KTMショップIMPALA前09:00に集合。ちょうどお店が開いて社長の弟さんにあいさつ。すぐに林道へ向けて旅立つ。

ツーリングマップルの林道しか知らなかった私は、こんなに近くに林道があるなど思いもよらず、ワクワク半分、不安半分でUさんの背中を追う。

UさんのバイクはKTM450EXC。結構、スパルタンなバイク。このバイクについて行けるのだろうか?Uさんを信じるしかあるまい(^^;;

「ガレでゲロなところに行きますけどいいですかね?今日、行こうと思っているコースで1か2番目にキツイところですけど」

今日は軽いバイクだし、せっかくの林道デビューなんだからと思い、即座にYesと答える。

キタッ、ガレでゲロ。

RIMG0652.JPG

林道を走るみなさんならご存じの通り、本当にキツイところは立ち止まることができず写真には撮れない。この写真をもうちょっと急にして岩をゴツゴツさせ、水を流したら一番キツイところの情景となる(^^;;

UさんはKTM450を自分の手足のように扱ってガンガン進んでいく。その後から、私はおっかなびっくりついていく。モトパンにジャージという出で立ちで、ちょっと寒かった体がすぐに汗だく。

ちょっと先でUさんが待っていてくれた。ふう、小休止。
RIMG0650.JPG

結構、運動になる林道ですな。今まで林道というと砂利道に毛が生えたようなところしか走ってなかった私にはとても新鮮。

何回か岩と岩の間にスタックしたり、倒したりを繰り返し、ようやく昼飯を食える場所に到着。

RIMG0653.JPG

私は米を炊き、ハヤシライス。Uさんは行きのコンビニで買ったおにぎりと、カップラーメン。

びっくりすることにUさんと私、持ち物が同じである。まず、990Adventureに乗るときのヘルメットはAraiのTXモタード(黒)だが、Uさんもまったく同じヘルメットで色も同じ。

今日、林道用にと思って装着したのがAraiのV-CROSS 3 NARITA(黒)にゴーグル。ふと、Uさんを見ると、同じV-CROSS 3 NARITAで色も黒。デイパックから取り出した水入れはプラティパス、コッヘルはSNOWPEAKSのチタンコッヘル。

うーむ、コピーしたかのように同じ物を持っている(^^;;

(ん?)

RIMG0655.JPG

ふと、KLX君をみると、マフラーカバーのあたりがえぐれてる(^^;;ガレでこかすと当然、こうなりますな。Monster Energyのデカールを貼る前で良かった。綺麗にはがしてやすりで磨いてデカールを貼ることにしよう。(^^)

バイク談義に花を咲かせながら食事を済ませ、次なるコースへ。フラットな林道を走ると舗装路のような気すらする。それほと先の林道が酷かったからだ。また、同じようなガレ&ゲロコースを登るっていくが、先の林道で慣れたせいか、今度は意外にスムーズに登ることができた。

そして、見晴らしのいい絶景ポイントで写真を一枚。
RIMG0656.JPG

ここはハイキングコースの途中らしいが、とても見晴らしがいい。下に見えるのは「るり渓GC」。ここで小休止してから、来たガレを下り、道の駅で休息してからお別れ。

林道走行距離は30kmくらいだけれど、とても密度の濃い内容だった。そして、KLX君、君はトレールとして大変優秀だったよ。これなら北茨城の林道探索にも大活躍するだろう。

今日はとても充実した1日でした。Uさんどうもありがとう!

しかし、あと神戸に1ヶ月しか居られないのが残念(TT)
posted by HEIZO at 00:49| Comment(7) | TrackBack(0) | KLX250

2009年03月01日

ナビゲーション考察(その2)

さて、前回紹介したX-ROAD RM-A4000でGPSログをとる方法ですが、結構、面倒なんです(^^;;

簡単なWindowsの知識が無い方にはオススメできません。というのも、プログラムを書き換えたり足したりしなければならないからです。RM-A4000のOSがWindows Mobile5というものなので、ナビの底面にあるUSB端子経由でPCとつなぐことができます。

このPCとつなぐ作業に必要なソフトがMicrosoft ActiveSyncです。このソフトはMicroSoftのHPから無料でダウンロードできますので、最新のものを引っ張ってきてPCに入れる必要があります。

そして、SDカードに他のプログラムを入れてセッティングしたり、一部プログラムを書き直したりしてようやくLogが取れるようになるのです。

LogはTxt形式で保存されるため、それをまた、LPlog2GPX.EXEというプログラムでGPXフォーマットに変換し、それをGoogleEarthに放り込んでやると、あのような走行Logが出来上がるという寸法です。

おそらく、ここまで書いていて、読んだ人のほとんどが何だかよく分からんという気分になっているだろうな、と想像できます。

まぁ、試したい方は自己責任でRM-A4000まとめwikiを参照しながらチャレンジしてみてください。

本当はどんなconfigにして、このプログラムとこのプログラムをどうするこうすると書こうかと思ったのですが、このBlogを読んでくださるほとんどの方が“興味ない!”と思い、割愛させていただきました。個人的に分からない方はコメント欄にでも質問してください。分かる範囲でお答えさせていただきます(^^;;

さて、ここで何が言いたかったかというと、

もっと、楽に走向Logが取りたい!!


ということと、


いちいち補助プログラムで変換せずに楽に走行記録を地図に表示したい!!


の2点なんですよ。

そこで、Googleを多用し、毎晩、毎晩研究を重ねたところ、GARMIN製のNaviなら簡単にGoogleMapやEarthに走向記録を表示できるってこととを発見。が、しかし

GARMINのナビ=高い

念のため調べてみると、やはり日本語表示可能なのものは高い。アメリカ版の2〜3倍のお値段。

台湾版が日本語表示可能でなおかつ、日本正規代理店の半値という情報もキャッチしましたが、GARMIN社からの圧力か、はたまた日本正規代理店からの圧力か分かりませんが、現在、日本からの直接の購入はできない模様。

輸入代行業者等を利用すれば購入可能とのことですが、それもなんか面倒くさい。できるなら直接、輸入して購入したい。

GARMIN社の日本語版でColorado300という機種が機能豊富でそそられるのですが、値段がなんと126,000円!!。で、内蔵地図は荒すぎると、詳細Mapを購入するとさらに19,950円プラス。
Colorado.jpg

ごらんの通り画面は綺麗で、気圧高度計、電子コンパス内蔵、日常生活防水、月と潮の満ち引きを表示、ルート検索(歩行、自動車)、3D表示可能と機能もてんこ盛り。本体重量も単3電池2本を含んで212gと軽量。

しかし、値段が値段ですので、ちょっと買う気は起きませんでした(^^;;

そんなこんなで、色々調べてみると、GARMIN英語版専用に日本地図を作っている素晴らしい会社を発見。UUDという会社ですが、ここが作成した地図は詳細地図+等高線(林道検索可能)入りで11,550円。日本正規代理店さんのものと比べて格安!

これを日本語版地図で準備すると、日本詳細道路地図(シティナビゲター)Ver.9 DVD版19,950 + 日本地形図(TOPO10M) Ver.8 DVD版19,740円)と4万円近くも掛かってしまう。

1/4の値段で地図も準備できるとなれば、これは英語版を買うしかないってことで探しましたら、ありましたとても興味をそそるGARMIN社最新のGPS Handy Naviが。

それはこいつ、Oregon300です!
lf-lg.jpg

sc-02-lg.jpg

綺麗でしょ(^^)。Coloradoと比べて何が違うかというと、i-phonよろしく、すべてタッチパネルになってるんです。そして、内蔵メモリも850MBと増えています。これに、UUDさんの地図を入れれば、

(林道も検索できる)

という素晴らしい事実!

価格を調べると、米国の正規価格で$ 499.99 USD。1$=90円で換算しても45,000円。もっと安くならんのかと色々検索してみると、35,000円くらいで手に入るサイトを発見。それも送料込みで35,000円!

もう耐えきれず、「購入」ボタンをクリックしてしまいました(^^;;;

F氏に「私も色々な人から浪費家と言われますがHEIZOさんはそれ以上ですね」

と先日言われたけれど、

そうですとも!

と開き直って答えたい(苦笑)

いいんだもーん、浪費家でも。こいつで、林道のログをとっておいて、後で詳細地図でマップを作るんだ。

なんか、ワクワクしますなぁ。

さて、明日はKTM 450の知人と林道アタックだ。早く寝なくては、、、。(転勤の準備しろと怒られそうですが、それは月曜からにします)
posted by HEIZO at 02:47| Comment(4) | TrackBack(0) | GPS Navigation