2009年08月23日

夏期ツーリング6日〜(遅〜っ)

ふう。もうツーリングから1ヶ月経ってしまっているが、まだ書き切れていないので、一気に書くことにする。

6日目は函館のフェリー乗り場にお昼過ぎについた。夜の23時20分便を予約してしまったので、出港までに時間が有り余るほど残っている。なぜ、この時間を選んだかというと、「宿泊代が浮く」からである。といっても船上でいる時間は3時間40分でしかないため、ほとんど眠ることはできない。

時間が有り余るほどあるため、函館観光と洒落込もうかと1ミクロンだけ思ったが、市内の渋滞具合を見るにつけ、嫌気が差してしまった。とりあえず、函館名物と言われているラッキーピエロというお店で、これまた人気のチャイニーズチキンバーガーを食し、フェリー乗り場に戻った。時計を見ると、まだ15時。

ヒマすぎるのでノートパソコンを開き、Blogを更新。夕焼けを撮ったり本を読んだり、うつらうつらしたりしてようやく出港時間。

RIMG1216.JPG

船底にバイクを固定するやいなや部屋へダッシュ。すぐ深い睡眠に。

(Zzzzzz....)

と思ったら、もう降船のアナウンス。
まだ午前3時すぎという早朝(深夜とも言う)に青森港を出発し、とりあえずお風呂を目指す事に。青森から南下していくと秋田の「八幡平温泉郷」がある。この中で、ふけの湯というのが秘湯らしい。まずは、ここを目指してひたすらGO!途中、給油したり、ライダー本人もコンビニで給油し、オイル交換し、ちと休み、そしてまたGo!

奥州街道(国道7号線)を南下していると、ひときわ目立つ山が見えてきた。平らな山頂に、もう一つ山があるような珍しい形。コンビニのお姉さんに聞くと、岩木山という青森の名山だとのこと。

RIMG1219.JPG

(よし、いつかここもバイクで訪れるぞ、、、)

そんなことを考えながら国道をひた走る。途中、国道とは思えない酷道に出くわし仰天。後で地図を見ると酷道282号坂梨峠だった。狭くてうねっており、トラックが数多く往来する。そこを堪え忍んで抜けるとようやく快走路へ。

GARMIN OREGON300の指示のもと、迷わずふけの湯に到着。時計を見ると07:30。

RIMG1223.JPG

(こんな朝早くやってるのかなぁ、、、)

全面木板張りの旅館の玄関をくぐり、帳場のお兄さんに尋ねると、

「外湯は今の時間でも入れますよ。内湯は8時からになります」

とのこと。500円払って外湯から入ろうと歩き出す。

(おおっ、まさしく秘湯!!)

RIMG1224.JPG

ちょっと感動しながらてくてく歩くと、こんな看板が!

RIMG1226.JPG

(もちろん、混浴でしょ!)

と左に歩いて行くと、浴衣着た60近いおばさんが混浴の方に歩いて行くではないか。

(う、混浴はまた次の機会で、今日は男湯だな、、、)

右向け右をし、いそいそと男湯へ行く。

俺が脱衣所で着替えているというのに、先ほどのごっついおばさんが写真を撮りに男湯の方までずかずかとやってくる。

(早よどっかいってくれぇ!)

そう念じながらゆっくりとTシャツを脱いでいると、チラッと横目でこちらを見た後、あっ居たの的な顔をして元来た道へ戻っていった。

(ふぅ)

温泉は灰色に濁っており、浴槽には細かい粒子状の泥(火山灰かな、、、)が体積していた。手ですくうと、すうーっとお湯に溶けて行き、水面まで来る間に半分くらいの嵩になっている。よく温泉番組で、泥を肌に塗りつけて美肌を演出しているのを思い出し、自分も両腕に塗ってみたりしたが、すぐ飽きた(^^;;

RIMG1230.JPG

とにかく青い空と白い雲をみつめながらゆったり浸かっていると、気づいたら湯船で寝てしまっていた。そりゃ、3時間くらいしか寝ていないんだからあたりまえか、、、。

8時過ぎまで湯船でうつらうつらして過ごし、体を洗うために内湯へ。

RIMG1231.JPG

さっぱりしてから9時過ぎにスタート。今日こそは林道をとルートを南にとる。

目指すは秋田県と岩手県の県境「真昼岳林道」。林道手前のジャスコで昼ご飯を買い込み、中にあるマクドナルドでアイスコーヒーを飲みながらルーティング。それとなく店内を見ていたのだが、さすが秋田美人と言われるだけあって、女性のみなさん小顔。ついつい、水戸と比較をしてしまったりした(^^;;
posted by HEIZO at 00:44| Comment(8) | ツーリング