2008年09月10日

なんと言っていいやら、、、

さて、びっくりするかもしれませんが、肋と手首骨折、事故の過失割合100:0(私0)のこの状態で、相手(加害者)は事故を起こしてから一度も私に連絡をくれていません(^^;;

先日、相手の事故担当(保険会社)の方に、

「差し出がましいことだとは思うのですが、加害者もその親からも一度も連絡がないというのは、ちょっと社会通念上の礼儀と反しているような気がします。別に、今さら謝りに来て欲しい訳ではなく、彼(加害者の学生さん)が将来、同様の事故を起こしたときに、今と同じ対応だと、かなりもめると思いますよ。もし、加害者とコンタクトとる機会があったら、それとなく伝えておいてください」

と私の方から言いました。

私も損害保険の仕事に携わっている関係上、

(相手にケガさせたら、人として謝りに行く)

ということを当然のこととして考えていましたので、ちょっとカルチャーショックでした(^^;;

そして、昨日、

「HEIZOさん、あれから相手から連絡ありました?」

とTelがありましたので、

「いいえ、まったく音信不通ですけど」

と答えると、

「ああ、そうですか。実はですね、契約者は加害者の父親だったので、父親宛にその旨の手紙を書いたところ、

(今の人身担当者の対応が悪い。お前のところの保険は解約する)

と営業クレームになってしまいました」

とのことでした。

私はびっくりしました。世の中にはこんな人もいるんだな、、、って。

あ〜あ、こんなことだったら、警察から

「事故を起こした加害者に対しての意見をお聞かせください。
 (1)軽くして欲しい
 (2)普通に罰して欲しい
 (3)厳重に罰して欲しい
 のどれにしますか?」

と言われたときに、今だったら(2)か(3)にするなぁ、、、。

その時は(1)って答えちゃったけど、、、。

でも、不思議なもので、保険担当者はびっくりするくらい良い方です。

みなさんもお気をつけを(って、事故起こさないでねって意味です)


posted by HEIZO at 07:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お久しぶりです。お体の方は良くなっても交渉事のほうはなかなか・・・・のようですね。

あまりAAは使わないのですが加害者相手にはこう言いたいですね。


「(゚Д゚)ハァ? 」

と。



誰しもどんな時にも頭を下げることに抵抗はありますが、まかり間違えば殺したかもしれない可能性のある相手に対して、しかも過失割合的には加害者十割過失の事例であれば、電話で連絡とって詫びて謝ってアポとって菓子折り持って直接謝りに行く。


ぎりぎり十代の文左衛門君にでさえ理解できることを出来ない彼と親は何なんでしょうか。


HIZOさんのように事故のレポートを出しているブログを読むと時間、金銭、人身この三点のロスが大きいことを実感し事故を起こしたくないものだなぁ、つくづくそう思います。

その三点のロスも相手次第で最小限で済みそうなものですが・・
Posted by 文左衛門 at 2008年09月10日 09:04
あららぁ〜〜〜そんな父親なら息子もロクナモンになりませんねぇ〜〜〜悲しいですねぇ.....
Posted by 雪国の年中バイクの乗り at 2008年09月10日 16:28
ロシア人のお相撲さんが血液検査で黒なのに 私はやってないっ って言ってましたが悪いと認めると悪くなっちゃう国もありますから〜って でも交通事故でもよくある話かもしれません

素直に悪かったね でいいのですが
こんな時のために保険屋に金払ってるんだ って言い切るツワモノは多いです(笑)仕方ないのでしょうね〜


Posted by (= ̄∇ ̄=) at 2008年09月10日 18:18

人間は、自分が不利に成ったり追い詰められた時に自分を正当化して開き直ります。窮そ猫を噛むたとえです...。

常に二人の自分が居ます。理性が働いている時は善の自分が現れます。感情と言う理性では計り知れないものが私達を支配します。

そして明らかに居るんです。悪人が...。これを見抜く訓練が私達に必要なんです。今回の事ばかりだけでは無く、政治も経済も教育もこれを推進する人の中に必ず居ます。難しいのは、建前は何処からも崩せない立派な事を滔々と述べて人を騙す輩が居る事です。

ちょっと角度は違いますが、給食費の支払いを拒む親の理由。信じられませんよね。悪人か善人かは判りませんが、人間として考えの浅い連中が多く成っているのは事実ですね...。

Posted by 山デジ at 2008年09月10日 20:14
こんばんは、
まさに「この親にしてこの子あり」ですね。社会性というか常識の無い人間に育てられると、こんな風になるのでしょう。いつか自分の親や自分自身がおかしいということに気付く日が来ればいいのですが。
Posted by bike&gps at 2008年09月10日 20:37
文左衛門さん

まぁまぁ、みんながみんなそういう人ではないはずです。
でも、色々な人がいるもんだと勉強になりましたよ(^^;;


雪国さん

そうです。悔しかったら裸のノーヘルで走ってみろですw


うしまるさん

これは喫茶店でも同じですよね。「俺は客だ!客を神様のように扱え!」
って態度の人いますもん。でも、お金払って初めて客なのにね、、、。そこまで言うのなら、先に払え!!


山デジさん

もう、人の振り見て我が振り直せの一語につきます(^^)


bike&gpsさん

ま、次回、事故を起こして加害者になったとき、大もめにもめることでしょう。
そのとき、何かおかしかったと気づくか、逆ギレするかのどちらかでしょう。
Posted by HEIZO at 2008年09月11日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19120304
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック