2009年08月13日

お盆前にお邪魔

週末の富士登山ツーリング(!?)で、不調に気付いた2点の修理と、先日頼んでいたLC8用シガーソケットを受け取るため、お盆前のモトビルドさんにお邪魔することにした。

電話で確認したところ、いつもは水曜日定休だが、お盆前なので特別にやっているということだ。

私の会社は暦通りに営業しているが、さすがにお盆なので、照会事項も少ない。

( チャンス到来)

とばかりに、お伺いすることを伝え、早速、行ってきた。

閉店間際にお邪魔して、缶コーヒーをごちになり、1時間あまりもしゃべってしまいました。

セルクラッチの件は、場合により結構、高くつく修理になるとのこと。覚悟しなきゃだ。

ETCもただの断線であって欲しい。

もういいかげん遅いので電車で帰ろうとすると、神原さん、

「乗っていきなよ」

と690SMを貸してくださった。

感謝、感謝。

走って30mで給油ランプがついた事には、深く言及しないでおこう。


IMG_6807.jpg
posted by HEIZO at 08:19| Comment(8) | KTM 990Adventure

2009年07月16日

3日目のなんだかなぁ

さて、前回アップしてから日が経ってしまいましたが、ライダーズハウスに入ると、皆さんとのバイク談義、うまい物談義になるため、更新する時間が取れなかったりします。

隣に他の方が寝ているのに、一人、blogを更新して、迷惑を掛ける訳にもいかず、ネタを秘かに温めていました(笑)

さて、私のLC8君ですが、原因不明のまま動けずにいたら、なんと雪国さんからこんな申し出が、、。

「これから、トランポで迎えに行くよ。明日まで待ってから車載してもらうのも時間の無駄だし」

(うぅっ、なんという有難い申し出)

驚くことに、雪国さん、会社の大型バンに、行きつけのバイク屋で借りたラダーとベルトを積んで、はるばる100km超の道のりを迎えに来てくれたのです。(TT)

普通、ここまでしてくれる方は、そうはいません。感謝、感謝です。

雪国さんをお待ちしている間、カップラーメンを食べるべく、ガスバーナーでお湯を沸かし、暗かったのでガスランタンをつけてくつろいでいると、観光バスがトイレに止まり、おばちゃん、おじちゃんの好奇心の視線が痛い、痛い。

みんな遠目でみながら、話しかけてこないところがなんとなく、北海道の方かなぁ。関西だったら、

「兄ちゃん、なにしとん、大丈夫か?おっちゃん、単車のことは何もわからんけどな。ガハハハ」

みたいな乗りで話しかけてくるんですが、、、。

11時半すぎに雪国さん邸へ到着し、遅い酒盛。酒に弱い私は、缶ビール1本で軽く
ノックアウト(苦笑)

翌朝の林道アタックに備えてすぐに就寝。

しかし、翌朝の札幌はあいにくの雨。

北海道にあるKTM shopは2つ。そのうちの一つが、サイクロンさん。ここは、KTM
だけじゃなく、トライアンフなど他の外車も扱っています。

開店と同時にお伺いし、症状を簡単に説明。早速、点検をお願いします。

【概要】
・ヒューズはリレーも含めて全部点検済み
・バッテリーの接続状況を確かめ済み
・自分で、全部、点検してからキーを回してみたらエンジンは掛かった
・ただ、今はバッテリーが上がった状態。原因はナビのクレードル部分が、エンジン停止後も電力を消費しているものと思われる

これだけを話すと、サイクロンさん

「最高でいつまで、こちらにいられますか?」

と、質問してきたのでびっくりしました。今はバッテリーさえ充電したらエンジン掛るし、もし長期入院だったら地元に頼みますって(^^;;

取り敢えず、充電完了するのに16時まで掛るとのことでしたので、それまで雪国さん邸で待機することに。

ここでも、雪国さんにご迷惑をおかけさ、申し訳ありませんでした。きっと、

「え〜、16時まで居るのかよ」

と思われたことでしょう。

さて、お昼は、雪国さんの可愛らしい自慢の奥様手ずからのジンギスカンをホッとプレートで焼き、お腹いっぱいにさせていただきました。

時間になり、サイクロンさんにLC8 を迎えに行きます。

で、結局、故障箇所らしいところはまるで見つからず、充電だけしていただいた形になりました。

時間をとらせてしまったようで、工賃は都内で朝食付きのビジネスホテルに泊まるのと同じくらいの値段に(TT)

その場で、雨具に着替え、次のライダーズハウスへ向かって旅立ったのでした。

う〜ん、北海道らしい走りができてな〜い。



From Hakodate with i Phone3GS
posted by HEIZO at 18:09| Comment(4) | KTM 990Adventure

2009年07月11日

09' Summer Vacation

さて、今日から夏期休暇です。

走るぞ〜っ!

Hokkaido-1.jpg

ということで、大まかなルートしか設定していません。

水戸→函館→札幌→道東→函館から大間→長野→(おしまい)

というアバウトなもの。

モバイル環境バッチリなので、疲れていなければアップします。
posted by HEIZO at 08:49| Comment(9) | KTM 990Adventure

2009年06月20日

苔でコケる(!?)

さて、今朝の水戸市は久々に雨もふらず、曇り時々晴れの好天。
林道ツーリングには絶好の日と、キャンプの準備までしておりました。

ところが、昨日の天気予報を見ると、日曜の朝から傘マーク(TT)

泣く泣くキャンプの予定を外し、日帰りツーリングにすることに、、、。

4月の初旬に、誤って手を滑らせ、床に落として破損してしまったX-ROADのナビくん。送付してから1ヶ月以上も待たされ、こちらからの照会によりようやく輸入元に気づいてもらい、迂用曲折の末、ようやく代替品が送られてきたという始末。

そのナビ君の代わりに活躍していたGARMIN OREGON300君のマウントを外し、X−ROADのマウントを取り付け、もう一回、電装系の配線をし直していたりしたら、あっという間に11時半。

昨日、妻が作ったグリーンカレーなんぞを温めて、くつろぎながら頬張り、本を読みながらくつろいだら、もう14時(笑)

さすがに、出発しないとまずいと思い、いざ、Advetnure号で発進!

RIMG1016.JPG

神戸の時、あれだけバッテリー上がりに悩まされたのもウソのよう。1ヶ月も乗ってなかったのに一発でエンジンが掛かる。

さて、今日のルートは、

(1)舟生林道(大子市)
(2)八溝林道(矢祭町)

の2ルートを制覇してキャンプ場を視察、その後、温泉でくつろぎ颯爽と帰宅するという予定、、、のはずだったが、14時過ぎに出たのでは、八溝山につくだけで4時になってしまう、、、。

ということで、舟生林道+温泉に短縮することに。

“Ready To Race”のKTMパワーウェアに上下とも身を包み、エンジンをかけいざ、出発。

左を見ると、マンションの身障者用の駐車スペースに白のセルシオが、、。

RIMG1017.JPG

先週の日曜日は、ベンツのAMGだったな、、。セルシオといい、ベンツといい、そんな高級車乗ってるんだったらケチって身障者用の駐車スペースに無断駐車すんなよ、と内心思いながら自宅を後にする。

営業車で通りなれた道をしばらく走り、すぐに未体験ゾーンの茨城県の国道に入る。

兵庫県の山間部との違いは、茨城は田舎なのにもかかわらず、以外と車通りが多いこと。なんとなく自然渋滞しながらのろのろと進む。

途中、セブンイレブンで休憩をしていると、爆音を発しながら近づいてくる2台のヤンキーバイクが、、、。一時は全盛を誇ったヤンキー車も、最近は人数が集まらないようである。だいたい見かけても2〜3台でつるんで走っており、たいがい、FTRあたりを改造しているみたいで、騒々しいがいかんせん音が軽い。

なんか、一瞬タイムスリップしたかに思えて、思わず微笑んでしまった。ちゃんとナンバーつけて走っているところなんかも、かわいらしい。ヘルメットもかぶっているし、ギリギリの所で法律なんか守っちゃったりしている(^^;;

さて、ほっこりしたところで、再出発。まもなく、目指す舟生林道入り口についたが、、、、

(舗装路?)

ツーリングマップルを見ると、線路を渡ってすぐに林道マークだが、ずーっと舗装路。

RIMG1018.JPG

おまけに、センターラインの代わりを緑の苔がしていて、風情がある。

どこぞのモンスター乗りの友人が、湿った道路、苔、落ち葉、かつ細い道を、蛇蝎のように嫌っていたのを思い出した。(^^;;

まさに、ここは、そのすべての条件を満たしている場所だ。今度、連れてきたいなぁなんて考えながら走っていると、苔の量が増えてきた。下はあいかわらず、アスファルトだが道路の両端にも苔が進出し、アスファルトより苔の面積の方が多くなってきた。

(お、これならある意味林道?)

なんて、思いながらずんずん進むと、両端が森に囲まれた暗い道となってきた。

(アスファルト以外は林道なんだけどなぁ、、、)

なんて思ったら、、、、、

突然、車体が270度回転して横倒、私もバイクから放り出されて路面を滑っている。

(な、なんなんだ、、、)

起き上がって見てみると、道路と思って進入した場所には落ち葉と泥が堆積して道の上に覆いかぶさっており、そこでバイクの前後輪が一度に取られたようだ。

前輪と後輪が一度に滑り出したらもう何もできない、、、。

とりあえず、ガソリンが漏れるとやっかいなので、バイクを起こし、自分の身体を見てみた。どこも痛くないので大丈夫。

(あっ!!!!!)

俺の一張羅のパワーウェアーが破けてる(><)

(ガーーーーン!)

上のジャケットは少しすれただけだが、下のパンツは膝プロテクターまで貫通していた。

変に苔の下がアスファルトなので、ヤスリのように擦れていったのだろう。

(苔と泥のばかやろぉぉぉぉぉぉぉ!!!)

Adventure号の方は、前回、転けた時とほぼ同じ場所なので、特に傷が増えた感は無い。

強いて言うなら、左ハンドガードが擦れてヒゲが生えたのと、左タンクガードがガリガリになって貫禄が出たことくらいだろうか、、、。

セルを回してみると、、、

(ま、回らん)

こういう時は焦らず、心を落ち着けて、ギアをニュートラルにして、セルを回す。

(まだ、回らん)

次にチェックするのはキルスイッチだ。チェックすると案の定、「×」になっている。

「○」に入れ直すと、無事、エンジンが掛かった。いつも不思議に思うのだが、転倒すると安全のために、勝手にキルスイッチって入るのだろうか。転倒後、いつもキルスイッチが勝手に入っているような気がする。

オーバーヒート警告ランプがともっていたので、しばしエンジンを切って冷やすと、なにもなかったかのように走り出す頑丈なAdventure君、いつもながら心強い。

数百メートル先に空き地を発見。一時停車して損傷具合を確認。

RIMG1019.JPG

(泥でよくわからん)

RIMG1020.JPG

(これは痛い)

さて、気を取り直して、しばし走るとようやく林道入り口。いきなり二股に分かれている。山勘で左に行くと、

(ハズレ)

すぐにゲートで行き止まり。引き返して右に行き正解。

舟生林道は至ってフラットで気持ちよい走りやすい林道だった。(注:途中の苔道路を除く)

林道を何事もなく抜け、道の駅「奥久慈」を目指す。ここは、温泉付きの道の駅だ。

道の駅で、奥久慈産ニンニクがあったので、明日の料理用にと購入。すでに5時半すぎだったので、ちょっと早い夕食にと「奥久慈名物 シャモささみオムレツ」を食べる。

RIMG1022.JPG

感想は、、まー、なんていうか、オムレツにトリのササミが添えてあるだけですね(苦笑)

道の駅の2階にある温泉につかり、昔懐かしのコーヒー牛乳を腰に手を当てて飲んでから帰路につく。

RIMG1023.JPG

しめて135kmの旅でした。

(明日、パワーウェアをモトビルド神原さんに頼まなきゃ)

【オマケ 舟生林道】
funyu.jpg
(カシミールにGPSトラックデータを入れて表示したもの)



posted by HEIZO at 20:49| Comment(15) | KTM 990Adventure

2009年04月19日

990オイル交換 〜モトビルド神原〜

先日の神戸→水戸走行と、神戸→浜松往復ですっかり3,000kmを走りきってしまったので、990Adventureのオイル交換時期が参りました。

お昼を食べてから夕方にさしかかったところで、本日、オイル交換をすることを思い出し、笠間市にある「モトビルド神原」さんへ行ってきました。

前のブログで「家から10km以内にあるショップ」と書きましたが、大嘘で、その倍はあることが本日判明(^^;;

ただ、道は空いているので、神戸の時と時間的には変わらず30分ほどで到着。すでに、KTMユーザーっぽいお客様が3人いらっしゃいました。

今日はオイル交換と、購入してから5ヶ月後に現れたハンドルのブレ現象の修正をお願いしました。

このブレですが、990Adventureを購入した神戸のショップにお願いし2回ほどホイールバランスを確かめてもらったのですが直らず、現在に至ります。

この症状はパニアケースを付けるとさらに酷くなり、走行中に両手を離すと、転倒しそうなくらいハンドルがブレます。高速走行中など、この「ブレ」がボディーブローのように両手を冒し、結構、腕が疲れます(^^;;

神原さんにお話しすると、

「ホイールバランスじゃなければ、サスペンションだね」

とばかりにフロントフォークを点検し、前輪のガタを発見。フロントフォークの取付位置のズレを調整して、あっという間に直してしまう手腕は見事!

なんというか、経験値の差というか職人の技術を見せられた気がいたしました、、、。

オイル交換をしながら、色々な話題に花が咲き、17:30にお店にお伺いしたのに、帰る時間は20:30。なんと、3時間も立ち話をしてしまっておりました。

Shopの神原さんとは、仕事関係、趣味、共通の知人とかぶるところが多く、話も尽きず行くたびに長居してしまいそうな予感がすでに発生中(^^;;

技術も人柄もとても良い店主さんで、オススメです。

一緒に話しをしていた二人も、

「このAdventureの音いいですねぇ。これにアクラボビッチのマフラーを付けると、ますます低音が上品に響きますよ」

とのこと。うぁーっ、こりゃアクラボビッチを買うのも秒読みかな、、、。

さて、明日は喜多方ラーメン食べて、林道走ってこようっと。もちろん、Adventureで!

追伸:栃木のアドベンチャー乗りさんの話しも神原さんから出てましたよ。なんか、新しいバイクに興味津々のご様子で、、、。
新しいの買う前に、Adventureでご一緒しておきましょうね(笑)

posted by HEIZO at 01:47| Comment(14) | KTM 990Adventure

2009年03月30日

690kmの旅(というか高速旅行)

3月28日(土)。とうとう3年間お世話になった神戸の土地を離れる日。朝、5時台に起きて最後の電気関係の配線を梱包。

岡本駅近くの「春秋カフェ」へ、妻と二人でモーニング。

引越が14時に終わるので、それから管理会社の人との立ち会い、そして出発という予定だった。妻は新幹線&スーパー日立、私はKTM990Adventure(笑)

と言うのも、会社の規定では車かバイクどちらか1台は会社負担、その他は自費で、ということになっているからだ。ちなみに、KTMを会社負担、KLX250を自費負担にするといくらになるか聞いてみた。

47,000円

だそうだ。これは、自走するしかないという結論に達した。

「でも、立ち会い終わってからここを出発すると何時になるか分からないわよ。先にでたらどう?」

という妻の鶴の一声で、9時には立ち去ることにしたのであった(^^;;

地図ソフト上は650km、時間にして7時間半(ノンストップで)という長距離。早く出るにこしたことはない。

結局、15時に出る予定を早め、9時11分に神戸を出ることに。ちょうどETCが割引になる初めの土日ということで、多少の混雑は予想されたが、いざ走ってみるとたいしたことはない。

とりあえず、初めの走りはノンストップ240km、上郷SAで給油&休憩。なんとなく自画像を撮ってみたりした。
RIMG0778.JPG

次は浜松SAで「鰻」を食べながら鋭気を養おうと思っていたら、もの凄い混みよう。高速からSAに入る入口から渋滞。

(こりゃだめだ)

とばかりスルー。その次の富士川SAまで180kmを走破。このSAは道の駅富士川楽座も併設されている大きな所。給油しながらお兄ちゃんに名物を聞くと、

「いやぁ、特に名物というものはないですねぇ。あ、楽座の中に鰻屋が入ったみたいですよ。食べたこと無いので美味いかどうか分かりませんが、、、」

とのこと。「鰻」といえば、前回のツーリングでも食べ損ねた食材。これは、食べるしかないと言うことで、オレンジ色のパワーウェアー姿でズンズン奥へ入っていく。

いつも思うのだが、ライダーって何でレストランで食事しないのかな。大衆食堂や出店で団子やたこ焼き買って食べてる人多いな、なんて考えながら、一人、窓際の席に座って

“ダブル鰻重”

を注文。ダブルってことは鰻が倍載っているということだ。楽しみ。待つことしばし。

お、来た!!

RIMG0782.JPG

美味い、美味すぎる!!疲れてお腹も空いていたせいもあるが、美味しかったぁ。そして、窓の外の景色もまた綺麗。

RIMG0781.JPG

しばし、本を読みながら休憩し外へ出て写真を撮る。
RIMG0784.JPG

なかなか混んでいて、繁盛しているようだ。

さて、残りをかっ飛ばして行くぞ、と気合いを入れる。

ここからは、ノンストップで首都高へ突入し、渋滞に巻き込まれる。都会のライダーって可哀想と思っていると、早速、後ろからやって来た。

首都高は道が狭く走行車線と追い越し車線の両側とも路肩が無い。

そんななか渋滞に捕まると、とてもしんどい。が、首都圏ライダーは車と車の間を普通にすり抜けしていくのだった。

(す、凄い、、、)

みんな普通に抜けていく。メガスポーツの人達も抜けていく。

メガスポーツが抜けられて、990Adventureが抜けられないはずがない、とばかり私も抜けていく(^^;;
横幅があるので、SSの人達みたいには行かないがジグザグに進みながら要領よく抜けていく。

というのも、Adventureですり抜けを始めたのは、ストップ&ゴーを繰り返すことによりクラッチを握る左手が攣ってきたからなのだ。(><)

なんとか渋滞の首都高をすり抜け作戦で抜けると、やっと常磐道。最後に茨城県に入ってすぐの守屋SAで休憩。
RIMG0787.JPG

(ふぅ、あと80kmか、、、)

給油を済ませ、一路、水戸市内ホテルへ。18時半にようやく到着。

(ふう、嫁に勝った!まだ、着いてないみたいだ)

とちょっとうれしくなった。トリップメーターを見て見ると694kmの表示。

(あれ、642kmと地図にあったのに、、、)

後で見返してみたら、新名神を通らず関ヶ原の方を回ったので52kmも遠回りになってました(TT)。

私のナビX-ROADは地図が古く、新名神が掲載されておらず遠回りになったというのが理由。長距離走る際は、よくナビの行路もチェックしておかなくちゃ、というのが今回の教訓。

いやぁ、さすがに1日で約700km走るとそれなりに疲れる。けれど、ずっと直線なので面白くないことこの上なし(^^;;

走行Logもこれだけ長距離になると単なる線に見える(^^;;
090328Log.jpg
posted by HEIZO at 23:36| Comment(8) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2009年03月21日

送別酷道(!?)ツーリング

おはようございます。
本当は昨日3/20(金)に書くつもりが、不覚にも疲労で撃沈してしまいました。最近、早寝早起きの習慣がついていて、一昨日は夜10時に寝て、朝3時に起きていたので、まぁ、10時超えると眠くなるわけです(^^;;

さて、昨日はDUCATIの友人、友蔵さん発案の「HEIZO神戸さよならツーリング」に参加してきました。

結局、色々な人の意見を聞きながら私がプランニングしたのですが、最終日には総勢7名というそこそこの人数。

(これはきついかな、、、)

と思っていたら思った通りになりました(笑)

前日の天気予報では、午前中雨、午後から曇り後晴れという厳しい状況。前日の連絡では、

「雨だったら行くの止める」

という方々が多数。朝7時のアメダスでも、集合地点の東大阪付近は小雨。それ以外の今日ツーリングに行くコースは見事に雨が上がっている、それ以外は降っているのに(^^)

(自称)晴れ男のHEIZO君パワーが勝った!

神戸は晴れ、宝塚と天王寺は曇り。大丈夫でしょうということでしたが、大事をとって集合時間を1時間半ずらすことにしました。

すぐみなさんにメールをし、とりあえずOKと思って今日、出動予定のKLXの手入れをしていると、マンション裏にバイクのエンジン音が。

もしやと思い、行ってみると、DUCATIのMさんが来ている(^^;;

天候の関係で1時間半予定をずらしたことを伝えたところ、適当に時間をつぶしてくるとのこと。

そうして、予定の時間近くなって、彼からメールが、、、。

「朝マックしようとしたら看板にミラーをぶつけポッキリ折れてしまったので、ディーラー寄って修理してから行きます」

とのこと。あらら、、、。

一人でKLXにGARMIN OREGON300をセットし、西宮の神社前でハーレ乗りのTさんと合流。一路、東大阪へ向かう。

GARMIN OREGON300は至って快調。正確に次の方向を示してくれる。やはり、ナビになれちゃうと、ナビ無し走向は不安になりますね。

無事、10時25分にローソン到着。む、誰もいない(^^;;

場所が難しかったか、はたまたトラブルか、、、。誰も来ないので、ガソリンを入れてくることにし、ガソリンを入れて戻ると、友蔵さん、まんまるさん、まんまるさんのお友達のYさんが到着。

しばらくして、チャン・ドイ氏から30分ほどで到着する旨の連絡と、Mさんから断念の報告がありました。

あれ、一人だけ連絡がない!VFR乗りの元気な女の子、浜ちゃんから連絡が無い。すぐに友蔵さんに連絡を取ってもらうことに。

「あっ、2件も着信あった。すぐ連絡しなきゃ」

だって(笑)連絡すると、彼女は解散地点の道の駅に集合していたのでした(^^;;;;;

これにはみんなもびっくり。

その後、チャン・ドイ氏がレンタルバイクのハーレで到着。本日のルートを確認。

(1)国道308号線 暗がり峠越えルートと迂回路の組に分かれる
(2)宇治でまっちゃスイーツをいただく
(3)近江今津の「西友」で「ひつまむし」を食べる
(4)時間をみながら琵琶湖を一周して解散

(1)の国道308号線は、別名こくどう308号線と言われ、狭くて急坂なのが名物。まんまるさんが、ZZR1400の友人が「死ぬ思いで通った」と聞き、俄然行きたくなったという名所。

ハーレはともかく、DUCATIの友蔵さんも、

「私がナビつきなので、私が誘導しないとみんな迷うから」
(んなことナイナイ!)

と適当な理由を付けて迂回組へ。結局、私とまんまるさんで峠へ、他のみんなは宇治へ直行。

308号線をとことこ走って、ようやく入口へ到着。
RIMG0748.JPG

これって、民家への入口ちゃうんかい?ってくらい普通の狭い通り。しかも、一方通行。

ここはGARMIN OREGON300の出番とばかり、地図を見ると、迂回して行ける道が、、、。細い道を通りながら本線にでると、そこはびっくりするくらいの急坂。しかも狭い。

RIMG0752.JPG

振り返ると、、
RIMG0750.JPG

こうして写真だと、急坂に見えないのだけれど、実際の目で見ると結構な坂。なおかつ、この坂の両側に人が住んでいるのも驚き。これからもっともっと急な坂を登坂していくのですが、上の方に普通に人が住んでいるんですよ(^^;;

RIMG0753.JPG
ここはタイトな急坂の一つ。わざわざ、上にバイクを置いて写真撮りにもどりましたよ。

RIMG0758.JPG
ここが峠。お土産物屋まであります。

ここを超えると下りになり、奈良県へ抜けます。大阪側は妙にキツイのですが、反対側はそうでもなく、ちょっと急な坂道って程度。

何人ものハイカーとすれ違いました。ここはハイキングコースとしても有名みたい。

さてと時計を見ると、もう12時半。当初の予定は宇治着10:30だったのに、2時間ずれても、宇治到着時刻(汗)

ちょっと急ぎ気味に走るも、宇治で合流できたのは14:00すぎ。
ようやく、ここで浜ちゃんと合流。

結局、近江今津駅の絶品「ひつまむし」は時間的に食べるのを断念し、宇治見学に変更(笑)

こんなのや
RIMG0761.JPG

こんなの
RIMG0765.JPG
を食べて談笑して帰りました。

帰りは、Tさんがスイーツを食べる前に帰り、チャン・ドイ氏がレンタルバイクを返すのに急いで帰り、友蔵さんは高速乗って帰ると帰り、残りの4人で下道で帰途につきました。

ところが、途中で浜ちゃんが脱落。

私、まんまるさん、Yさんの3人でしばらく待つも姿が見えず。

結局、3人でしばらく走り、三々五々散るように別れて帰りました。

結局、浜ちゃんはツーリングしたのだろうか、、、、疑問が残る1日でした(笑)

追伸:友蔵さんから、木曜日に彼の会社で重い荷物を「送別の品ですが、これは明日、そのまま持ってきてみんなの前で開けて下さい」との事でしたので、重いなぁと思いながらも持って行き、昼食の場で開けたら、KTCの工具セットでした。ワーイ\(^○^)/
スペシャルプレゼントありがとうございます!
大事に使いますよ。

あ、本日の走行ログです。
0320Rooting1.jpg
posted by HEIZO at 09:13| Comment(8) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2009年02月16日

土曜日はKLX、日曜日は990Adv

ここ神戸の土日は、どちらも好天に恵まれ、本当にバイク日和な週末でした。

土曜日なんて気温18度ですよ。春並みの陽気です。土曜日は夕方からちょっとばかし用事があったので、午前&夕方までの時間が空いている。これはもう、慣らし運転の済んでいないKLX250を出動させるしかない!

ちょうどお昼くらいに、幻の淡路バーガー(って一回行き損ねただけだけど)にチャレンジ。

事前にナビに登録してあっただけあり、一発でたどり着く。さすがはナビゲーション。

RIMG0614.JPG

こんな感じにタンクバッグのクリアホールダーにナビをたたき込み、バッテリーで可動させてます。ただ、KLXの形状から、どうしてもシートの上部にバッグを乗せる形となってしまうため、林道などポジションを変更させる必要があるコースでは邪魔以外の何者でもない。まー、臨機応変につかっていきましょうかな。

さて、お店ですが着いてびっくり。なんと掘っ立て小屋テイストなバラックみたいな木造の作り。それなのに、人が店から溢れて結構ならんでいるではないですか。目の前の駐車場には、ツーリングライダーと思えるおやっさん&お兄さん達が5人くらい。その他一般人も列んでおり、私はその最後尾に列ぶ、、、、、はずもなくスルー(笑)

実は家を出る前に、玄米おいなりさんを4つも腹にたたき込んでいたので、お腹が空いていなかったんです。しかし、時間的にもコース的にも最初に寄る方が良いと判断し直行したのですが、こんなに列んでいるとは、、、。また、今度にしようっと。

そして、向かった先は、KTMショップIMPALA。パニアケースの修理を頼んでいたのですが、カギを渡すのを忘れてしまったため、修理が進まないとのこと。それを届けにいったというわけです。カギを渡して、明日のプラザ坂下の会合には参加する旨を話し、そそくさとそこを後にしました。

というのも、社長が昼食中でしたので、、、(^^;;

そうなんです。明日は三木アネックス撃沈劇から多少トラウマになっているモトクロス&エンデューロコースの大阪バージョンをKTM Bigオフの仲間で走ろう会なんですよ。いや〜楽しみ。

さて、伊丹のShopまで来たので、近くのバイク7により、オフヘルメットを被りまくり自分のサイズを確認。Arai、SHOEIともにLサイズがジャストフィット。後でネットで探した安いショップに注文入れようっと(笑)被るだけだと悪いので、KLX250用にハンドルバーに付ける「バーパッド」を購入しました。

その後は、慣らし運転のために敢えて遠回りな帰路を選択。宝塚から六甲山縦走ルートで家路につくことに。

さすがに六甲山の上まで来ると気温もさがり、ちょうど良い感じ。左右に登山道入口が見えると、ついフラフラとそちらへ入りたくなる誘惑に駆られてしまうのはオフライダーの性か。

六甲山展望台あたりまで来るとさすがにお腹が空いてきたので、神戸の街と港が見える特等席でハッシュドビーフを頬張る。
RIMG0613.JPG

いや〜良い天気と良い景色だ。

ここで一休みした後、家に帰る。

今日の走行Logはこんな感じ。
yj.jpg


さて、一気に日曜日も書いてしまいます。

日曜日は待ちに待ったプラザ坂下でのBig OFF走り会。本当はShopの990Adventure試乗会なのですが、それだけで終わらすのも何なので、みんなで走ろうということになっている訳です。

2週間乗っていないAdventure号。バッテリー上がりが心配だったのですが、セルを回すと一発でエンジン始動。さすがに新品バッテリーは能力高い(って当たり前ですな)。

しかし、990Adventureを運転してみて再認識したのですが、

“KLX250とは格が違うよ、格が!!”

ってこと。比べるべくもないのですが、この爆発的なトルクと安定感はやっぱり990Adventure。乗っていて本当に楽しいと思うバイクです。こいつにナビを装備し、阪神高速をかっ飛んで現地に向かいました。

前回の三木アネックスパークでお会いした方も何人か見えており、早速、マシン談義に花が咲きます。一般の方も練習に来られているみたいで、総勢40台くらいのオフ車が集まっていました。

さっそく、コースを一周走り、一休み。また寒くなったら一周走って、、、を繰り返し、あっという間に夕方。

最後はIMPALA社長から直々にライテクの基礎を教わって幕を閉じました。

あらためて思うのが、この990Adventureのオフロード走破性です。こんなエンデューロコースを250や400ccの連中と一緒になって走れるリッターバイクは、世界広しといえどもこいつだけではないでしょうか。

あ〜面白かった。また、ここで知り合ったお仲間を誘って来ようっと。しかし、このコースをKLX250で全開走行するのも楽しそうな、、、、。

コースはこんな感じで、広く走り易いです。
RIMG0616.JPG

RIMG0619.JPG

そして、今日のGPS Logはこんなもんです。
j.jpg
posted by HEIZO at 00:14| Comment(5) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2009年02月03日

日曜日は、、、

朝、妻と一緒に、神戸岡本の春秋カフェという喫茶店(400円)でモーニングをし、私はサンドイッチ、妻はワッフルセットを注文。1時間ほど食べて、それぞれに別れました。(って妻は仕事に行っただけです)

その後、私はというと、KTMショップIMPALA(インパラ)に出かけ、

(1)パニアケース カギの修理
(2)ホールバランス調整

パニアケースのカギは度重なる転倒の際、大事な990Adv本体をガードしてくれたためについた名誉の勲章(笑)

pjA^Q.jpg

中の金具がねじ切れてしまって閉まりません。

ホイールバランスは、昨年度からどうもおかしく、タイヤを交換したばかりでもおかしい。(普通はタイヤ交換時に調整すると思うのだが、、、)

結局、前輪に40gほどのウェイトをつけて調整完了。休みの日に速度を変えて走って試めそうかな、、、。

ホイールバランス調整の間、店内で待っていると、30代半ばの夫婦がAdventureを見に来ました。やはり、これだけ色々な雑誌に掲載されると宣伝力が違うのか、まったくKTM初めての方も訪れるらしい。

ご主人の方は、ふんふんいいながら社長の説明を聞いていました。なんでも、990AdventureとR1200GSのどちらを買うか迷っているとのこと。

社長はしきりにオフの走破性を力説するのだが、当の本人はオンロードばかりしか乗らないみたい。

私的には、

“オンロードだけならR1200GS、オフと両方走るのなら断然990Adv”

と、説明したかったのだけれど、営業妨害になりそうだったので、じっとガマンの子(^^;;

一人でも仲間が増えるのはうれしいのだけれどね。

帰りは、「美味しい」と噂の「魁力屋ラーメン」なるものを食べに行く。おお、さすが、13:40だというのに人が列んでいて、30分後にようやく食すことが可能に。
Image1731.jpg

なんていうか、こってり系で、ヘルシー派の私はお腹がいたくなってしまいました(TT)

3時近くに店を出ると、なんと雨が降りそうな空模様。それに、めっちゃ寒かったのでそのまま家に帰りました。

あー、4日のKLX納車が楽しみ!!
posted by HEIZO at 07:54| Comment(3) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2009年01月07日

雑誌を見ると、、、

ここ一週間で3〜4冊のバイク雑誌を買ってしまいました。
まず、これ。
RIMG0511.JPG

09モデルの国産車(海外バージョン含む)が掲載されていて、私が狙っているKLX250が意外に評価が高かったのに気を良くしてしまいました。やはり、KLX250かなぁ。色はグリーンを考えているのですが、

妻「緑きらい。バッタみたい」

後輩「黒がかっこいいですよね。なんか渋くて。緑はオフロードオフロードしている気がします」

F氏「黒かっこいーじゃないですかぁ。これだとウェアーも今のものを着られるので新しいやつを買う必要ないですよ」

うーん、3人とも黒をすすめるかぁ、、。でも、KAWASAKIと言ったらやはり「グリーン」でしょ。

人に惑わされず「自分の好きな色を買う」。これでこそオイラだ(って良く分からないけど、やはり緑がいい)

そして、次なる2つの雑誌。
RIMG0512.JPG

RIMG0513.JPG

私が愛読している2雑誌です。
オフファンにはよく知られたGARRRRには、今回、

これでもかっ!

ってくらいKTMの特集があります。

DUCATI、HALLEY、BMW、すべて専門の雑誌があるのに、KTMはなぜか存在しない。ひじょーに寂しく思っていた矢先に、この膨大な特集。是非、買いです!!

さて、KTMの09モデルが出そろった中でも、特に私が注目しているのは、690Enduro−Rと990Adventure-R。両方とも現在のものよりかなり戦闘力がアップしている。

さらに990-Rにはイモビライザーやハザードランプまでついているみたい。いいなー。

これで、これから購入する日本のユーザーも増えるのではと、夢は膨らみますね。KTMバンザーイ!!

posted by HEIZO at 21:04| Comment(9) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2009年01月05日

09年 Adv初乗り

今年の夢というか目標は

(1)北海道の林道をKTM990Advで満喫する
(2)エンデューロごっごにリベンジし完走する
(3)全県バイクで走る(分割日本一周)

この3つです。北海道は夏休みと決めているので、とりあえず(2)の草エンデューロレースリベンジのための秘密兵器偵察に行ってきました。向かった先は赤男爵(レッドバロン)。

骨折治療中に新車見積もりを頼んだ際、何だかんだ言って一番安かったんですよね、このお店が。

目的はKLX250。もう、DJEBELはあきらめというか、990Advと用途がかぶるため、次の一台は高速に乗れて、草レースも林道も楽しめるやつが欲しいのですよ。

前のXTZ125Eに引き続いてYAMAHAも捨てがたかったのですが、レーシーなWR250Rは高すぎ(最低でも乗り出し価格65万円は行きそう)、同じくレーサーのWR250Fも同じくらい高い、SEROWはエンジンがマイルドなのと、シート高が低すぎて疲れそう(^^;;スズキは、、、DR-Z400、もっと軽いのが欲しいよ、ってことで、KLX250狙いになったわけです。

07年までのモデルはキャブ仕様で、高回転型エンジンだったのが、08年からインジェクションに変更され、エンジンも中回転のトルクがアップしたとのこと。つまり、

街乗りOK
高速OK
林道OK
草レースOK

のOK4つ。

安い中古をGooBikeやBikeBrossで目を皿のようにして毎日チェックしていたのですが、中古が高い!新車と同じくらいの値段で売られています。ならば、新車で安いのを狙った方がよいではないかと、期待しながら赤男爵に行きました。

年賀状出しついでに寄ってみたのですが、「1月4日から営業」のノボリが店頭に立っているのを遠目で発見、早速、立ち寄りました。

お客は、、、、、

ぜんぜん、いません。私、独りでした(笑)

早速、08モデルの中古を探してもらいましたが、1台のみ、それも43万円+αとのこと。うーむ、新車なみ。であれば、当初の予定通りちょっと無理して新車にした方がよさげ。

年賀状を兼ねてKTMから届いた「06年 250EXC 56万円」というお知らせがチラっと脳裏を横切りましたが、中古で56万円というのもちょっとな、と思い直し、KLX250に集中することに。

昨年末にKAWASAKIから09年モデルの発表があり、型落ち新車のため狙い目と思い、店員に新車もお願いすると、さきの中古車と同じお値段で手に入るとのこと。

ど〜しようかなぁ。

「今なら、黒と緑両方1台ずつありますよ」

だって。黒は990Advとかぶるため、緑がいいな。冬はバイクがあまり売れないので、春まで待ったらもうちょっと値は落ちますかねなんて聞いてみると、敵もさるもの

「ベテランの方は、Newモデルが発表された直後の冬場こそチャンスと考えて買いに来ますよ」

なんて言われてしまって。

うーん、悩む。この先行き不透明な不況の時代にもう一台増やしてもいいのかという大人の疑問をかかえながら。

家に帰ってから妻にそれとなくもう一台の話しをしてみると、

「それを買うか決める前に、ベランダの自転車と使ってない荷物を処分しなさい」

とのこと(^^;;

ま、バイクを買わずに海外旅行を選択したのが功を奏しており、もう一台買うことに関しては諦め模様のよう(チャンス!!)

ちょっぴり決断を保留にして、初乗りを赤男爵だけで終わらせるのも寂しいので、HEIZOの庭である六甲山までひとっ走り行ってきました。

さ、寒い。上はKTMジャケット(インナー付)でそれほど寒くないのですが、下のジーンズがなんとかんとも。

いつもならライダーだらけの六甲山頂ですが、バイクは私独り。

山頂のカフェでコーヒーを飲んで帰る時に、DUCATIのムルティストラーダ1000Sのお兄さんというかおじさんとお会いしたくらい。

帰り道が凍る前に走り抜けることに。どうやって、資金繰りするかを考えながら家路につきました。

中部、近畿、四国、中国のオフライダーのみなさん、一緒に行きましょうね、林道。KLX250で馳せ参じますぜ!!
posted by HEIZO at 01:16| Comment(6) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2009年01月01日

09年 明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、今年はどんな年にしようかなと考えましたが、バイクに関しては次の目標を立てました。

1.草エンデューロレース完走する
2.その前に、250ccのセカンドバイクを手に入れる
3.990Advで北海道の林道を一周する

ま、このくらいのささやかなところから行こうかなと(^^;;

さて、1と2を叶えるためには、まずは250cc探しからいかないと。

思い出すのが、昨年のこのくらいの時期に、雪山に990Advでずんずん行き、スタックして引き返せなくなったりしたこと。今となっては良い思いでですが、その後も、山中でパンクしたり、坂道でこかしたりして

(軽いバイクが欲しい)

という気持ちはいや増しにも強くなっていきました。

990Advでは無理な場所も、車体の軽いXTZ125(前に乗っていたバイク)ならなんのその。いざとなったら、人力で押してスタックを抜け出すことも可能。河原へ下る無茶な泥坂も、XTZ125なら独りで脱出可能。ああ、今から思うと、本当に良いバイクだったなぁ。

それに、元旦に北海道の宗谷岬で日の出を見るツアーも行ってみたいし、、、。(誰か行きませんか?)

つい先日、同じ990Adv乗りのbike&gpsさんが、先行き不透明なこの時期にスズキの名車、DJEBEL250XCの中古を購入されました。実は、このDJEBEL、250ccなのに17Lのビックタンクを標準装備。満タンからの航続距離が500kmを越えるという超旅バイク。通常の250ccが7L〜9Lなので、いかに大きいかが分かります。

さらに、このクラスでは結構馬力もある方なので、林道でもきびきび走れるんじゃないかなと私も狙っていました、つい最近まで。

ところが、先日のエンデューロ草レースに990で出場し、見事撃してしまった悔しさが尾を引いていて、

(ある程度のレースも走り抜けるマシンがいい)

と欲を出したところ、DJEBELよりレーシーなバイク目移りしたのでした(^^;;

候補に上がっているのは

1.KLX250(08年以降のモデル)
2.WR250R
3.WR250F

の3台。お亡くなりになったXTZ125がYAMAHAだったのもあり、YAMAHAのあの色とテイストが忘れがたく2と3を候補に含めたのですが、いかんせん

(高い!)

WR250Rに至っては、中古でも53万円。WR250Fになると、安い物はレーサー仕様で保安部品(ウィンカーやライトやカギ)が付いていない。結局、これらを付けると中古でも結構いきそう。それに、このハイパワーを私が使いこなせるかが一番の疑問。すると、消去法で1のKLX250になってくる。

しかし、中古はまだまだ出ていないし、中古でも43万円台が底値。43万円というと、KLX250新車の価格と一緒なので、新車で買った方がいいという判断も。けど、登録料だの納車整備費用だのなんのかんので50万円くらい行ってしまうんだよな。

春までに中古が35万円くらいまで落ちないかなぁ、落ちないだろうな、タマ数出てなさそうだし。

セローなら安いのが腐るほどあるけど、ちょっと趣旨が違うしなぁ。

やはり、

1.シート高が87cm以上あるも
2.中速のトルクがあること
3.サスペンションがしっかりしていて草エンデューロくらいなら走れること
4.高速に乗ってもストレスを感じないこと
5.ある程度の旅バイクとしても使えること

この5つの条件をクリアーしたもので探そうっと。あ、あと50万円は越えて欲しくない(^^;;

すると、やっぱりこいつかなぁ〜っ、、、。
08KLX250S8F_LIM-b.jpg
posted by HEIZO at 12:29| Comment(8) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年12月14日

さて、久しぶりにツーリング、、

昨日は1年ぶりのゴルフでスコアも散々であったため、今日は天気も良いし気晴らしにツーリングでもと、KTMジャケットを着込み意気揚々とエンジンを掛ける。

(カチッカチッカチッ)

ん?

もう一回セルを回す

(カチッカチッカチッ)

ふぅ。またしてもバッテリー上がりかないな、、、。

ちょうど、まる一ヶ月乗らなかっただけで、完全に上がるのかいな?冬という時期もあるのかもしれないけれど、これで3回目の放電。

とりあえず、家に工具を取りに戻り、アンダーカバーを開けると、

(ぐわぁぁあっ、、、)

みっしりと、前回のモトクロスコースの粘土が詰まっておりました(TT)

マイナスドライバーで固着した粘土を掻き出す、掻き出す。粒子が細かいせいか、もうもうと砂埃が上がる中、マンションの住人が不審な顔をして私の方を見てる。

(埃、ただの土埃だよ。ガソリンじゃないよ、、、)

ま、ただこちらを見ていただけかもしれないけど、ちょっぴり罪悪感。

ドロドロが固着したバッテリーをよいしょとはがし、室内の充電器に掛ける。

もう、寿命かな、バッテリー。新品買うか、、、げ、定価32,340円(たか〜っ)。

ネットで色々調べてみると16,000円台が最安値。同じ規格の他メーカーのものもありましたが、3,000円というのはちょっと買うのをためらいます、、、。

信頼できるGSユアサのYTZ14-Sをネットで購入しました。

結構、維持費かかるね、このバイク(^^;;
posted by HEIZO at 12:54| Comment(3) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年11月20日

はじめてのエンデューロ(準備編)

先週の日曜日の話しですが、記録を残しておこうと思い、思い出しながら書いていますので、ご了承のほど。(ちなみに、今、観光でフィンランドに妻とおります(^^;; )

----------------------------------------------------------

明日は楽しみな、初のエンデューロコースでの草レース。果たして990Advで走れるのか、MT90 のオンオフタイヤでいけるのか、と様々な疑問を抱きながら、準備をする。

さて、どれを着て出かけようか。ゼロコンマ01秒で結論が出た。もちろん、先日届いたばかりのKTMオフロードジャケットに、KTMオフロードグローブ。下はまだ購入できていないので、Mont-Bellのハイデュラパンツにプロテクターを付けて出発。

(おお、我ながら決まっている。ようやくKTMライダーの仲間入りか、、)

独りご満悦になりががら、バイクに貼るゼッケンを買いに行く。目指すは、西宮のバイク専門店2りんかん。

今回の私のナンバーは67。その番号を目に付きやすい場所で前(ライトの上)と左右に貼り付ける必要があるとのこと。ということで6と7の数字シールを3枚ずつ入手しに行ったという訳だ。

2りんかんの駐車場にバイクを停めてチェーンを見る。

(どれどれ、オイラー君のお陰でさぞかし濡れ濡れになっていることだろう、、あれ?)

オイルを放出する先端のノズルが明後日の方向を向いていた。振動と風圧でノズルの方向がずれたようだ。これでは、道路に貴重なチェーンオイルをばらまいているだけではないか(^^;;

ま、その問題は後で片付けることにし、とりあえず、シールを入手する。入手が完了したら、次はスコットオイラーの取付補助部品探しだ。すぐにそこを後にし、今度は伊丹のバイク7へ向かう。

店内を探すが

(とくに良さそうなものはないな、、、)

何かの足しになるかと、断熱テープとロックタイト(ネジロック剤)だけを買った。時計を見ると17時近かったため、このまま東条湖近くにある東条温泉へ直行することに。

高速に乗ってタイヤのグリップ具合を確かめる。さすがに調子がいい。

(これならエンデューロいけるかな)

と思ったが、アスファルトとモトクロスコースは訳が違う。ただ、ちょっと気になったのがハンドルのブレ。前に、タイヤの空気圧のせいか、バランサーが狂ったせいか、はたまたパニアケースを付けたためか、色々、試行錯誤し、

(前輪が片減りしたせい)

ということで、自分を納得させたのだが、新品のタイヤでもブレが出ると言うことは、やはりどこかがゆがんでいる可能性が出てくる。今度、ディーラーに持って行った際に相談しなければ。

ブレが生じる速度を見ると80km/h付近であることが判明。タイヤはVの速度コードを持っているので、240km/hまでは行けるはず。ということは、やはり、Adventure本体に問題がありそうだ。うーむ、悩ましい。

高速に乗ってしばらく走り、赤松PAというところでいったん休憩。降りてすぐにスコットオイラーを見ると、やはり、ノズルが外側に向いている。手でぐりぐりやってみるが、ノズルの先端付近を固定してあげないと無理のようだ。

レギュラーコーヒーの自販機でLサイズを買い、ちょっと身体を温めてから温泉に向かってGO!!

高速を運転しながら、前輪のブレやスコットオイラーの装着のこと、はたまた、明日のエンデューロのゼッケンをどうやって貼るかに考えを巡らせた。

(閃いた!!)

逆立ちした暴れはっちゃく(って今の人は知らないか)よろしく、名案が浮かんだ。

(ゼッケンシールを貼る台紙を紙ではなく、白のクリアファイルにしたら良いではないか!)

高速を降りて温泉に向かう途中に、都合良くホームセンターがあったので、迷わず立ち寄る。そこでは、白いクリアファイルが1枚64円で売っていた。1つのファイルから2枚作成できるので、2つ購入。さらにぐるっと回ると、スコットオイラーを補強できる品々が、、、。

ステンレス製の針金、ニッパー、ラジオペンチ、そして作業用の耐油手袋。これらも併せて購入し、ホームセンター駐車場のライトで早速作業。

(明るくて助かるわ)

地べたにドカッと座り込んで、ノズルの位置をあれこれ思案。どうもノズルの先端を固定するためには、配線ならぬ配ホース位置を変えないと無理のようだ。思い切って2本のタイラップをニッパーで切り、大胆にホース位置を変える。

(う、ホースが短い)

そこはなんとか気合いでクリアーし、ノズルの先端を針金で、他のホース部分も針金で固定。すると、遠目からは何も付いていないかのように見えるではないか。
RIMG0001.jpg

(おお、これでよし)

作業完了後、一路、温泉に向かい、明日のことに思いを馳せる。

明日は早起きして走りに行くぞ!!
posted by HEIZO at 14:51| Comment(4) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年11月06日

From United Kingdom

今日家に帰ると、とある荷物が遠方より届いていた。

RIMG0240.JPG

ムムム。蒼い包みが2つ。

中を開けると、

RIMG0241.JPG

READY TO RACE

う、間違いない。このキャッチフレーズは。

RIMG0243.JPG

おお、無事、海を越えてイギリスよりKTM 09モデルのジャケットが届きました。

わーい!!!!

早速、明日、コレを着てタイヤ交換に行こうかな(^^;;
posted by HEIZO at 22:37| Comment(5) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

タイヤがぁぁ

先日の四国ツーリングですり減ったタイヤを注文しようとして、普通のタイヤ屋さんに相談したところ、

・カタログにない
・日本では入れていない

の2つの壁に阻まれてしまいました(TT)

(在庫はあるはず、、、)

と押し切ると、ではメーカーに問い合わせてみますと問い合わせてくれた結果、同じタイヤだけれど最高速度域がが違うというちぐはぐな組み合わせになってしまうとのこと。(一方が240km/h、もう一方が140km/h)そして、高速域でその違いが分かるようになると言われ、それじゃぁと、ディーラーに問い合わせてみました。

すると、専門のタイヤ屋なのか在庫はちゃんとありますよ、との回答。

けど、高いんだなぁ、これが。

前輪が10,000円強、後輪がなんと30,000円強+工賃とな。

なんとかならないかなぁ、この値段。Webで見ると、もう10,000円くらい安くタイヤ仕入れられそうなんだけど、、、、。

次回は自分で脱着するかな、工具あるし、、、。トホホホ
posted by HEIZO at 07:57| Comment(2) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年10月31日

今夜旅立ちます

Image1221.jpgようやく、三連休の予定が決まりました。

会社の後輩と行く四国の旅ですが、彼は前回の大山ツーリングが大いに楽しかったらしく、今度レンタルするバイクをBMWにしてきました(笑)

車種はF800STという、ロードバイク。前回のCB750(ナナハン)での高速走行がよっぽどコタエたのか、カウル付きのツアラーをチョイスしてきました。これを2泊3日で借りて四国を流そうというわけです。

深夜0時30発のジャンボフェリーに乗り、朝5時にスタート。代わり映えしないけど、今年最後の石鎚山を巡り、四国カルストへ(※注意:ドゥカティのF氏はカストロとかスカト×と呼んでいます)。そして、夜は道の駅と温泉とライダーズハウスが併設されている私お気に入りの『ゆすはら』で一泊。

翌日は、先日の転がりにもメゲず、林道三昧と洒落こむ。かの剣山スーパー林道+他の林道を十分堪能する予定。後輩も連れて行こうと思ったけれど、後で恨まれそうなので別行動に(^-^;。この日の夜は徳島で一泊し、翌日、坂出市、丸亀市のうどん屋を目指し出発!うどんを心ゆくまで味わって帰るというコース。

ああ、今夜の会社の飲み会をどう飲まずに過ごすかが課題です(^-^;
posted by HEIZO at 15:25| Comment(4) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年10月27日

今日はメンテナンス日?

先の林道アタックで990Advを転がしてしまったので、土曜日は、じっくりと損傷箇所を日の光のもとで確かめてみました(^^;;

《右前ウィンカー》
RIMG0145.jpg

《右カウル》
RIMG0146.jpg

《右ハンドガード》
RIMG0147.jpg

とこんな感じです。

すぐ修理しないとならないのは右ウィンカー。とりあえず、ビニールテープで巻いているのでカウルに固定されておりますが、外すとブラブラです。

早速、KTMディーラーから仕入れたウィンカーを取り付けることに。実は、部品を注文すると、ウィンカー丸々箱に入っています。そして、気になるお値段はというと、たったの2,000円。や、安い!とりつ作業は、六角レンチで6箇所のボルトを外し、裏からスパナでビスを外すと、ポコッとウィンカーが取れます。そして、新しいウィンカーを差し込み配線をするだけのお手軽修理。

あとは、ゴシゴシと綺麗に磨いて上げました。そして、オートバックスにタッチペンを買いに行き、塗ると、

(色が違う!!)

また、買いに行き、今度はもう少し明るいグレーを塗ると、

(またしても色が違う!!)

タッチペンのキャップと同じ色なのに、塗ると、Advの塗装よりかなり黒い、、、。

ま、いっか。白いキズが入っているより、多少黒い方が目立たない。カウル割れるまでこれで行こうかな、と諦めモード(^^;;

翌日、林道アタックしようかと思ったら、神戸はあいにくの雨。

夜晴れたので、ちょっとその辺を一周してガソリンを入れに行った。その際に気になったのが、セルの回り具合。どうも、バッテリーが弱っているようです(TT)

しょうがないので、先ほどバッテリーを外し、Optimate というバッテリーチャージャーにつないで完了。

RIMG0148.jpg

さて、来週の3連休に行く四国ツーリングのコースを研究しようっと。
posted by HEIZO at 21:36| Comment(6) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年10月25日

KTMジャケット ゲット?

今朝、早起きしたので、懸案のKTM Power Wearをホームページで検索していた。

(かっこいい!)

やはり、KTMのバイクにはメーカーが作っているジャケットがよく似合う。色、形、機能。

実は、先日、壊れたウィンカーの部品を買いに行ったときに、ディーラーの店長からKTM09モデルのジャケットが入荷した話しを聞き、俄然、欲しくなってしまった(^^;;

そして、昨日、DUCATISTのF氏にその話をすると、

「そりゃ、買うべきですよ、絶対。ああ、かっこいい、似合うなぁ、KTMジャケット。見て見たいなぁ。今度、11月のツーリングに見られるんですね。楽しみにしてます!!」

うーん、彼は本当にセールスマンのようだ(苦笑)

と、いいつつもまんざらでなかった自分がいた。

昨晩はPCをつけたまま寝てしまったので、いったん消そうと思いPCの前に座り、友人のブログやら為替レートやらニュースやらを見ていた。ふと、ニュース画面のオレンジ色部分に目がとまり、昨日の会話を思い出したのだった(^^;;
(KTMのワークスカラーはオレンジね)

09モデルはこんな感じ
tn_28227_852066bedbbadd_o.jpg

tn_28234_c148fb69c21c3b_o.jpg

tn_3B8274X.jpg

(かっちょえー!)

Yahoo Auctionから日本の各地の通販店(といってもKTMディーラー)のHPを色々みたけれど、全部同じ値段。皮のツナギほどじゃないけど結構しますな。

今、対ドル、対ポンド、対ユーロ全部に対して円が強いのに安くなってない。おかしいぞ!

と憤りを感じながら、ふと思った。

(そうだ、海外のサイトから個人輸入みたいにして購入すれば、、、)

Googleで調べたら、結構、海外の通販は安い(っていうか、為替の差だけ安く感じる)。ヨーロッパのサイトはその国の言語なので、何が書いてあるかわからん。それなら、イギリスのサイトだ!と調べると、ふむふむ、海外への配送は£20ですとな。£1=150円なので、3000円か。

現時点での話ですが、上記3点を購入すると送料込みでも17000円ほど安い。

(買いだ!!)

思わずカードで決済してしまいました(^^)v

カードで購入する場合、カード会社から請求の来る1ヶ月後のレートになりますが、ドルとポンドは現在の経済情勢からしばらく回復しないどころかもっと下落すると予想されるので、もうちょっと安く買えるかも、、、なんて淡い期待をいだきながら商品が届くのを心待ちにするHEIZOであった。
posted by HEIZO at 07:12| Comment(7) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月28日

またしても四国(その1)

毎週、四国に行っているHEIZOです(^^;;
さて、今回は異色のトリオで行って参りました。
異色の3台はこれです。
IMG_7659.jpg

ま、私のKTMは皆さんご存じとして、DUCATI Monster696にHAELEY-DAVIDSON FXDL(ダイナ・ローライダー)という似てもにつかない3台。それぞれ、走る目的が違う3台で、先週行ったコースをトレースしてみました。

まだ日が昇る前の5時15分に神戸港に集合。いつも利用させていただいているジャンボフェリーに乗り込み一路高松へ。

0時45分神戸発の便にはほとんどいないバイク駐車場に15台くらいのバイクが、、、。ちょっとびっくり。朝の4時45分から走り始める気合いが入ったライダーは少ないってことですね(^^;;

さて、前日の雨もすっかり上がって土曜日は快晴。フェリーの中で仮眠を取り、早速、陸路、石鎚山へ向かってStart。

朝の4時に走ると割と早く着く尾根道入口の寒川トンネルも、に中走るとなかなか進まない。尾根上の景色を見ながら昼食にするため、途中のスーパーでお弁当を買い、ガソリンを給油しひたすら走り続ける。

ふう、ようやく着いた。

ベンチに腰掛けて食べようとも思ったが、野郎3人が密着して食べるのも気持ち悪い。

アスファルトの上に座り込み、そこで食べることに。

IMG_7661.jpg

あ、怪しい。

途中、何台かのライダーが通り過ぎたが、みんな見て見ぬふり。中でも女性ソロライダーは、会釈しているのに見て見ぬふり。そのまま通り過ぎて50m先で停車。

な、なぜだ!!!(ってあたりまえか)

Ducatiのお兄さんは、疲労と満腹で小休止。
IMG_7664.jpg

こんな画像ばかりじゃなんなんで、綺麗な写真も。

IMG_7663.jpg

ここの尾根道をひたすら行き、石鎚山に出る予定が、、、、。

お、おいらのナビが変なルートを示し、尾根道を下りくねくねの細山道を案内し出した。

何の疑いもなく着いてくる二人。

私は途中で

(あれ、おかしいぞ)

と思ったものの行けるところまで行くのが私の性格(^^;;
道は細く曲がりくねり、路面に砂はでてるわ、湿ってるわ、落ち葉が落ちてるわで、Adv意外の2人はしばらくするとミラーの視界から脱落していきました、、、。(ごめんなさい)

道幅が広くなったところで後続を待つことしばし。

(きたきた)

二人ともぐったりした様子。確かに、スポーツネイキッドとアメリカンには無茶な道路設定だった(反省)

これから四国カルストを巡ろうというのに時間は16:30。残りの距離はナビによると到着時刻18:30、あと90km。

これを話したら二人とも口を合わせて

「宿に直行しましょう」

とのこと。もう、飛ばしましたよ(あまり公言できない速度で)。土曜日のうちにガソリン入れて置かないと、宿の周囲70〜80kmはガソリンスタンドやっていない、、、かもしれないから。なんとしても、スタンドのやっている19時くらいまで行かないとね。

3人の努力の結果、18時過ぎに宿(ライダーズイン雲の上)につき、無事、ガソリン満タン、夜の買い出しも済ませて、「道の駅 ゆすはら」の温泉にゆったりつかり、ライダーズイン雲の上の部屋に戻り爆睡。

コオロギの鳴き声を聞きながら、あっという間に夢の世界へ、、、。
posted by HEIZO at 23:39| Comment(7) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure