2008年09月23日

会社の同僚と四国ツーリング

急遽、会社の同僚からメールが来て、

「今週空いてるの?」

とお誘いがあった。先週のADVMに引き続いてなので、どうしようかと0.5秒迷ったが、すぐに決断。

「海を渡ろう」

という彼の要望に応えて四国へ渡ってきた。

折からの台風13号もなんのその。20日(土)の0:45分発、神戸−高松行きフェリーに乗り込み、04:15分くらいに高松港到着。しかし、このジャンボフェリー、いつ乗っても思うのだが、安い。しかも空いている。バイクは予約しないでもOKなんじゃないか、と思うくらいガラガラ。

同僚は大阪のレンタルバイク屋で借りてきたスズキGSR。彼は、こいつがお気に入りだそうだ。

さて、2台連れだって、まずは四国一の名峰「石鎚山」を目指す。

途中のコンビニで軽く朝食を済ませ、心地良い9月の朝の風を受けながらひたすら走る。

国道から山道のワインディングになっても直線とスピードを変えず走り続ける。木々の隙間からの木漏れ日をメットのシールドで受けながら、思いっきり息を吸い込む。

(これだ、これだよ)

朝の澄んだ山の空気を肺一杯に吸い込みながら風を切るこの感覚が忘れられなくて、何度も走りに来てしまうのかもしれないな、なんて思いながらサイドミラーを見ると、ちゃんとGSRがついてきている。

私は、2〜3時間乗りっぱなしでも大丈夫な方だが、同僚は1時間過ぎたあたりから段々とスピードが鈍り、ふと気づいたらミラーからいなくなってしまった(^^;;

5分ほど道の横に990Advを停めて待ってたが追いついてこない。

(もしや、、)

バイクのトラブルでもあったかと思い、戻ると反対方向からやってきた。外見にはなんの異常も見受けられない。

ほっとして合流する。

「どうした、何かあったのか?」

「いや、途中、猛烈な睡魔に襲われて、何回かパッシングして知らせたんだけど、気づかないみたいで、しょうがなくコンビニでガム買ってきた」

「そっか、無事で何より。もうちょっと休みいれるわ」

といった具合で、乗っているバイクにもよるのかもしれないが、GSRは1時間くらいで疲れるそうだ。ツーリングするときは、そのあたりも聞いておかないとはぐれてしまう。

なんとかかんとか、140kmくらい下道を走り、ようやく寒風山トンネルへ(愛媛県)。このトンネルに、尾根へ抜ける山道がある。

うねうねと湿った道を適度なスピードで登っていくと、、、、GSRがミラーから消えた(^^;;

彼、安全運転だからコケの生えているような道は慎重に走っているのだな、ま、一本道だから適当なペースで走り続けよう。

30分ほど走ると、尾根道入口へ到着。

Image120.jpg

ここは、登山道というか、ハイキング道になっていて、この駐車場に車を停めてみんな歩き出すのだ。

四国で天気が良い秋に、ここほど清々しくて絶景なポイントはないんじゃないかってくらい素晴らしい眺めが延々とつづく道。

尾根づたいの道なので、車が来ると2台ようやくすれ違える程度。バイクならなんの問題もなくすれ違える。

伊予富士、東黒森、自念子の頭、西黒森、瓶ヶ森、子持権現山、息吹山、岩黒山と複数の山の尾根を通過して、石鎚山スカイラインに合流する。

その途中のなんて尾根だか分からないところから撮った写真がコレ。

Image122.jpg

Image123.jpg

うーん、美しい、、、、。

そして、石鎚山を抜けて四国カルストまで行き、そこで、少々遅い昼食。

姫鶴荘に駆け込んで、席に着き、座って待っていても一向に店員は来ない。

???

なんだろ、入口のレジで先払いかな、、、と思い二人して行くと、
店員のおばさんが

「ダメ、だめなんです昼食は」

「は?」

「今日はダメです作れません」

「え?団体客とか貸し切りとかですか?」

「そうじゃなくて、材料が足りないんです。ここから10分ほどいったところに天狗荘がありますから、そちらで食べてください」

(なんじゃ、その案内の仕方は、、、、、)

お腹が空いていたのと疲労とで深くは考えなかったけど、もうちょっと案内の仕様があるんじゃないの、おばさーん。

んでとりあえず天狗荘でようやくご飯にありついたのでした。

Image126.jpg

唐揚げ定食をお腹にいれて、ほっと一安心。

ここから30分ほど下って、ライダーズイン雲の上に宿泊。

隣にある温泉にゆっくりつかって疲れを癒し、今日の反省をしながら明日の予定を、、、、、、と思っているうちに睡魔が、、、、。

(長くなったので初日はこの辺で、、、)
posted by HEIZO at 09:56| Comment(6) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月20日

いま、ジャンボフェリー乗り場

Image119.jpg

これから、四国へフェリーで旅立ちます。
990を神戸→高松間往復7590円は、どう考えても安い。

やっぱり四国へはこのルートですな。

さて、オンを楽しんできます。
posted by HEIZO at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月19日

ということで、いきなり四国?

えーと、先日、ADVMを四国で、四国で、と言っていたら、会社の同僚が

「四国行こうぜ、週末!」

と言ってきたので、早速、四国行くことにしました。

今回はAll Onですが、ちょっと早いADVMの下見を兼ねてこれから行ってきます。

向こうからBlog更新するかもしれません(^^;;

まだ、ADVMのレポート書いてないのにぃ、、、、。

ほな、行ってきます。
posted by HEIZO at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月16日

1124kmの旅

昨日の夕方5時半に自宅に到着しました。

全国のKTM Adventureにのる変態野郎方々が集まる年に1度のお祭りです。

こういった同じバイクで集まる大会は、結構、日本各地であるみたいで、メーカーや販売店主催のものから、同士だけで集まるものまで様々です。

長野県松本市の「風穴の里」に集合し、飛騨高山、白川郷抜けて日本海へ。

最後は、能登のなぎさハイウェイの終着点で夕日をみながら解散。

いやー、楽しかった。

みなさん強者で、移動するペースが速い速い。35台以上の大型バイクがもの凄いスピードで山間部のコーナーに突っ込んでいく様は圧巻です。

また、9時スタートなのに林道込みで下道300km移動するツーリングはなかなかです。

今回は、本当に幹事の航さんのりおさんに感謝です。

何回かに分けてレポートします。

“GOAL地点 なぎさハイウェイで夕日をみながら”
なぎさハイウェイ.jpg
(クリックすると写真が拡大します)
posted by HEIZO at 04:49| Comment(6) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月13日

小休止

Image1071.jpgようやく恵那峡SA。
さすがに0時に家を出て走り続けると、しんどい。
神戸を出て、草津PAで休み、養老SAで寝て、ようやく恵那峡へ到着!

これから、駒ケ根で降りて、ゼロ磁場の分杭峠で水を汲み、林道を通って目的地へ行くのだけ。

ああ、眠い(ノ_・。)
posted by HEIZO at 05:37| Comment(2) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月12日

今夜、出発!

台風が近づいたり、空模様が怪しかったりする甲信越の三連休。

私はKTM990ADVを駆り、一路、ADVM4の前日泊地、塩尻高原へ向かいます。

今日やるべき仕事をテキパキこなし、整形外科へ行き、今夜旅立ちます(^-^;

今夜旅立つ理由は2つ。

1.高速道路の深夜割引を利用するため

2.9月13日に起こるかもしれない「東海大震災」を回避するため(笑)

みなさんも聞いたことあるかもしれませんが、ブラジル人のジュセリーノさんが予言した内容です。

名古屋か海南島のどちらかに大地震が起こるとのことです。

高速走行中に大震災も困るので、サクッとかわして信州入りし、朝方、ゼロ磁場の分杭峠で水をくみ、林道を抜けて塩尻へ。

早く着きすぎてもなんなんで、ゆっくり向かう予定。

さ、頑張って仕事するぞ!
posted by HEIZO at 12:52| Comment(4) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年09月07日

タイトル変更と来週について

さてさて、愛車XTZ125 が全損になってしまったので、とりあえずタイトルを変更しました。

いいバイクだったなぁ、XTZ125、、、。

サラリーマンライダーとしては、

(1日で長距離を移動したい)

という希望があるため、どうしても高速に乗れるバイクでないと、ダメらしいのです。

いつでも気軽にすきなところへ行けるはずのバイクなのに、高速に乗れないと

(行く場所が制限される)

形になってしまいます。実際、このバイクで遠出するときは、連休とか土日を使わないとならず、遠くの林道へ繰り出すにも日が限られてしまいます。

購入する日がいつ来るか分かりませんが、次なる後継車は、やはり250ccとなるでしょう。

さて、今週末の土日を使い、リハビリキャンプツーリング&林道へ行ってきました。

(やれる!という自信のついた)

ツーリングでした。久々のテント泊もOKでしたし、林道も左手首を気にせず普通に走れました。

とりあえず、早めに帰って洗車を終え、いまこうしてブログを書いております。

さて、来週のADVM4に向けて足りないもの、装備等を見直さねば。

来週末が楽しみ、楽しみ。
posted by HEIZO at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年08月31日

リハビリツーリング

お久しぶりです。

骨折してから、早2ヶ月が経とうとしています。

バイクもご無沙汰、、、(本当は3週間前から少しずつ乗ってみたりしてます)で、ツーリングというツーリングに行っていなかったので、ちょっと泊まりで行ってみようかと計画しました。

土曜日、曇りの予報なのに午前中は雨、午後から雨が止んだので

(さあ、出撃!)

と思いきや、朝仕事に出かけたカミさんが、お昼ちょっと前に帰宅。

一緒に昼飯を食べて話しているうちに、もう夕方(苦笑)

とりあえず、出撃は翌朝へ。

満を持して、日曜日の10時に出発(遅出)

目指すは、京都府綾部市の「綾部温泉」。

ここは、かつての盟友、CB1300SBを買って一週間しないうちに林道でこかしてしまい、傷心なおいらを癒してくれた温泉なのだ。

重曹泉なので、入るとお肌がつるつる、体がぽかぽか。回りは森なのでマイナスイオンばっちりと、とても癒される温泉です。

ここに入る前に、このすぐ近くを走っている林道を

(ちょっぴり)

下見に行き、その後に温泉入ってご飯食べて帰る予定を立てました。

行きはナビ君にしたがって、とことこと下道を走ること2時間半。
ようやく現場へ着きました。

林道の名前は「君尾林道」。

ここへ行き、ちょっと見晴らしのいいところでお米炊いて昼食をし、ゆっくりしてから温泉へ。

細い田んぼ横の道を北へ進んでいくと、すぐに林道に入る。

左手首の骨折を心配しながら慎重に進んでいく。

さすがは990Adv。リッター車とは思えない軽さでズンズン進む。舗装路を走るがごとく進む。

(意外と行けるじゃん)

林道は整備されており、とてもフラット。リハビリツーリングに最適な林道です。

ちょっと行くと左にキャンプ場があり、その先から本格的な林道コース。

すれ違い用のスペースを見つけたので、そこに停めて休息することに。

IMG_7613.JPG

まずは、テント用のグランドシートを敷き、荷物をその上にぶちまけ、ブーツを脱いで一休み。

お腹が空いているので早速、玄米を炊き始める。今日のお昼はハヤシライス。

こうしてレトルトをコッヘルのフタに載せていると、重し&レトルト加熱が一度になされ、一石二鳥なのだ。

IMG_7614.JPG

こんな日帰りにもガソリンバーナーを持って行くところが“通”でしょ(笑)

こうしてゆっくりとお米を炊いていると、オフロードライダーが一人、二人と通り過ぎていく。

ちょっぴり恥ずかしさを感じながら、右手を挙げてあいさつをすると、みんな同じように返してくれる。

中には林道を往復してくるライダーもおり、2回目には、

(あ、まだ休んでる)

というニヤッという笑顔を返して折り返していくライダーも、、、。

林道横でピクニックは止めようと堅く誓ったHEIZOであった(^^;;

アリさん達の横断にも嫌気がさしてきたので、食べ終えるやさっさと片付け、林道を戻るか、先に進むかしばし考え、先に進むことにしたのでした。

もう骨折してから2ヶ月近くも経つので、さすがに手首も治ってきているようで、多少の振動も十分受け止めてくれている。

(行ける!)

しばらく行くと、大きな轍が連続する悪路になったが、Advにとって、このくらいは朝飯前。

走っているうちに、舗装路では味わえない何とも言えない満足感が体の芯からこみ上げてきた。

(これだ、これなんだよ、俺が求めているのは、、、)

結局、15kmの林道を普通に走り抜けてしまっておりました。

HEIZO君、80%復活!?

これで、全国のKTM ADV野郎が集結するADVM4にも気兼ねなく参加できるというもの。

まってろよ〜、ADV諸君!

posted by HEIZO at 23:39| Comment(4) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年06月29日

久々の更新(四国ツーリング報告!)

皆さん、お久しぶりです。

久々のブログ更新です。

友人からは、「Blog全然更新してないんで、事故にでも遭ったかと心配で、、、」というご連絡をいただき、(^^;;;;という感じでした。

ええ、無事ですし、バンバンツーリング行ってますよ。

長野林道ツアーから帰還後、和歌山日帰りツー、四国一泊二日ツー、そして、またまた、四国一泊二日ツーを終えて、無事(!?)戻って参りました。

なぜ、2連続で四国へ行ったか?

それを語るには、まず、前回の四国ツーリングからお話せねばなるまい。

前回の四国ツーリングは、豊岡で開催された「Love the Earth」で知り合ったBMW R1200GS Adv乗りのKさんからのお誘いから始まりました。

なんでも、岡山のツーリングクラブが京柱峠でミーティングを開催するので一緒にどうですかとお誘いを受け、二つ返事でハイと答えました。

私はジャンボフェリーで、神戸港0;30発、高松港04:10着の便、K氏は姫路から陸路で四国入り。

途中の道の駅で05:00待ち合わせというスタイル。

ジャンボフェリーの存在を知ってからというもの、四国が大変、身近になりました。なんといっても、往復チケットでAdvを運んでも6,990円というのが安い!

神戸−高松間を高速で行こうと、橋だけ渡ろうと、ガソリン代込みでこの価格ではいけません。

さて、5時に待ち合わせて、早速、スタート。

しかし、BMWのアドベンチャーって後ろから見ると、かっこいいですね。それに、結構なスピードでコーナーに突っ込んでも、曲がる曲がる。しかも速い。あの図体からは想像できないくらい高速で安定してます。

私の腕が悪いのか、BMWのK氏の技術が上なのか、はたまたその両方なのかは分かりませんが、追いつくのに必死です。

石鎚山のスカイラインに入り、ちょっと小休止。

IMG_7458.jpg

IMG_7460.jpg

ふう。山並みの美しさに疲れもふっとびます。

この後、狭い道を抜けて四国カルスト(天狗高原)に向かいます。

GWの四国ツーでは雨とガスにやられてまったく見えなかったカルストも、ご覧の通りきれいに見ることができました。これで、リベンジ完了です。

IMG_7466.jpg

さらに、今回は二人でしたので、K氏にライディング姿を撮っていただきました。

IMGP0987.jpg

おお、初めての顔出し(!?)。

天狗高原でちょうどお腹も空いたのでお昼にし、下って道の駅「ゆすはら」、そして、フラットなダートならOKとのことでしたので、剣山スーパー林道を目指すことに(笑)

Adv両巨頭なので、超強行軍。

剣山に行く前に、ちょっと前菜をと思い、フラットで走り易かった「鈴ヶ森林道」を提案。

すぐに受け入れられたので、今度は、私が先導して走ることに。

今度は、ロードと違って、水を得た魚の如くKTMが走る、走る。やっぱり、このバイクはオフロード車なのかもしれない、、、と思った一瞬でした。

あれだけ、速かったK氏のAdvがどんどん後方に、、、。分岐点で待っては合流、分岐点で待っては合流を繰り返しているうちに、ふとバックミラーを見たらK氏の姿がないことに再度、気づきました。

待つこと5分。

あまりにも遅いのでUターンして戻ることに。

(もしも、崖下に居たらどうしよう。急いで、戻らねば)

崖下をチェックしながらしばらく走ると、あ、居ました居ました。

坂の真ん中で横転したAdvの横に、はにかみながらK氏が立っておりました。

「いやー、何回か起こそうと試してみたけれど、全然起きないので、諦めて待つことにしましたよ」

そりゃぁ、そうでしょ。この巨体だもの。

「途中から後輪が滑り初めて、この砂利坂の途中でバランスを崩して倒してしまいましたよ」

(うーん990Advならなんともない坂なんですが、、、。不謹慎ながら、KTM(J)のHPのAdv/Sの説明文を思いだしてしまいました。Kさん、ごめんなさい(TT))

『990AdventureSがオフロードポテンシャルを発揮すると、名ばかりのアドベンチャーは道を譲るしかない。』

とりあえず、おきまりの記念撮影をいたしました。

IMG_7483.jpg

顔は加工してありますが、ほんとに爽やかな笑顔でした(笑)

さて、あらあらと思っていたら、今度はこっちの番でした。ロードに戻りしばらく走ると、ハンドルが取られて思うように曲がりません。

いったん停止して前輪を見ると、みごとにぺっこり凹んでいます。

どうやら、あの林道走行中にパンクしたようです。

檮原に行く途中の津野JAのGSでガソリン入れついでに空気を入れると、

「シュッーーーー」

という音が。

パンクでした。

初めてのパンクでK氏も私もどうすればいいのかよく分かりませんが、とりあえず、前輪を外し、ビードを落とし、タイヤレバーでこじってチューブを取り出すと、縦に1cmくらいの裂け目がありました。

リムをのぞき込むと、リムとチューブの間に敷いてあるゴムがずれており、林道のでこぼこでスポークネジの裏に当たって裂けたようです。

「そう言えば、前輪の空気圧が低めだったからブレが激しかったのかも、、、」

と、ここに来るまでの予兆を今さらに気づいても後の祭り。

四苦八苦しながらチューブを取り出し、修理したまでは良かったのですが、チューブを中に入れ、ビードを押し込むときに、タイヤレバーでチューブに穴を空けてしまったようです(TT)

空気を入れた途端に、ぷしゅうと抜け、もうお手上げ。

一番、近くのバイク屋さんが30kmという僻地のため、どこに電話しても断られます。

「あ、そんな遠いところまで出張できないね」

とか、

「ああ、外国のバイクはうちやってないんだよね、、、」

などなど。

しょうがないので、高知のレッドバロンに掛けると、

「うちで買われた方ですか?違うなら、準会員という形で、会員になっていただかないとダメです。当社は当社で買われた方のみの専用工場となっておりますので、会員になっていただく必要があるのです。ハイ、年会費30,000円です。さらに、そこまで行って引き取るのに、もう30,000円。あと、修理代と工賃がかかります」

おいおい。60,000円あったら、モンキーかなんか中古で買えるだろ!

もちろん、断りましたよ。

結局、修理もままならず、津野JAのスタンドの好意で、ピットをフルに使わせてもらっただけでなく、前輪外した状態で、お泊まりさせてもらっちゃいました。ソファーまで提供していただいて、、、。

うう、なんて、津野の方って親切なんだ(TT)

K氏はソファーでそのまま寝てしまい、私は、地べたにグランドシートとエアーマットを敷いて、シュラフ無しで寝ました。

IMG_7485.jpg

明け方、記念の写真を(笑)

翌朝、ちょっとひらめいて、「ライダーズイン雲の上」なら、チューブがあるかも、、、、と思い、電話をしたら、ちょうどそのサイズのハードチューブなら1つだけあるとのこと。でも、修理は工具貸すので自分でお願いします、、、と。

とりあえず、タクシーを呼んで、前輪を積み込み、ライダーズイン雲の上へ。

結局、頼みに頼み込んで、管理人の方に修理していただいちゃいました。

ふぅ、ありがとうございました(^^;

必ず、近いうちにスタンドとライダーズハウスにはお礼に行かなければ、、、と思い、そこを後にしたのでした。

そして、今回のツーリングとなったわけです(^^)

またまた、林道で性懲りもなくパンクしちゃったりした訳なのですが、それはまた、後ほど書くことにします。
posted by HEIZO at 22:25| Comment(7) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure