2008年05月18日

ただ今、帰り道

ただ今、道の駅ですが、とても満喫した2日間でしたo(^-^)o

念願の峯山広域基幹林道→志倉道谷林道→静川氷ノ山林道→竹野海岸ルートが土曜日、そして、今朝からLove the Eearthのゴミ拾い&イベントでした。

キャンプ場ならびにイベントでは新しいライダーさんとお知り合いになれたし(笑)

ただ、走りがハードだったのかどうだかはわかりませんが、前輪のバランサーが外れてしまい、ハンドルがぶれる、ぶれる。
帰ったらすぐにディーラーに出さないと(ノ_・。)


Tomohiko.Shiono
posted by HEIZO at 15:56| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンピンググッズ

2008年05月11日

ストーブについての考察

みなさん、キャンプではどんなストーブを使用されてますか。

私は、PrimsuのP171高出力バーナー(4200kcal/h)と、これまたPrimusのマルチフューエルバーナーEXってやつの2種類です。

P171は現在ではモデルチェンジしてP172となりましたが、基本的な構造は一緒のようです。

ご存じかも知れませんが、ガスバーナーの場合、気温が下がれば下がるほど火力が弱くなるという現象があります。

これは、ガスカートリッジが冷えると、ガスが気化しにくくなるということから来ているので、カートリッジを温めてやるか、もしくは低温用の気化しやすいガス(プロパンやイソブタン)のカートリッジにしなければなりません。

けど、低温対応にすると結構高いんですよね、ガスカートリッジが。さらに言うと、専門店でなければ置いてなかったりして、手に入れるのに一苦労。

その点、ガソリンバーナーの場合は、低温でも強いという魅力があります。また、ガソリンスタンドなら日本全国どこでもあるので、手に入れやすいし、なにより、バイクの燃料タンクから抜くことも可能と来ているので、使い勝手が良いのです。

海外ツーリング行った方のBlogや本を読んでいると、皆ガソリンストーブを使っているので、私もついつい欲しくなり、ネットで購入してしまいました。

ガソリンストーブ初心者の私としては、

「ガスも液体燃料も両方使える方がいいだろう!」

とPrimusのマルチフューエルEXを購入したのですが、買ってから初めて分かる色々なことがありました。

multifuel_EX.jpg

まず、第一に

「ガソリンを使うとクッカーが煤で汚れる」

という事実(^^;;

クッカーだけじゃなくて、ストーブ自体も煤で真っ黒になりますので、お手入れが必ず必要です。

ま、ガソリンの目的は「エンジン内で燃焼すること」なので、色々な添加物(腐食防止剤や洗浄剤等)が入っているようなのでしょうがないと言えば、しょうがない。それが嫌なら、ガスで使用するか、高価で手に入れにくいホワイトガソリンを使えという訳です。

そして、次に分かったことは

「ガソリンストーブは弱火が苦手?」

ということ。ガソリンストーブってガソリンを熱で気化させて噴射するので、なかなか火力の調整がしにくいようなんです。

先日のツーレポでもお知らせしましたが、火力が強すぎて「お米が上手に炊けない」という衝撃の事実があり、先日の四国ツーリングではガスストーブしか持って行きませんでした。

お陰で弱火でお米を上手に炊けたのですが、せっかく高いお金を出して購入したガソリンストーブなので、なんとか使いこなしたい。

そんなことをつらつらと考えていたら、火力調整が効くガソリンバーナーっていくつかあるんですね。

Snow Peak ギガパワーWGストーブ
gs-010.jpg

MSR ドラゴンフライ
dragonfly_xl.jpg

Optimus Nova+
069c218ee72f44026f18769f7fd6790f.jpg

この3つが、「弱火」OKとのこと。

価格はSnow Peakが一番安く定価15540円だけれど、ホワイトガソリンしか使えないのが玉に瑕。ホワイトガソリンってガスカートリッジより手に入れにくいから、これは却下。(とはいえ、最近はホームセンターでコールマンのランタンを置いてあるところなら、一緒にホワイトガソリンも売っているケースが多い)

MSRとOptimusの2つはMSRドラゴンフライが24000円前後の本体+燃料ボトルで27000円くらいの出費が必要。

そして、OptimusのNova+は定価が30450円っすよ、ボトルとケース付きだけど。安いところで買って25000円くらい。

うーん、ガソリンストーブって高いですね。

本当のとろ火はMSRドラゴンフライがお家芸としているみたいで、ご飯も美味しく炊けるそうです。

また、MSRとOptimusはマルチフューエルと言って、ホワイトガソリン、レギュラーガソリン、灯油、ジェット燃料(!?)すべて使用可能というのが優れてます。

とろ火欲しさに、もう25000円出費するのはどうかなぁと思案中のHEIZOでした。

(レギュラーガソリンは燃やすと有害物質が出るらしいので、家の中では使用しないようにしないと、、、、)

posted by HEIZO at 04:15| Comment(4) | TrackBack(0) | キャンピンググッズ