2009年03月16日

GARRRR主催 オフロードスクール(初級者コース)

今日は楽しみなスクール。朝6時に目覚ましを掛け、6時半に目覚める。寝室のカーテンを開けると、朝日が眩しい。

スクールは9時半、集合10時開始。場所はMiki Anex Parkという山の中。前に一度、KTMで参戦したことのあるコースなので、ナビ無しで余裕を持って行ける。

HPの写真を見ていると、みんな本格的な格好をしているので、私もご多分に漏れず、正装で行くことに。

上下ともにOnealというUSメーカーのモンスターエナジーMXジャージ&パンツ。
0030-902o-2.jpg

0142-928o-2.jpg

これが、なかなかKLXに似合うのだ。

さらに、オフロードブーツとオフヘルメットにゴーグルという出で立ち。どこから見ても、

オフ野郎

お昼の暖かい飲物のためだけに、ガソリンバーナーとヤカンのセットをデイパックに詰め込みスタート。

昨日取り付けたZETAのハンドガードが、朝の柔らかい日差しに輝いてかっこいい(オーナーの自己満足)。セルなので、すぐにエンジンは始動するが、しばし暖気の時間を取る。

走り出して気づいたのだが、ネックウォーマー装着を忘れてしまった。3月半ばとはいえ、朝の8時にバイクで走るとさすがに寒い。冬の風がヘルメット内に侵入し、頭にキーンと痛みが走る。

ガマンしてしばらく走ると、頭のキーンも取れ、単に「寒いだけ」になった。とはいえ、寒い(^^;;

20分ほど高速を走るが、回転数を7,000回転まで上げて走っているが大丈夫かなという考えが一瞬脳裏をよぎる。(Kawasakiユーザーマニュアルには1,600kmまでは80km走向でとあるので)まぁ、日本車だし大丈夫とすぐにその事を忘れ、今日のSchoolの事を考えながらひた走り、山陽道三木東ICで降りる。

私の知っているMXコースは、みな人里離れた場所にあるので、お昼は購入していく方が吉。ICを降りて右に行くところを左に行き、コンビニに立ち寄ることに。

コンビニではおにぎり4つと缶コーヒーを購入。戻る途中のガソリンスタンドで満タンにしていると、YAMAHAのレーサーを堺ナンバーの軽トラックに車載した人が隣で給油している。

(あ、この人もMiki Anex Park行くのかな)

と思い反対側の給油機でレギュラーを入れていると、こちら側にまわってきて

「おはようございます!」

と、笑顔であいさつをされてしまった。こちらも、おはようございますと応じたものの、

(OFFライダーって気さくな人多いよな)

と、その時は気にも留めなかった。

会場に向かう途中、さっきの顔とあいさつのことを考えながら走っていて、「あっ!」と気づいた。

そう、彼はHPの写真で見た今日の講師岸下淳さんにそっくりなのだ。私が今日、KLXで参加することを連絡してあったので、それで分かったのかな。

会場に着くと、まだ、全員は来ておらず、一般走行の方とSchoolの方の双方が入り交じってマシンをいじっていた。

9時半に受付に集合すると、色々な格好、色々なバイクの方々が。

MXパンツにMXジャージという出で立ちの人が半数、上はロードのジャケット、下はジーンズという人が半分。

「これ、普段着ちゃう?」

って人が数名(^^;;

(あれっ、HPではみんな気合いの入った格好していたのにな、、)

前にこのコースに来たたときは小雨が降っておりドロドロのぬたぬたマディ。そして、今日も結構な雨の後なので、コースコンディションが容易に想像できる。

(雨の後なので、絶対、ドロドロになるわ)

と思った上でのMX上下だったのだが、受付あたりは乾いている。今日はジーンズでも行けるかもしれない(ニーシンガードないと転けたとき危ないけど)。

でも、遠くに目をこらしてみると、、
RIMG0743.JPG

やはり、ヌタってる。光り輝いているところが、深い泥(^^;;

(School終わったら、走ってみようっと)

コース使用とスクールでケガしても責任持ちませんという誓約書にサインし、お金を払って10時ジャストからブリーフィング。男性11名、女性1名の計12名。女性は、ブロンコにオンオフタイヤを装着しての参加。後から分かったのだが、夫婦での参加らしい。ウチの家内はまったくバイクに興味が無いため、それはそれで羨ましい(^^;;

友達と来る人、一人で来る人様々。

あれ、岡山から来た二人組がブリーフィングに来ない、、、。

と思ったら、MXコースを肩慣らしに走りに行き、深い泥にはまっていたたようだ。ウェアもブーツもぬたぬた(笑)

(やはりオフはこうでなきゃ!)

全員そろったところで、林道コースに移り、そこでオフ車フォームの練習。講師の岸下さんは、元トライアル国際A級ライダーだけあってバランス感覚は抜群。

狭い場所でのアクセルターンやブレーキターンをバリバリ決めて見せてくれました。

(かっこえぇ〜っ)

左回りを一列になって練習、次に右回り、そして左回りでブレーキターンの練習。

今日一番の収穫はオフ車の乗車位置。つまり座るポイントである。

私がいつも座っているポジションは、オフ車では後ろすぎるポジションだったようだ。どうりで二人乗り用のバンドがお尻に当たると思っていた。あれに当たるようでは後ろ過ぎるのだ。

岸下講師に、「前、もっと前に座って」と注意される。

その通り、前に座ると、

(ピタッ)

と定位置についた感じで、マシンのコントロールが自在になる自分に気づく。左右に傾けても安定しているため、ギリギリまで倒し込める。また、倒し込んだところで、アクセルを開けると自然にパワースライドが始まる。

(お、面白い、、、、!)

あまりに楽しくてガンガン倒していたら、前方に座るのを忘れてしまい本日初ゴケ。

(あらら、装着したハンドガードが1日でキズものに、、、)

ま、ハンドガードは手を守るためにあるものだから、キズついて当たり前。それに安いから割れたときのスペアも買っておこうくらいなものである。

12時にお昼休憩になり、13時から午後の部がスタート。

みんなで受け付け辺りに集まり、買ってきたサンドイッチやおにぎりを食べながらオフ談義。やはり、初心者コースということで、オフを始めた方々ばかりのようだ。

我流とは言え、オフを1年以上走っている私が経験者みたいな感じになっているのも変なものだ。

川西市から来たいうDJEBEL200の彼は、手書きの自作名刺を用意し、みんなに配っている。私ももらったが、

(4月には居ない)

とは、その場の雰囲気から言えず、だまっていただくことにした。(^^;;

DJEBELの彼は、知り合ったWR250Rの人にデジカメを渡し、自分のマシンの前でポーズを撮り1Shot。今度は動画モードにしてもう一回撮って欲しいと頼み、普通に走っているところ(まだ、アクセルターンは決められない)とスタンディングで走っているところをとってもらってご満悦。

他の人が、

「ウィリー!」

とか、

「アクセルターン!」

とか叫ぶが耳に入っていない模様(^^;;

ついつい、その純真な彼を見てほくそ笑む私。

オフやっている人って、みんな楽しそう。

ガソリンバーナーでお湯を沸かしていると、その面々がちょっと奇異な目で私を見ているのに気づくが無視(^^;;

一人暖かいレギュラー珈琲をすすり、

(オフはこの一時がいいなー)

と私もご満悦(笑)

午後は、初めにみんなで集合写真。これって顔入りでGARRRRに載ってしまうのだろうか。その時は、Blogでも報告しましょう。

後半は、軽いジャンプ台を超えてからWヒルクライム&崖降りしてブレーキターンの練習。

段々とみなさん様になって来る。

私も始めはこわごわ、慣れてきてからは、体重移動(荷重、抜重)とアクセルワークで驚くほどマシンがコントロールできている自分に気づく。ついつい楽しくてちょっと難しい、ステアケース的な崖にチャレンジしたり(^^)

結構、行けるものですな、KLX君。

体重移動しながら、リアブレーキを踏み込むと、普通にテールスライドしてなんかオフ車っぽい走りに。

あっという間の4時間だった。

スクール最後、フロントアップの方法を岸下講師に教わり、ちょっと練習。彼の手に掛かると私のKLXが簡単にウィリーしたりポンポンフロントアップしたり別物に変身。

(本当に、俺のKLXかなぁ)

とついつい見とれてしまう。俺を言ってその場を立ち去り、K TM990Adventureで撃沈したあのコースに再チャレンジ。

勢いよくコースに進入。

(お、乾いていて走り易い、、、)

と思いきや、裏の日陰にまわったとたんゲロゲロ。何人も通過して深い轍が出来ている(^^;;

日陰のヌタヌタの直線を過ぎると、左カーブ、そしてまたゲロゲロの登り坂。2ndに落とし頑張って登ると、先ほどのスクールのお仲間が3人おり、DJEBELの彼とKLX250(黒)の二人が泥でスタック。

(ま、3人いるから大丈夫でしょう)

と、会釈して隣を走り抜ける。急坂を下って左カーブ、また泥沼かい!泥沼を超えると段々があり左にカーブして登坂。また段々があり急な下り坂と上り坂のMix。

1周回ってブーツもマシンもドロドロ。

さて、もう一周行ってみよう!

もう2周目には、さきほどの3人はもう脱出した後みたい。誰も走っていない貸し切りコースを一人巡って帰還。

同じ08'KLX250で参加の方(彼は黒)が上下ともにドロドロで苦笑い。私のライムグリーンもドロドロ。

お互いドロドロになって笑い合っている。

RIMG0744.JPG

RIMG0745.JPG
しかし、凄いなぁ。ここの泥は粘土質なので、奥の奥まで入り込み固まってこびりついている。

洗車をしてから帰ろうと、高圧洗浄機に向かうとかなりの順番待ち。

待つのが苦手な私は、泥のまま帰ることに。

一緒に学んだ人達にお別れのあいさつをし、早々にそこを立ち去る。

本日、学んだ通り、帰りのカーブで荷重抜重の練習をしながら高速へ。

お腹が空いたので途中、淡河PAに入るがバイクは私一台。

トイレから出てきた兄ちゃんが、私のKLXをまじまじと見つめている。

(へへーん、こんなドロドロのバイクみたことないんだろ。いいだろーっ!)

彼が「このバイクイケてる!」と思うことは100%無いと知りつつ、トイレへ。

ドロドロのかっこで、PAのレストランに入るのは気が引けたので、外の屋台でたこ焼きと缶コーヒーを買い、一人寂しく隅っこのベンチで今日習ったことを思い出しながら軽く腹ごしらえ。

家内と友人二人にメールを打ち返答を待つも、誰からも返答がない。

さらに孤独感を募らせ、帰途へ(TT)。

帰りも同じコースの予定だったので、行きだけの走向Log。
ForJunSchool-1.jpg


【番外篇】
あまりにドロドロだったので、家に帰らず、カーピカランドになる屋外洗車場へ直行。高圧洗浄機のノズルを向けるも、この粘土のやつ、KLXをよほど気に入ったのか、なかなか離れようとしない。6分間の洗浄でも頑固に残った奴らが多数。

しょうがないので手でどけると、

(これ、岩じゃん)

泥にくるまれていた岩がゴロゴロ(^^;;

コインを追加し、もう6分間の洗浄を行い、ようやく見られる程度に。

それでもフェンダーの内側にしっかりと粘土がこびりついていたので、それは手で除去してようやく洗車終了。

ふと、後ろを振り返ると、岩やどろがゴロゴロした洗車スペースが、、、、(^^;;;(滝汗)

そそくさとその場を立ち去ったのは言うまでもない。

今度、このカーピカランドに

「オフ車の洗浄を禁止します」

と張り紙がしてあったら、きっとそれは私のせいかもしれない。

ごめんなさい m(_ _)m



posted by HEIZO at 01:58| Comment(10) | TrackBack(0) | KLX250

2009年03月14日

KLX250 ドレスアップ!!

今日は、会社の送別コンペが加古川でありましたが、あいにくの雨。朝はザーザー降っていて、

(これじゃぁ風邪ひくなぁ、、、)

と思っていたら、プレイする時には完全に雨が上がり、寒いと思っていたら日が照ってきて暖かくなりました。

やはり、これは行いが良いお陰かも知れません(私か、それ以外の誰かのかも、、、)

さて、そんなことより、気に掛かっているのが、KLX君です。何が気に掛かっているかというと、先の木曜日に

「HEIZOさん、長らくお待たせした、ZETAのハンドルとショートブレーキレバーが届きましたよ。あと、ショートクラッチが金曜日には届く予定です」

と赤男爵から連絡があったので、木曜日中にKLXを預けて来ていたのでした。そして、プレイしている最中に電話があり、作業が完了したとの留守電。

もう、ゴルフのスコアなんてどうでもいいんです。早く帰りたくて帰りたくて(^^;;なぜかというと、明日は、GARRRR主催のオフロードスクールに申し込んであり、是非とも、KLX君で行きたいと思っていたところだからです。

かつて雨の日にノーマルタイヤで撃沈したAdv990を、あの三木アネックスパークに再投入したくはなかったので、、、(^^;;

しかし、今日のスタートは朝10時半。お昼を食べたのが14:20という超遅いプレイ。赤男爵は20時までに行かないとならないので、気が気でない、、、。

幸いにして、同乗者の面々も終わったのが18:00だったので風呂も入らず帰ることになったので私的にはラッキー。

家に帰りついたのが18:30。電車に乗っているヒマはないと、タクシーを捕まえ、赤男爵に乗りつける。到着時刻18:40。間に合ったーっ。

ZETAのアーマーガードとショートレバーがついたKLXは見違えるほど攻撃的。

なんか、ちょっぴりうれしくて感動してしまいました(^^)V

家の駐車場に入れる前に、写真を撮りましたのでアップしておきますね。

(フラッシュ焚かないで、長時間露光で撮りました)

RIMG0738.JPG

インパネ周り
RIMG0740.JPG

では、明日、こいつでコースデビューしてきまーす!
posted by HEIZO at 22:45| Comment(7) | TrackBack(0) | KLX250

2009年03月02日

KLX林道デビュー!!

今日はKTM仲間のUさんに、猪名川町の某林道ツアーのガイドをしてもらうことに。

そうです、とうとうKLX君の林道デビューです。まずは、KLX君がどれだけ林道に向いているかをじっくり観察してみることに。

「服が汚れると思うので、お昼は自炊にしましょうか」

というUさんの今日のコースを予測させるようなお言葉でしたが、久々にガソリンバーナー+コッヘルという自炊セットをデイパックに忍ばせ、KTMショップIMPALA前09:00に集合。ちょうどお店が開いて社長の弟さんにあいさつ。すぐに林道へ向けて旅立つ。

ツーリングマップルの林道しか知らなかった私は、こんなに近くに林道があるなど思いもよらず、ワクワク半分、不安半分でUさんの背中を追う。

UさんのバイクはKTM450EXC。結構、スパルタンなバイク。このバイクについて行けるのだろうか?Uさんを信じるしかあるまい(^^;;

「ガレでゲロなところに行きますけどいいですかね?今日、行こうと思っているコースで1か2番目にキツイところですけど」

今日は軽いバイクだし、せっかくの林道デビューなんだからと思い、即座にYesと答える。

キタッ、ガレでゲロ。

RIMG0652.JPG

林道を走るみなさんならご存じの通り、本当にキツイところは立ち止まることができず写真には撮れない。この写真をもうちょっと急にして岩をゴツゴツさせ、水を流したら一番キツイところの情景となる(^^;;

UさんはKTM450を自分の手足のように扱ってガンガン進んでいく。その後から、私はおっかなびっくりついていく。モトパンにジャージという出で立ちで、ちょっと寒かった体がすぐに汗だく。

ちょっと先でUさんが待っていてくれた。ふう、小休止。
RIMG0650.JPG

結構、運動になる林道ですな。今まで林道というと砂利道に毛が生えたようなところしか走ってなかった私にはとても新鮮。

何回か岩と岩の間にスタックしたり、倒したりを繰り返し、ようやく昼飯を食える場所に到着。

RIMG0653.JPG

私は米を炊き、ハヤシライス。Uさんは行きのコンビニで買ったおにぎりと、カップラーメン。

びっくりすることにUさんと私、持ち物が同じである。まず、990Adventureに乗るときのヘルメットはAraiのTXモタード(黒)だが、Uさんもまったく同じヘルメットで色も同じ。

今日、林道用にと思って装着したのがAraiのV-CROSS 3 NARITA(黒)にゴーグル。ふと、Uさんを見ると、同じV-CROSS 3 NARITAで色も黒。デイパックから取り出した水入れはプラティパス、コッヘルはSNOWPEAKSのチタンコッヘル。

うーむ、コピーしたかのように同じ物を持っている(^^;;

(ん?)

RIMG0655.JPG

ふと、KLX君をみると、マフラーカバーのあたりがえぐれてる(^^;;ガレでこかすと当然、こうなりますな。Monster Energyのデカールを貼る前で良かった。綺麗にはがしてやすりで磨いてデカールを貼ることにしよう。(^^)

バイク談義に花を咲かせながら食事を済ませ、次なるコースへ。フラットな林道を走ると舗装路のような気すらする。それほと先の林道が酷かったからだ。また、同じようなガレ&ゲロコースを登るっていくが、先の林道で慣れたせいか、今度は意外にスムーズに登ることができた。

そして、見晴らしのいい絶景ポイントで写真を一枚。
RIMG0656.JPG

ここはハイキングコースの途中らしいが、とても見晴らしがいい。下に見えるのは「るり渓GC」。ここで小休止してから、来たガレを下り、道の駅で休息してからお別れ。

林道走行距離は30kmくらいだけれど、とても密度の濃い内容だった。そして、KLX君、君はトレールとして大変優秀だったよ。これなら北茨城の林道探索にも大活躍するだろう。

今日はとても充実した1日でした。Uさんどうもありがとう!

しかし、あと神戸に1ヶ月しか居られないのが残念(TT)
posted by HEIZO at 00:49| Comment(7) | TrackBack(0) | KLX250

2009年02月22日

激走475km!!

今日の朝は気合いを入れて起きた。
なぜかというと、

“KLXの1000km点検を受けるための距離を稼ぐ”

という目標があったからだ。現在のODDメーターは595km。あと405km乗ってしまえば1000km点検&初オイル交換。ここのところ寒くておっくうになっていた自分に鞭を打って走りきることに。

ただ無目的に走るのもツライので、3/7のマスツーリングコース(伊勢志摩方面)下見という名目を自分に課し、朝8時には出発しようと意気込んだ。

早速、いつものX-ROAD RM-A4000とワイヤレスヘッドセットを用意する。さて、いつもはタンクバッグを装着して、地図を入れるクリアファイルにムリにナビを押し込む形をとっているのだが、今日は、背中の寒さを防ぐためにもデイパックを背負いたい。

デイパックとタンクバッグ2つは、ちとものものしすぎるし、第一、バイクから降りたときにいちいちタンクバッグを外すのも面倒だ。

( ! 閃いた)

Mont-Bellのタンクバッグの上のクリアファイルは、実は取り外し可能で、しかもマジックテープでタンクバッグとくっつけるタイプ。いっそのことタンクバッグから外してみると、、、お、これだけでもマジックテープでループ型に止まるじゃないの。

案の定、ハンドルを補強しているバーのところにマジックテープを通し、もう一端と固定するとしっかりくっつく。

なんと、この部品だけMont-bellで注文すれば1,500円くらいで済んだのに、、、しまった。(タンクバッグは7,000円強)

まー、新発見ということで、今日はこのスタイルで行こう。ダートを走る場合は、上下に振動するためキケンだが、今日はすべてロードなので大丈夫。

さっそくログを取りながらのスタート。

前回、KLXで日本海側へ行った時に寒くて死ぬ思いをしたので、今回は、UNIQLOのヒートテック2枚重ね+タートルネックシャツ+簡易プロテクター+フリース+ジャケットの出で立ち。下もUNIQLOのヒートテック+フリース+パンツなので、私的には超重装備。

色々と準備をしていたら出発が9時になってしまったがスタートする。ここ神戸は天気に恵まれ、晴れ間が見えている。が、寒い(^^;; 今日の温度は最低4℃、最高8℃だそうだ。4も8もあまり変わらない気がするが、伊勢志摩へ行く途中の峠はもっと寒そうだ。

ケチって下道通るか高速乗るか悩んだが、下道にしたら下見の意味が薄れるので、同じコースを取ることに。

阪神高速のゲートで、久々に料金所のおじさんと会話を交わす。やはり、こうして言葉を交わす方が暖かくていいもんだね。

「寒いので気をつけてね」

「はい、ありがとうございます」

のこんな短い会話だけど、ETCではこうはいかない。

なんて、考えながら高速を80km/hでゆっくり走ると、右側をバンバン車が追い抜いていく。ヘタに路肩よりに原付のように走ると、車線変更もせず猛スピードで隣を抜いていく車があり、恐い。

堂々と真ん中を走っていれば、みんなウィンカーを出して車線変更していくので、真ん中を走ることに。

(くそーっ、990Advだったら逆にぶち抜いてやるのに、、、)

なんて考えが一瞬よぎったが、そんな感情を風とともに後ろへ吹き流しひたすら走る。

(さ、寒いのお)

やはり、時速80km/hの冷風に1時間も当たっていると、冷え冷えとしてくる。耐えきれなくなったところで、天理のPAが見えたので早速イン。

こんな良い天気だから、バイク野郎はさぞかし、、、い、いない。さすがに寒いのか、まだ、すれ違いさえしない。

30分ほど冷えた手を暖かいコーヒーで温めて、ルートを確認。ライダーで賑わう針テラスは天理PAからはすぐなので、寄らずにパス。途中のコンビニをターゲットにひたすら走る。

名阪国道(25号線)を走っていると、外気温表示3℃とある。寒いわけだ、、、。

とりあえず、伊勢志摩スカイラインという有料道路を目指しているのだが、なかなか付かない。それもそのはず、神戸から200km以上あるんだもの。

途中、あまりの寒さに耐えかねてホームセンターでカイロを調達。体に貼る。

そして、ほとんど休み無しで三重県の県庁所在地“津市”までたどり着いたところで13時。もう、寒くて凍えそうなので、適当なところでご飯をと思い、うなぎ屋を2つやり過ごす。本当は2件目に寄ろうと思ったのだが、思いのほかオシャレな感じだったので、明らかにライダーは浮くような気がしてパス。

そうこうするうちに、名古屋地盤の有名な喫茶店が、、、。
RIMG0632.JPG

そう、かの有名なコメダ珈琲。

ここで、サラダとホットサンド網焼きチキンを注文。
RIMG0631.JPG

届いてびっくり。

(で、でかい!)

このあと、コメダ名物「シロノワール」を食べようと思っていたが、腹一杯で食べる余力もなくダウン。

しばらく体が温まるのを待っていたら、子供連れの主婦の組がとなりの座席へ。子供が落ち着き無くてうるさいうるさい。

もう、たまらんと店を出る。レジのお姉さんがかわいかったのが印象的。こんなライダーにも微笑んでくれるなんて(TT)
(おっさん、入ってるかも、、)

さて、そこから走ること30分でようやく伊勢志摩スカイラインへ。

料金所で、事前にHPから印刷して準備していた割引チケットを提示し、860円→680円に(^^)V

この印刷のために、めったに使わないプリンターに新しいインクを入れてしまったよ。こっちの方が返って割高かな、、、。

さて、この伊勢志摩スカイライン。非常に走りやすく、尾根は絶景。さらにライダーにうれしいことに、ず〜〜〜っと白線なんですよ。白線ですよ、ワインディングなのに。

そう、バンバン公然と追い越せる。

もう、楽しくて楽しくてKLXのエンジンを慣らし中とは忘れて、ついつい回しすぎてしまった。

DUCATIのF氏なんか、ここに来たら「楽しすぎて帰りたくない」って言うだろうな、とふと思ったり。

頂上付近の展望台に到着。
RIMG0636.JPG

(さ、さみぃ〜〜っ)

ただでさえ寒いこの2月が山の上でより一層寒い。さらに風がビュービュー吹いているし。

ごらんの通り、景色は抜群なので、時期をあらためて来ようっと。
RIMG0635.JPG

もうこりゃたまらんので、名物「展望足湯」に入らなきゃ。
RIMG0639.JPG

(う、いっぱいじゃないか!)

しかも、カップルばっかり。ぐるっと回って戻ってきてもまだメンバー変わってない、、、。

(お前ら、車でぬくぬくとやって来たのだから、この可哀想なライダーに譲れ!!)

と0.1秒だけ考えて、さっさと山を降りることに。

攻めて攻めて乗用車をバンバンぶち抜いて下に降りる(^^;;

(あ〜楽しかった)

けれど、ここでふと時計を見ると15:40。これから、パールロード&サニーロードそして針テラスをやると帰りが何時になるんだろ。

サニーロードは諦めて、パールロードを通って帰るようにナビをセット。パールロードはとても走り易く綺麗な道だが、あいにくの黄色センターライン。

観光バスやゆっくりマイカーが前を走ると、ストレス溜まりまくりの道路に一転する。

自分もみんなもゆっくり走るのには良い道路かな。

パールロードを抜けて高速入口に向かうまでに山中ルートを通るが、いい具合に林道がチラホラと見える。

(う、うううう行きてぇ〜っ)

という思いを振り捨てて、ひたすら走り、高速入口へ。山を下りたら伊勢志摩だからわりと暖かい。このくらいであればいくらでも走っていられるのに、、、なんて考えて高速乗ったら、また地獄の寒さがやってきた。

伊勢IC から亀山ままで走り、名阪国道へ。この名阪国道が峠越えルートなので、めちゃめちゃ寒い。

途中の外気温計で1℃なんてのも(^^;;;

あと1℃下がったら道凍るよ、、、。

ガタガタぶるぶる震えながらなんとか道の駅「針テラス」へ。時間は既に18:30。ライダーのメッカ針テラス、どんなにライダーが募っているかと思ったら、、、い、いねぇ、、一人も、、、。

ライダーはオイラだけ。

そりゃ、外気温1℃のこの時間に良識あるライダー諸君は来ないわな、、、。

ここで、暖かい定食&コーンポタージュを飲んで体を温め、家路までのラストアタック85km。

もう、寒いのとケツ痛いのガマンして走りに走る。

家に着いたときにメーターを見ると、475km。ODDメーターはと、1,070km。時計は21:15。

(あ、70km余計に走りすぎた、、、)

結論:このコースはマスツーリングにはきつすぎ。私がほとんど休まず走ってこの時間ってことは、常人にはムリ。まったり派の人にはもっとムリ。

お約束の走行ログ
u.jpg
posted by HEIZO at 00:39| Comment(7) | TrackBack(0) | KLX250

2009年02月21日

KLX250 ハンドル交換ならず、、、

さて、寒かったり暑かったりする日本の2月ですが、いかがお過ごしでしょうか?

昨日、ようやく赤男爵から「ハンドルが届きましたよ〜」の連絡が来たので、KLXを夜持って行きました。

そして、今夜取りに行く予定でいたのですが、

「すいません、ハンドルが2つの理由で取付けできません」

との連絡。

なにぃ?調べてもらったのに、、、。付かない理由は

(1)私が購入したアーマーガードが、太いハンドル用であったため、サイズが合わない

(2)購入したハンドルの幅が狭すぎて、セルやらウィンカーやらのスイッチが収まり切らない

だそうです(^^;;

もう、ミラーも交換したし、アンダーガードも取り付けたし、オフ用のヘルメットも来たし、デカールも来たしで、後はアーマーガード&ハンドガードだけなのに、、、、。

とりあえず、明日は慣らし運転1000km(自主目標)達成のため、470kmくらい走ってこようかなと(^^;;

明日の気温、最低3℃、最高9℃、曇り。

凍えるなぁ、、、。

とりあえず、3/7のツーリングの下見を兼ねて行ってくるとします。
posted by HEIZO at 00:16| Comment(4) | TrackBack(0) | KLX250

2009年02月07日

KLX250 ふぁーすといんぷれっしょん

さてさて、水曜日に凍える体験をしてから数日経ちましたが、ようやく体も回復(!?)したので遅まきながらファーストインプレッションを記してみます。

こういったものはバイク雑誌でテストライダーや編集員がやってますが、なかなか難しいんですよね。とても主観的なものだから。

レビューみたいなものは何か別なバイクと比較しながら、あーだ、こーだという書き方になるのですが、私は教習所のCB750をはじめ、Monkey、CB1300SB、XTZ125、KTM990Adv、そしてレンタルしたR1200GSしか乗ったこと無いので、それらの少ない経験をもとにどうだったかを述べたいと思います。

まず、バイクのスペックより私のスペックから述べますと、

身長:180cm
体重:72kg
性別:男

はい。このスペックでKLX250に跨って1日に280km下道だけを走るとどうなるかですね。

まず、足つき性

ショートブーツを履いて、両足がぺったり着きます。シート高は87cmと990Advと同じなのですが、シートの横幅がKLXの方が細くその分足つき性が良くなっています。また、サスペンションも柔らかく、座ると沈み込むような感じですので、なおさらかもしれません。もうちょっと体重がある人、もしくはデイパックを重くすれば足つき性が向上するかもしれませんね(^^;

次にエンジンフィーリング

07モデルまでは、高回転型エンジンだったと言われておりますが、乗ったことがないので分かりません(^^;;しかし、この08モデルはわりと中速のトルクが十分ありました。エンジンの回転数でいうと、4,000回転あたりで回していれば、街乗りは不自由しないでしょう。3,000回転だとアクセルを開けたとき、ガッガッガとつっかかるよう感じになります。XTZ125もかなり軽快だったのですが、排気量がその倍あるだけあって、余裕があります。なんていいうか軽やかに吹け上がるエンジンです。

あたりまえながら、LC8エンジン(990Advのエンジン)と比べると可哀想なくらい非力さを感じます(^^;;(当たり前だってーの)

ハイ、次、インパネ。
RIMG0577.JPG

オールデジタル表示で、視認性抜群。デジタルメーターの上がタコメーターになっており、現在何回転回しているか分かるので便利です。夜はバックライトがオレンジに光り、これまた見やすい。

さて、気になる燃費ですが、街乗りツーリングでリッター35km走りました。この車格ではまーまーじゃないでしょうか。ヒロシさんのお話だと、旧モデルキャブ使用の時は、リッター15kmということですから、格段に燃費は向上しているようです。

タンクは7.7Lで、残り2.3Lでリザーブに入るそうです。給油ランプが点いて、すぐ満タンに入れると5Lちょっと入るわけですが、レギュラーガソリンなので、経済的。1回の満タン給油が500円台って、ちょっと顔がほころびます(笑)

しかし、航続距離は短いので、林道アタックに行くときは、予備のアルミボトル(MSRガソリンバーナー用)を1本携行していくことにします。

s12.jpg

この辺は、旅バイクであるスズキのジェベル(タンク容量17L)とは比べるべくもないですが、もともと、林道アタック用に購入したので、その辺は、990Advと使い分けるとしましょう。

そして、シートの感じですが、やはり旅バイクじゃないですね、こいつは。雑誌のレビュー見ると、モトクロッサーよりは大分柔らかめという評価ですが、私のおけつが大きいせいか、はたまた、シートが細いせいか、長い間シッティングしていると、三角木馬にまたがっているような気分になります。
さらに、邪魔なのがタンデムバンドというやつ。何でも法律では「二人乗用バイクには必ず捕まるところが必要」とのことで、ショボイバンドがシートに付帯されている。
RIMG0574kai.jpg
長い間シッティングしていると、このバンドがケツに食い込み、なんとも痛い。かと言って、このバンドより前に座るとポジションが前すぎて乗りにくい。次回のツーリングには外して闇に葬ることにする。

あとは、、、林道もいってないし、高速ものっていないのでそのレビューはまた、追々にいたします。

なぜ、行かなかったかというと、ろくな防寒対策をしていかなかったため死ぬほど寒い思いをしていたからと、取説では

初めの800kmは70kmまで
残りの1,600kmまでは80kmまで

の走行でお願いしますと書かれていたからです。しかし、1,600km慣らし運転ってどーいうことよKawasakiさん!

あー、速くRedゾーンまで回したいよーっ。


【改良点】

●タンデムバンドは即外し
●工具ポーチも即外し
●ZETAハンドガード装着(ネットで購入済み)
●ミラーを可動式に(ネットで購入済み)
●アンダーガードを装着(ネットで樹脂製のものを購入済み)

【継続審議案件】
●キャリアーの装着(ラフ&ロードのRALLY591)
●ヒートグリップの装着(デイトナの巻き付け式にしようかしらん)

【結論】
ロングツーリングには今まで通り、990Advで行こう!

さて、早く部品届かないかなぁ、、、。

posted by HEIZO at 12:29| Comment(7) | TrackBack(0) | KLX250

2009年02月05日

KLX250納車完了!(長文だよ〜)

今日は振替休日が余っていたので、納車日にあわせて1日使用することに。

神戸は、昨日までの雨がウソのように上がり、晴れ渡った朝を迎えた。

が、寒い。

さすが2月の初っぱなだけあって寒い寒い。けれど、私はMont-bellのバイクジャケット上下、中にはプロテクターを仕込んでいたので、とりあえず歩いている分には寒くない。

背にはいざというときのために本3三冊を入れ、手にはAraiのヘルメットを持ち颯爽と赤男爵に向かう。

お、あったぞ、赤男爵!
RIMG0573.JPG

ま、こんな写真は撮らぬでも良いのだが、記念に撮ってしまった(^^;;

さて、1階の駐車場には「納車」と書いた札が掛かったKLX250を発見。当然、私のバイクですな(^^;;

2階の事務所に上がり簡単な説明を受ける。まー、バイクのことを知らない訳ではないので、ささっと済ませて早速、立ち去る。

まずはガソリンを満タンにと思い、一番近いセルフに入る。

RIMG0574.JPG

当たり前ながら、オフ車とは思えないほどピカピカ(^^)

これから、この車体にどんなキズが入るやら分からないので、今の内にと写真に収める。

このKLX250は08年のモデルからキャブではなくインジェクションに変わり燃費が向上したとのこと。いったいどれくらいの燃費なんだろか。カタログ値は40.0km/Lとのことだが、そんなには走らないだろう。前のXTZは50km/L走り、なおかつタンクが10L あったので、長距離走行はお手の物だったが、今度は7.7Lのタンクなので多少心配は残る。

あまりに心配なので、ガソリンバーナー用のアルミ容器1Lを用意し、リザーブのリザーブとして1Lを持つことにする。

(これで安心だ!)

さて、今日の目的は次の5つ。

1.慣らし運転をする
2.KLX250のファーストインプレッションをレビュー
3.温泉に行く
4.美味いものを食べる
5.久々にダートを走る

さて、1.慣らし運転だが、取説によると最初の800kmまでは70km以上出さないこと。そして、次の1600kmまでは80km以上出さないこと。

えーーーーっ、ってことは今日、高速乗れないってことかいな。うーん。京都の綾部温泉に行こうと思ってたのに、、、。いや、XTZの時はすべて下道だったし、下道で行ったこともある、可能だ。とばかりに、すたこら目指すことに。

ツーリングマップルを取り出し目的地を確認。マグネット式のケースに入れ側面に付ける。

(あれ、付かない)

ううっ、タンクは鉄なのにシュラウドのプラスティック部分が邪魔をして付きません><

しょうがない、記憶で行くか。

早速、走り出すが、寒い、寒い。日が照っているのに寒いよ〜。

とりあえず、六甲山脈(というほどのものでもないが)を抜けた所にある道の駅「淡河」を目指す。

ただでさえ寒いかっこしてきて後悔しているのに、標高が上がるにつれますます寒くなる。

11時半ごろに道の駅へ到着。
RIMG0576.JPG

道の駅ではホットコーヒーを飲むつもりだったが、あまりの寒さにカレーを食べることに。これで、少しはエネルギーが充填されるかな。

ふむ、さすがにご飯物を腹に収めると体が暖かくなる。地図を眺めながらお茶をすすり、再び、発進する。

うへ〜っ、寒いよ〜っ。

普段はフリースをもう一枚中に着るのだが、ユニクロヒートテック+長袖綿シャツ+コミネプロテクターにMont-bellジャケット(裏地なし)だとさすがに寒い。

990Advで行くときはフリース裏地ありのジャケットを着ているのと、グリップヒーターのお陰で寒さ知らずだが、KLX250にはグリップヒーターも付いていないので手もかじかんでくる。

「30kmごとにコンビニを探しては中に入って温かい物を飲む」を繰り返しながら、ようやく綾部温泉へ。綾部温泉の脇には、良質のダート6kmくらいがある。

時はすでに15:00を回っており、山には雪が、、、。

(萎えた、止めた)

もう、親指の感覚がなくなりつつあり、これはもしかしたら凍傷の前触れじゃないかとか思うくらいの冷え方。もちろん体の芯までキンキンに冷えていた。

ガタガタ震えながら一目散に温泉へGO!

軽く体を流し、ザブーンと湯船に入る。

イテテテ。

あまりに体が冷えているので、「熱い」が「痛く」感じる。それもしばらくガマンしていると、暖かさに変化し、じんわり体の芯にある氷の部分を溶かし始めた。

ふわ〜っ、生き返える〜っ、、、。

もう、これでもかというくらいに体を温め、温泉に併設されているレストランへ。

返る前に体にエネルギーを充填とばかり、名物「黒豆コロッケ定食」を頬張る。

RIMG0579.JPG

う、うまい!!

ってほどでもなかたけれど、まぁまぁのお味で。食後に有機栽培コーヒーを頼んだのに、定食を半分食べたあたりでコーヒーを持ってこられた。

(おい!食べ終わってから飲もうと思ってるのに、冷めちゃうじゃないか)

単なるバイトっぽいウエイトレスだったので、

(ま、いっか、早くご飯食べて帰った方がよさそうだし、、、)

と思い、地図をみながらさくっと食べる。よし、エネルギー充填完了。と、時計を見ると17:00。

辺りは暗くなりつつあり、すごーーーく寒そう。でも、オイラには温泉+コロッケのエネルギーが満ちあふれているのだ。

Kawasakiさんには悪いけど、高速乗らせてもらいますよ。下道で走ってると家に帰るのに4時間近く掛かっちゃうから。

もと来た道をひたすら走り始めた。距離計が190kmを示したあたりで給油ランプが点灯。取説によると、このKLXは残り2.3Lでリザーブに切り替わりFUELランプが点くとのこと。

(5.4L使って190kmってことはリッター35kmくらい走っているってことか。じゃ、あと70kmは走るな)

頭の中で残りを計算しながら走る。田舎だけあってGSが全然ないのが厳しいところ。途中「Fukui」という無名のスタンドがあったが、恐いのでスルー。コスモ石油もあったけど、キライなのでスルー。(前に和歌山のコスモスタンドでガソリンの量をちょろまかされたのだ。レシートに手書きで●●Lと書かれているが、給油計のメーターはそれよりも下を示しており、後からクレームをコスモ本社に入れたが対応が悪いのなんの。大分経ってから「そんな事実はございません」と来たもんだから、それならこっちも絶対給油しないと思った次第)

辺りは暗くなり外気温が5℃とか示されている。きっと今、5℃ってことは、どんどん下がるんだろうな、、、。

1時間も走ると、温泉パワーとコロッケーパワーも切れ、体の芯まで冷え込みが襲ってきた。

(うう、こ、これは、単なる苦行?)

山の中を走っているので、スタンドはない、コンビニはない。俺、どうしたら良いの?

ガタガタ震えながらようやくコンビニを発見。早速中に入り、ホットコーナーにまっしぐら。

色々なコーヒーを手に取って解説を読んでいる振りをしつつ暖を取る。

(あったけぇ〜)

さすがに3分もホットコーナーで色々な飲物を物色しているのも怪しいので、コーンポタージュを購入。イートイン席でじっくり熱を手に移してから飲む。

ぬ、ぬるくなってる。

それほどオイラの手が冷えていたということだ。

これって絶対体に悪い。

コンビニを出てしばらくするとGSの灯りが。レギュラー満タンにいれたら5.7L で500円台。

(や、やすぅ〜。経済的やなぁ)

一人満足しながら暗くて寒い道をひたすら走る。もう、その後はコンビニを見かけては立ち寄り、手暖めて飲みを幾度か繰り返し、お腹はたぷたぷ、膀胱一杯、最後は飲み過ぎて気持ち悪くなってしまいましたよorz。

一刻も早く家に帰りたかったので最後はノンストップで走ったおかげで、20:30には帰宅。

急ぐあまり瞬間最大風速で、有料道路通るときに80kmオーバーを何回もしてしまい、ちょっと反省。

これだけ苦労した本日の走行距離280km也。1600kmの道のりは遠い、、、、。

あ、長くなりすぎたのでファースインプレッションは次回へ。



posted by HEIZO at 01:13| Comment(8) | TrackBack(0) | KLX250

2009年02月03日

いよいよ!!

昨日、赤男爵からのFaxでナンバー来ました。

そして、本日、会社の団体で保険加入しました。

明日、休みももらいました。

赤男爵は10時開店。パチンコ屋に列ぶパチプロよろしく赤男爵に列んでしまおうかとも思うけど、10時ぴったしに引き取りに行こう。

ライムグリーンのKLX250を、、、。

さて、明日は高速、温泉、雪で行けなくなるまで林道の3つを味わいましょうか。

また、明日、Blogにレビューアップしまーす。
posted by HEIZO at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | KLX250

2009年01月29日

な、なんじゃこりゃぁ、、、、

今日は、月末だというのにF氏をお誘いし、ちょこっと赤男爵へ行ってきました。

なぜって、住民票をとって来たからです。

住民票が必要ということは、、、。

とりあえず、赤男爵に行くと、まだ、お金払っていないのに、駐車場にはこんなバイクが置いてある。

DVC00041.jpg
(by F氏)

DVC00043.jpg
(by F氏)

うーん、もう引っ張ってきたのか。よっぽど近いところにあったんだなぁ。配送料として5,000円とるなよー!!

まぁ、もうすでに目の前にあるので、こいつにサインしちゃいましたよ。

 2.jpg

さて、来週の水曜日が楽しみだ。会社休もうかな(笑)
posted by HEIZO at 22:08| Comment(7) | TrackBack(0) | KLX250

2009年01月26日

とりあえず、、、

昨晩、妻と話しました。
KLXを買うべきか買わざるべきか。
妻的には、どうせ私がダメって言っても買うときは買うわけだし、3月に転勤がないか分かってから買ったらいいんじゃないの、といった口調でした。

さらに、「あなたがバイクを買うのなら、私も海外旅行行かせてもらうわよ」

という“熱力学の第一法則”(エネルギーの総量は形を変えても変化しないという法則)みたいなことを言われました(^^;;

つまり、これは「海外旅行の費用さえ出せば、バイクを買うのを容認するということ」だな!

と確認するとそうだと答えました。

よし、それで手を打とうじゃないか。

ってことで、とりあえず赤男爵に電話し、KLX250を押さえてもらいました(^^)

でも、妻の海外旅行費用をKLXにプラスすると、WR250Rどころか、KTM690ENDURO-Rが買えちゃうような気がするのは気のせいでしょうか。

うーむ、俺って交渉上手?(^^;;;



posted by HEIZO at 22:53| Comment(8) | TrackBack(0) | KLX250

2009年01月25日

KLX250 購入間近(!?)

さて、明石のツーリングの後、帰り道に例の赤男爵の看板が目にとまり、ついつい立ち寄ってしまいました。

2階の受付に上がって、名前を告げると、店員が

「あ、アドベンチャーの方ですよね」

初めて会う店員なのになぜ、俺のことを知っている?あ、KTMのジャケットを着ているので

(アドベンチャーを買いに来た人と間違えてるのかな)

なんて思ったので、

「乗っているのはアドベンチャーですが、買おうと思っているのはKLXです」

というと、フフフと笑われて、分かってるよみたいな感じで待つように言われた。何となく、販売会議で月末〆切りに“当確A”をつけられた顧客のような気がしてしまったのは気のせいだろうか。

しばらくすると、1/4に接客した店長と、DJEBELを探しているときに対応してくれた若い店員さんが出てきて、お久しぶりとかなんとか挨拶を交わして本題に入った。

今日の要件は3つ。

1.黒のマシンがあるのか
2.納車はいつか
3.もっと安くならないのか

Q1.黒のマシンはあるのか
A1.あることはあるが、愛知県から取り寄せるため、送料が緑にくらべて7,000円ほど多く掛かってしまう。

Q2.納車はいつか
A2.緑なら10日以内、黒なら2週間くらいは見て欲しい

Q3.もっと安くならないのか
A3.全店同じ価格で提示している。特に08モデルは特価車になるので仕入値に近い値段で提示している。オプション当店でつけていただけるのなら、定価の1割引プラス工賃でなんとかがんばれるかもしれない。

さて、困った。前回ブログで色で悩んでいることを書いたときに、大多数に「黒」と言われ、「黒」で決めつつあったのに「緑」より7,000円も高いという。ま、50万円からの買い物なので、7,000円高かろうが安かろうがあまり変わらんと言えば変わらんのだが、7,000円あれば他のパーツが買えたりするので、ここはこだわりたい。

当初、KAWASAKIカラーの「ライムグリーン」にしようと思っていたが、F氏に「ジャケットが黒に合うように統一されているので、黒の方がマッチするのでは」と助言され、まったくその通りだと思った。また妻には「緑は似合わないわよ。バッタみたいじゃない。以前、実家のお母さんに緑色のパジャマをもらったけどまったくいけてなかった。ミドリムシよ」と酷評され、すっかりしょげていた。

(そうか、やはり黒か)

と考え直したけれど、グリーンしかないということは、天は私にグリーンを買えと言っているに違いないと、思い直し、今、グリーンに傾いている私。

それに、キャリアーとハンドガードを1割引してくれるくらいなら、ネットや量販店で購入し自分で装着した方が安いかもしれない。そんな難しい部品じゃないし。

いずれにせよ、明日、店員から工賃がいくらまかるのか7,000円の差をどれだけ埋められるかの回答がある。

本当に出した見積もりからビタ一文まけてくれないのかな。他の赤男爵で合い見積もりとってみようかしらん。

08KLX250S8F_LIM-b.jpg

やっぱし、こっちにしようかなぁ。


posted by HEIZO at 22:14| Comment(4) | TrackBack(0) | KLX250

いよいよ買いか!

さて、寒さが一段と増してきましたが、皆様、バイクライフはお楽しみですか?

さて、今日、赤男爵の担当者より携帯に電話がありました。

「HEIZOさん、KLX250の件いかがですかね?」

と(^^;;

赤男爵曰く、例年になく特価品のバイク(08年モデル新車)が動いていて、1月になってから9台売れたとのこと。KLX250が売れた訳ではないが、早く買わないと在庫が無くなる可能性もあり、早めのご決断を、という訳。

(んなアホな。1年間売れ残っているKLX250がそう簡単にはけるわけなかろうに、、、)

と思いましたが、そこは大人の対応。さしさわりの無い返事をして、急いで考えますと電話を切る。

しかしです、この寒い中、そんなにバイクに乗らないでしょう、、、と思いきや、KTM仲間はガンガン雪山を攻めにいっています。

う、そうか。990Advじゃ重すぎて行けない山も、KLX250くらいの軽さならなんとかなるかも、、、。

と、思った瞬間、手に入れたくなりました。

トヨタも赤字転落、正社員にメスを入れるなんて記事を読んでいると、せめて購買の気持ちがある私が日本経済に貢献しないでどうする!!

(と、自分の行動を正当化してみたりして勇気づけます)

09KLX250S9F_BLK-b.jpg

やっぱりこいつかな。

みな、着々と2ndバイクで活動しているなか、早く私も参戦しないと。

昨年のエンデューロ草レース撃沈劇の雪辱戦もあるし。

注文してから10日ほどで納車らしいですので、1月中に頼めば2月頭くらいかな。

さーて、どうしようかなぁ。
posted by HEIZO at 00:46| Comment(5) | TrackBack(0) | KLX250