2009年01月18日

マタシテモ キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

来ました、ついに来ました。
何が来たかというと、

RIMG0517.JPG

お!なんだろ。

RIMG0518.JPG

オレンジ色の包みが、RIMG0519.JPG

うはっ!

RIMG0520.JPG

こ、これは!

RIMG0522.JPG

ようやく届きました09年HYDROTEQ OFFROAD PANTSが英国から。なんか、カードの請求が先に上がってきてしまい、商品がまったく届かないので、ちょっぴり心配していました。

昨年の12月半ばに注文し、オーダーステイタスを確認するメールを送ったところ、「もう年末だし、家にいないところに届いてもなんだから年明けに送る」なんて妙なメールの回答があり、年明けになっても届かないから2回ほどメールを送っているのに返答なし。

いい加減なもんですな、イギリスの会社も。ま、届いたからいいけれど(^^;;

さて、こいつの上下を着込んで走るのは来週末かな。昨日、ちょっとセルを回したらバッテリーがしょんぼりしていたので、外して充電器につなげておかないとね。

みなさんも、冬場は電源管理は慎重に。
posted by HEIZO at 21:28| Comment(6) | TrackBack(0) | ウエアー関係

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

とうとう来ました。
まずは、この記事

これが実現すると、今年の夏の北海道旅行も「陸路」という案が浮上してきます。夢の陸路(!?)かどうかは分かりませんが、耐久レースよろしく1日でどこまで行けるかの最高記録が出そうです(^^;;

行きはフェリー、帰りは陸路ってのも面白そうですが、おそらく東北の林道に立ち寄る誘惑に勝てそうもないので、ゆっくりリラックスしながらフェリーも良いかなと、、、。

夢が広がりますね。俄然、高速道路が乗れる250ccも活躍できそうですが、この格安料金プランを利用するためにはETCが必要とのこと。990Advには備え付け完了してますが、KLX250につけるかどうかはまだ未定。林道アタック用バイクに、果たして装着する必要があるのかどうか、、、。

今のところつける予定は無いのですが、この記事通りになるとすれば、つけた方がお得に間違いない。

しかし、バイク用ETCは工賃込みで40,000円。ちょっと高い。

でも、こんなETCも出てるので今後に期待かな。
posted by HEIZO at 21:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月14日

男のロマン(!?)

KLX250 の色で悩んでいるHEIZOです(笑)
ほぼ、黒に傾いていたりするのですが、もうちょっと悩んでみようと思っています(^^;;

さて、寒いのと色々用事があってバイクに乗れていない日々が続く中、BE-PALという雑誌に(なぜか)紹介されていた、

「ヘリQ」

なる商品が気になって、気になって、先日、ドンキホーテでカラープリンタのインクを買いついでに買ってしまいました。

これは、タカラトミーが発売したミニヘリラジコンです。値段も3,000円以下とリーズナブルなんですが、

ホバーリングできない
思った方向に飛ばない
長く飛ばしていること自体難しい

と到底おもちゃの域を超えない代物でした。

私のはこんな感じ。
RIMG0507.JPG

これが、まるでハエのような音を立てて色々な方向に飛び回ります。
RIMG0510.JPG

バイクに乗れない日々をこんなおもちゃで紛らわしていたのですが、

(こんなおもちゃじゃ、嫌だ〜ぁ!!)

という魂の叫びが聞こえ、ついつい海外のサイトから、もうちょっと大きなやつを買ってしまいました(^^;;;
RIMG0516.JPG

その名もWalkera 4G3。6チャンネル可変ピッチの3Dヘリです。(って言っている自分もその中身が分かっていない)

なんでも背面飛行等のアクロバット飛行ができるらしいのですが、

(む、難しい、、、)

マニュアルが全部英語だし、プロポ(送信機)の設定がよく分からずまったく飛ばない日が10日間(笑)ようやく、向こう(香港)の担当者とメールでやりとりし、メインローター(一番上のプロペラ)が回った!

と思ったときにはすでに壁に大激突し、さっそくブレード(羽根)を破損(TT)

慌てて部品を香港に注文したのでありました。

しかし、こんな風に飛ぶ日が来るのであろうか、、、。

posted by HEIZO at 00:33| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月07日

雑誌を見ると、、、

ここ一週間で3〜4冊のバイク雑誌を買ってしまいました。
まず、これ。
RIMG0511.JPG

09モデルの国産車(海外バージョン含む)が掲載されていて、私が狙っているKLX250が意外に評価が高かったのに気を良くしてしまいました。やはり、KLX250かなぁ。色はグリーンを考えているのですが、

妻「緑きらい。バッタみたい」

後輩「黒がかっこいいですよね。なんか渋くて。緑はオフロードオフロードしている気がします」

F氏「黒かっこいーじゃないですかぁ。これだとウェアーも今のものを着られるので新しいやつを買う必要ないですよ」

うーん、3人とも黒をすすめるかぁ、、。でも、KAWASAKIと言ったらやはり「グリーン」でしょ。

人に惑わされず「自分の好きな色を買う」。これでこそオイラだ(って良く分からないけど、やはり緑がいい)

そして、次なる2つの雑誌。
RIMG0512.JPG

RIMG0513.JPG

私が愛読している2雑誌です。
オフファンにはよく知られたGARRRRには、今回、

これでもかっ!

ってくらいKTMの特集があります。

DUCATI、HALLEY、BMW、すべて専門の雑誌があるのに、KTMはなぜか存在しない。ひじょーに寂しく思っていた矢先に、この膨大な特集。是非、買いです!!

さて、KTMの09モデルが出そろった中でも、特に私が注目しているのは、690Enduro−Rと990Adventure-R。両方とも現在のものよりかなり戦闘力がアップしている。

さらに990-Rにはイモビライザーやハザードランプまでついているみたい。いいなー。

これで、これから購入する日本のユーザーも増えるのではと、夢は膨らみますね。KTMバンザーイ!!

posted by HEIZO at 21:04| Comment(9) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2009年01月05日

09年 Adv初乗り

今年の夢というか目標は

(1)北海道の林道をKTM990Advで満喫する
(2)エンデューロごっごにリベンジし完走する
(3)全県バイクで走る(分割日本一周)

この3つです。北海道は夏休みと決めているので、とりあえず(2)の草エンデューロレースリベンジのための秘密兵器偵察に行ってきました。向かった先は赤男爵(レッドバロン)。

骨折治療中に新車見積もりを頼んだ際、何だかんだ言って一番安かったんですよね、このお店が。

目的はKLX250。もう、DJEBELはあきらめというか、990Advと用途がかぶるため、次の一台は高速に乗れて、草レースも林道も楽しめるやつが欲しいのですよ。

前のXTZ125Eに引き続いてYAMAHAも捨てがたかったのですが、レーシーなWR250Rは高すぎ(最低でも乗り出し価格65万円は行きそう)、同じくレーサーのWR250Fも同じくらい高い、SEROWはエンジンがマイルドなのと、シート高が低すぎて疲れそう(^^;;スズキは、、、DR-Z400、もっと軽いのが欲しいよ、ってことで、KLX250狙いになったわけです。

07年までのモデルはキャブ仕様で、高回転型エンジンだったのが、08年からインジェクションに変更され、エンジンも中回転のトルクがアップしたとのこと。つまり、

街乗りOK
高速OK
林道OK
草レースOK

のOK4つ。

安い中古をGooBikeやBikeBrossで目を皿のようにして毎日チェックしていたのですが、中古が高い!新車と同じくらいの値段で売られています。ならば、新車で安いのを狙った方がよいではないかと、期待しながら赤男爵に行きました。

年賀状出しついでに寄ってみたのですが、「1月4日から営業」のノボリが店頭に立っているのを遠目で発見、早速、立ち寄りました。

お客は、、、、、

ぜんぜん、いません。私、独りでした(笑)

早速、08モデルの中古を探してもらいましたが、1台のみ、それも43万円+αとのこと。うーむ、新車なみ。であれば、当初の予定通りちょっと無理して新車にした方がよさげ。

年賀状を兼ねてKTMから届いた「06年 250EXC 56万円」というお知らせがチラっと脳裏を横切りましたが、中古で56万円というのもちょっとな、と思い直し、KLX250に集中することに。

昨年末にKAWASAKIから09年モデルの発表があり、型落ち新車のため狙い目と思い、店員に新車もお願いすると、さきの中古車と同じお値段で手に入るとのこと。

ど〜しようかなぁ。

「今なら、黒と緑両方1台ずつありますよ」

だって。黒は990Advとかぶるため、緑がいいな。冬はバイクがあまり売れないので、春まで待ったらもうちょっと値は落ちますかねなんて聞いてみると、敵もさるもの

「ベテランの方は、Newモデルが発表された直後の冬場こそチャンスと考えて買いに来ますよ」

なんて言われてしまって。

うーん、悩む。この先行き不透明な不況の時代にもう一台増やしてもいいのかという大人の疑問をかかえながら。

家に帰ってから妻にそれとなくもう一台の話しをしてみると、

「それを買うか決める前に、ベランダの自転車と使ってない荷物を処分しなさい」

とのこと(^^;;

ま、バイクを買わずに海外旅行を選択したのが功を奏しており、もう一台買うことに関しては諦め模様のよう(チャンス!!)

ちょっぴり決断を保留にして、初乗りを赤男爵だけで終わらせるのも寂しいので、HEIZOの庭である六甲山までひとっ走り行ってきました。

さ、寒い。上はKTMジャケット(インナー付)でそれほど寒くないのですが、下のジーンズがなんとかんとも。

いつもならライダーだらけの六甲山頂ですが、バイクは私独り。

山頂のカフェでコーヒーを飲んで帰る時に、DUCATIのムルティストラーダ1000Sのお兄さんというかおじさんとお会いしたくらい。

帰り道が凍る前に走り抜けることに。どうやって、資金繰りするかを考えながら家路につきました。

中部、近畿、四国、中国のオフライダーのみなさん、一緒に行きましょうね、林道。KLX250で馳せ参じますぜ!!
posted by HEIZO at 01:16| Comment(6) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2009年01月01日

09年 明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、今年はどんな年にしようかなと考えましたが、バイクに関しては次の目標を立てました。

1.草エンデューロレース完走する
2.その前に、250ccのセカンドバイクを手に入れる
3.990Advで北海道の林道を一周する

ま、このくらいのささやかなところから行こうかなと(^^;;

さて、1と2を叶えるためには、まずは250cc探しからいかないと。

思い出すのが、昨年のこのくらいの時期に、雪山に990Advでずんずん行き、スタックして引き返せなくなったりしたこと。今となっては良い思いでですが、その後も、山中でパンクしたり、坂道でこかしたりして

(軽いバイクが欲しい)

という気持ちはいや増しにも強くなっていきました。

990Advでは無理な場所も、車体の軽いXTZ125(前に乗っていたバイク)ならなんのその。いざとなったら、人力で押してスタックを抜け出すことも可能。河原へ下る無茶な泥坂も、XTZ125なら独りで脱出可能。ああ、今から思うと、本当に良いバイクだったなぁ。

それに、元旦に北海道の宗谷岬で日の出を見るツアーも行ってみたいし、、、。(誰か行きませんか?)

つい先日、同じ990Adv乗りのbike&gpsさんが、先行き不透明なこの時期にスズキの名車、DJEBEL250XCの中古を購入されました。実は、このDJEBEL、250ccなのに17Lのビックタンクを標準装備。満タンからの航続距離が500kmを越えるという超旅バイク。通常の250ccが7L〜9Lなので、いかに大きいかが分かります。

さらに、このクラスでは結構馬力もある方なので、林道でもきびきび走れるんじゃないかなと私も狙っていました、つい最近まで。

ところが、先日のエンデューロ草レースに990で出場し、見事撃してしまった悔しさが尾を引いていて、

(ある程度のレースも走り抜けるマシンがいい)

と欲を出したところ、DJEBELよりレーシーなバイク目移りしたのでした(^^;;

候補に上がっているのは

1.KLX250(08年以降のモデル)
2.WR250R
3.WR250F

の3台。お亡くなりになったXTZ125がYAMAHAだったのもあり、YAMAHAのあの色とテイストが忘れがたく2と3を候補に含めたのですが、いかんせん

(高い!)

WR250Rに至っては、中古でも53万円。WR250Fになると、安い物はレーサー仕様で保安部品(ウィンカーやライトやカギ)が付いていない。結局、これらを付けると中古でも結構いきそう。それに、このハイパワーを私が使いこなせるかが一番の疑問。すると、消去法で1のKLX250になってくる。

しかし、中古はまだまだ出ていないし、中古でも43万円台が底値。43万円というと、KLX250新車の価格と一緒なので、新車で買った方がいいという判断も。けど、登録料だの納車整備費用だのなんのかんので50万円くらい行ってしまうんだよな。

春までに中古が35万円くらいまで落ちないかなぁ、落ちないだろうな、タマ数出てなさそうだし。

セローなら安いのが腐るほどあるけど、ちょっと趣旨が違うしなぁ。

やはり、

1.シート高が87cm以上あるも
2.中速のトルクがあること
3.サスペンションがしっかりしていて草エンデューロくらいなら走れること
4.高速に乗ってもストレスを感じないこと
5.ある程度の旅バイクとしても使えること

この5つの条件をクリアーしたもので探そうっと。あ、あと50万円は越えて欲しくない(^^;;

すると、やっぱりこいつかなぁ〜っ、、、。
08KLX250S8F_LIM-b.jpg
posted by HEIZO at 12:29| Comment(8) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年12月20日

久々のソロツーリング

前回、バッテリー上がりでツーリングに行けなかったので、今日は、満を持してツーリングへ行ってきた。

本当は朝7時にバッテリーを取り付けてすぐ出るはずが、起きたのが9時過ぎ。朝ご飯を食べてくつろいでいたら、すぐに11時。

せっかく良い天気なんだし、今日はAdventureを動かすぞ、と工具箱を持ち上げ、大枚はたいて買ったユアサのバッテリーYTZ14Sをサクッと装着。早速、キーを回してみる。心なしか、メーターの針の動きが俊敏。さらに、スターターボタンを押すと、セルが勢いよく回り一発でエンジンが掛かる。

(ほっ)

とす安心する一時。これで、またいつものようにこいつと旅ができる。

しかし、1年でバッテリーってダメになるものかな。ここは寒冷地でもないし、酷使しているつもりもないのだけれど。ただ、心当たりはグリップヒーターとナビゲーション。これは、どちらも電気を結構食いそう。今度は、できるだけ切るようにしてバッテリーに優しい操作を心がけよう。

さて、今日は、おいしいものを食べて温泉に入りたい。そして、そこそこ距離を走りたい。

頭の中で、HEIZO'S GoogleMapが検索を開始した。

Hitしたのは和歌山県白浜温泉。ここなら、かの船井幸雄がプロデュースした「とれとれ市場」がある。さらに白浜温泉にも入れる。

(いざ!)

と出発する。高速に乗る前に念のため、空気圧をチェック。前輪良し、後輪良し。もう、寒いし渋滞は嫌なので最寄りの深江浜ICから速攻で高速。

(たまにはエンジン回してあげなきゃなぁ、、、)

とりあえず100km/h。いや、こいつの巡航速度はもっと上だなと、段々スピードアップ。最後はぬよやkm/hまで出たところでStop。この辺りの速度域まで来ると、結構、不安定になって恐い(^^;;

結局、とれとれ市場までの176kmをノンストップで走りきり、到着。2時間ちょっとで到着って早すぎないかい?(笑)
RIMG0481.JPG

今日は日よりもいいせいか、バイクもたくさん。このとれとれ市場は、白浜温泉と町の漁協が協力し、地元の漁港であがった新鮮な魚を販売。また、和歌山の名産である梅やみかん、メハリ寿司まで勢揃いしている名産センターなのだ。

とにかく腹減った(><)

さっそく堅田丼(タイ、ハマチに山芋がかけてあるやつ)を注文。
RIMG0483.JPG

おいしかった。

けど、何か物足りないHEIZO君は、隣のカフェレストランで食後のデザートとしてケーキセットを注文。読みかけの本を、うつらうつらしながら読む。ふと、時計を見ると、もう15時半。

早く温泉いかないと、閉まってしまう。

私のお気に入りは、白浜温泉の露天風呂「崎の湯」。

RIMG0485.JPG

この左の岩場の向こうが女風呂。

温泉自体は300円と安いのだが、道から丸見えなカギのない脱衣所でいそいそと服を脱いですぐ目の前が露天風呂な豪快さ。

さらに浜辺と隣接しているため、波が高いときは、海水を頭から浴びることも可能。

そして、左側に展望台があり、そこから、露天風呂が丸見えなのもご一興(笑)でも、丸見えなのは男風呂で、女風呂は海からじゃないと見えない。今度、クルーザー借りて、高性能の双眼鏡積んだらどうどうとのぞきができるんじゃないかと思ったりした(^^;;

さてさて、湯船というか、岩場をくりぬいたような浴槽が上と下に1つずつあり、上は源泉が注ぎ込むため熱く、下はそのお湯が流れて溜まっているせいでぬるい。

とりあえず洗い場も無いので、お湯をざぁっと2桶分体に掛け、下のぬるい方に入る。

しばらく入っていると、広東語でにぎやかに会話する中国人家族が入ってきた。上の湯船に入っているのだが、あまりににぎやかなので、声がよく聞こえる。

しばらく雲を眺めながらゆったりしていると、赤ら顔のおじさんが上の湯船から下に降りてきた。下にいる連れのおじさんに話しかけているのが聞こえる。

赤ら顔「いやぁ、上は熱いや。けど、上に入るなら英語ができないとダメだぞ」

その連れ「え、なんで?」

赤ら顔「香港が占拠している、香港マフィア」

その連れ「ははは、そうなんだ」

と話していると、赤ら顔のおじさんが、いきなり目の前の人に気づき、

「Are you Hongkong ?」

と聞き出した。俺には日本人に見えたのだが、言われてみると台湾っぽい顔している。尋ねられた男は、横にかぶりを振り、

「No Japanese!」

とこれまた英語で返答していた。赤ら顔のおじさんも、ちょっとしまったって顔で、

「Oh, Japanese...」

とこれまた英語(笑)

香港人と間違えられた男の人は、なんかバツが悪そうにそそくさとお湯を上がってしまった(^^;;

さて、ぬるい下のお湯はいくら浸かっていても体があたたまらないので、上でしっかりと暖め直し、着替えて帰ることに。

下着を装着。その上からMont-bellのアンダータイツを装着。そしてライダーパンツをはいた後、ニーシンガードのプロテクターを装着。このプロテクター装着時に、必ずひそひそ声が聞こえる、、、ような気がするのは気のせいだろうか(^^;;

バイクに乗る前に、夕焼けの写真を撮っていると、赤ら顔のおじさんが話しかけてきた。

てっきり、Are you HongKong?って言われるのかと思ったら、優しい人で、撮ってあげようか、ってことだった。

いつも来ている場所だからと丁重にお断りし、グローブをはめていると、赤ら顔とその連れとその奥さん達にAdventureが取り囲まれていた。

連れの人「大きくてかっこいいバイクだね。これって、、、って名前がでてこないけど、どこのバイク?」

HEIZO「オーストリアです」

連れの人「オーストリアか、、。何てメーカー?」

HEIZO「KTMです。日本ではあまり見かけないけど、ヨーロッパではBMWに次いで2番目のシェアなんですよ。オフロードやパリダカールで有名なメーカーです」

赤ら顔「へぇー。いくらくらいなの?」

HEIZO「うーん。車両価格で190万弱です」

赤ら顔「おおっ、車両価格だけで190万か。日本に無いバイクを敢えて選ぶとは、、、こだわりだねぇ」

HEIZO「ええ。こだわりというか、大きいバイクでかつ山道も走れるバイクとなると、このバイクだったんですよ」

連れの奥さん「990って書いてある!」

HEIZO「999ccなんです」

連れの人「1000ccだね。セローなんかだともっと少ないだろうけど」

連れの奥さん「やっぱり後ろに乗っている人って、このマフラーからでる煙をもろに浴びるの?」

HEIZO「(苦笑)いや、マフラーよりも前に座るのと、走ってますので、排気ガスは後ろに行きますよ」

連れの奥さん「ふーん」

とまぁ、久々にKTMが注目を(違う意味で)浴びました(^^;;

気をつけてね〜というご一行の別れの言葉を背に、和歌山市の紀ノ川SAまで一直線。そこで、名物和歌山ラーメンとフライドポテト、レギュラーコーヒーを飲みながら1時間以上休息し、20:30に帰宅。

久々のツーリング、楽しかった。

でも、、、、林道も欲しかったかも、、、。



posted by HEIZO at 21:52| Comment(9) | TrackBack(0) | ツーリング

2008年12月14日

さて、久しぶりにツーリング、、

昨日は1年ぶりのゴルフでスコアも散々であったため、今日は天気も良いし気晴らしにツーリングでもと、KTMジャケットを着込み意気揚々とエンジンを掛ける。

(カチッカチッカチッ)

ん?

もう一回セルを回す

(カチッカチッカチッ)

ふぅ。またしてもバッテリー上がりかないな、、、。

ちょうど、まる一ヶ月乗らなかっただけで、完全に上がるのかいな?冬という時期もあるのかもしれないけれど、これで3回目の放電。

とりあえず、家に工具を取りに戻り、アンダーカバーを開けると、

(ぐわぁぁあっ、、、)

みっしりと、前回のモトクロスコースの粘土が詰まっておりました(TT)

マイナスドライバーで固着した粘土を掻き出す、掻き出す。粒子が細かいせいか、もうもうと砂埃が上がる中、マンションの住人が不審な顔をして私の方を見てる。

(埃、ただの土埃だよ。ガソリンじゃないよ、、、)

ま、ただこちらを見ていただけかもしれないけど、ちょっぴり罪悪感。

ドロドロが固着したバッテリーをよいしょとはがし、室内の充電器に掛ける。

もう、寿命かな、バッテリー。新品買うか、、、げ、定価32,340円(たか〜っ)。

ネットで色々調べてみると16,000円台が最安値。同じ規格の他メーカーのものもありましたが、3,000円というのはちょっと買うのをためらいます、、、。

信頼できるGSユアサのYTZ14-Sをネットで購入しました。

結構、維持費かかるね、このバイク(^^;;
posted by HEIZO at 12:54| Comment(3) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure

2008年12月10日

フィンランド紀行(報告おそ〜っ)

ご無沙汰しております。
なんていうか、フィンランドから帰ってきて、仕事がたまっていてなかなかBlogを書く気が起こらず、報告が今になってしまいました。

「フィンランドで何かあったのかな」

と思っていた方、何もありません、楽しかっただけですよ♪

こういったBlogもいったん間が空いてしまうと、なんか筆無精になるみたいで困りますね。

さて、エンデューロレースの方を書きかけていたのですが、フィンランド旅行を先にご報告します。

なぜ、この時期にフィンランドだったのか。それは、勤続15年目の会社からのご褒美で

(3日間の有給)

がもらえることになっており、ちょうど、妻と旅行に行こうかと話していたのでした。その途中に、ご存じの交通事故に遭い、XTZ125全損、私も全治3ヶ月の骨折。

保険会社からもらうお金で

(いっちょ、遠出しようか)

という話しになったのです(^^;;

訳ありで新婚旅行も行ってなかったので、旅行は海外、そして、周りの人も行ったことない場所・・・・・

(北欧・・・フィンランド)

となったのです。11月の3連休に3日をプラスして6泊4日(機内泊2日)の旅として行ってきました。

妻の目的は、歴史的建造物である大聖堂やらその中にあるパイプオルガンを見ること。私は、大聖堂にはあまり興味がないので、せめてKTMの現地ディーラーへ(^^;;;

と予定を立てました。

調べると関西空港からフィンランドまでの直通便「Finnair」で、行きは10時間、帰りは9時間のロングフライト。

窓側の席を取ったのですが、、、

RIMG0297.JPG

ごらんの通り翼の上(TT)

関空のFinnariの人、不親切!!翼の上なら上と言えよ!!

エンジン音は騒々しいし、下は見えないし。でも、結局、雲の上を飛んでいるので、結局、景色は見えませんでした。

景色も初めは青空が

RIMG0309.JPG

こうなって、さらに

RIMG0311.JPG

ってなるの繰り返しで、結構長いフライトでした。

さて、フィンランドに着いてからは次回に!
posted by HEIZO at 07:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月20日

はじめてのエンデューロ(準備編)

先週の日曜日の話しですが、記録を残しておこうと思い、思い出しながら書いていますので、ご了承のほど。(ちなみに、今、観光でフィンランドに妻とおります(^^;; )

----------------------------------------------------------

明日は楽しみな、初のエンデューロコースでの草レース。果たして990Advで走れるのか、MT90 のオンオフタイヤでいけるのか、と様々な疑問を抱きながら、準備をする。

さて、どれを着て出かけようか。ゼロコンマ01秒で結論が出た。もちろん、先日届いたばかりのKTMオフロードジャケットに、KTMオフロードグローブ。下はまだ購入できていないので、Mont-Bellのハイデュラパンツにプロテクターを付けて出発。

(おお、我ながら決まっている。ようやくKTMライダーの仲間入りか、、)

独りご満悦になりががら、バイクに貼るゼッケンを買いに行く。目指すは、西宮のバイク専門店2りんかん。

今回の私のナンバーは67。その番号を目に付きやすい場所で前(ライトの上)と左右に貼り付ける必要があるとのこと。ということで6と7の数字シールを3枚ずつ入手しに行ったという訳だ。

2りんかんの駐車場にバイクを停めてチェーンを見る。

(どれどれ、オイラー君のお陰でさぞかし濡れ濡れになっていることだろう、、あれ?)

オイルを放出する先端のノズルが明後日の方向を向いていた。振動と風圧でノズルの方向がずれたようだ。これでは、道路に貴重なチェーンオイルをばらまいているだけではないか(^^;;

ま、その問題は後で片付けることにし、とりあえず、シールを入手する。入手が完了したら、次はスコットオイラーの取付補助部品探しだ。すぐにそこを後にし、今度は伊丹のバイク7へ向かう。

店内を探すが

(とくに良さそうなものはないな、、、)

何かの足しになるかと、断熱テープとロックタイト(ネジロック剤)だけを買った。時計を見ると17時近かったため、このまま東条湖近くにある東条温泉へ直行することに。

高速に乗ってタイヤのグリップ具合を確かめる。さすがに調子がいい。

(これならエンデューロいけるかな)

と思ったが、アスファルトとモトクロスコースは訳が違う。ただ、ちょっと気になったのがハンドルのブレ。前に、タイヤの空気圧のせいか、バランサーが狂ったせいか、はたまたパニアケースを付けたためか、色々、試行錯誤し、

(前輪が片減りしたせい)

ということで、自分を納得させたのだが、新品のタイヤでもブレが出ると言うことは、やはりどこかがゆがんでいる可能性が出てくる。今度、ディーラーに持って行った際に相談しなければ。

ブレが生じる速度を見ると80km/h付近であることが判明。タイヤはVの速度コードを持っているので、240km/hまでは行けるはず。ということは、やはり、Adventure本体に問題がありそうだ。うーむ、悩ましい。

高速に乗ってしばらく走り、赤松PAというところでいったん休憩。降りてすぐにスコットオイラーを見ると、やはり、ノズルが外側に向いている。手でぐりぐりやってみるが、ノズルの先端付近を固定してあげないと無理のようだ。

レギュラーコーヒーの自販機でLサイズを買い、ちょっと身体を温めてから温泉に向かってGO!!

高速を運転しながら、前輪のブレやスコットオイラーの装着のこと、はたまた、明日のエンデューロのゼッケンをどうやって貼るかに考えを巡らせた。

(閃いた!!)

逆立ちした暴れはっちゃく(って今の人は知らないか)よろしく、名案が浮かんだ。

(ゼッケンシールを貼る台紙を紙ではなく、白のクリアファイルにしたら良いではないか!)

高速を降りて温泉に向かう途中に、都合良くホームセンターがあったので、迷わず立ち寄る。そこでは、白いクリアファイルが1枚64円で売っていた。1つのファイルから2枚作成できるので、2つ購入。さらにぐるっと回ると、スコットオイラーを補強できる品々が、、、。

ステンレス製の針金、ニッパー、ラジオペンチ、そして作業用の耐油手袋。これらも併せて購入し、ホームセンター駐車場のライトで早速作業。

(明るくて助かるわ)

地べたにドカッと座り込んで、ノズルの位置をあれこれ思案。どうもノズルの先端を固定するためには、配線ならぬ配ホース位置を変えないと無理のようだ。思い切って2本のタイラップをニッパーで切り、大胆にホース位置を変える。

(う、ホースが短い)

そこはなんとか気合いでクリアーし、ノズルの先端を針金で、他のホース部分も針金で固定。すると、遠目からは何も付いていないかのように見えるではないか。
RIMG0001.jpg

(おお、これでよし)

作業完了後、一路、温泉に向かい、明日のことに思いを馳せる。

明日は早起きして走りに行くぞ!!
posted by HEIZO at 14:51| Comment(4) | TrackBack(0) | KTM 990Adventure